メルセデス・ベンツが「AMG GT 4ドアクーペ」で見せつけた"凄み"とは?

Facebook
Twitter
メルセデス・ベンツが示した、快適さと速さを追求した時の「模範解答」

快適さと速さを追求した時の「模範解答」

スポーツカーは軽くて、小さくて、俊敏に動けないといけないから快適性を犠牲にする必要がでてくる。逆に快適さを求めればスポーツ性能は薄くなる。両立が難しい「速さと快適性」を、とあるメーカーは大出力エンジンを積んだSUVで、とあるメーカーは小さくて軽いのに収納スペースを確保したりして両立させようともしている。

GT 4ドアクーペ
サーキット走行も余裕でこなせるポテンシャルを持つGT 4ドアクーペ。GT 63 SとGT 53 Sはエアサスペンションを標準で備え、GT 43 はコイルスプリングと電子制御可変ダンパーを組み合わせている。

では、今やコンパクトからスーパースポーツまで、すべてのカテゴリーを網羅しているメルセデス・ベンツはどう両立させるのか。その答えがスーパースポーツであるAMG GTの第3のバリエーションであるAMG GT 4ドアクーペだ。

その名の通り、2枚ドアの2人乗りのスーパースポーツであるAMG GTを4ドアの5人乗りにしたモデルとなるのだが、当然速さは2ドアモデル譲りだ。エンジンはインテグレーテッドスタータージェネレーターという電気モーターと3ℓ 直6を組み合わせたGT43が367PS、GT53が435PS。4ℓ V8を積むGT 63 Sは639PSを誇る。もちろん、エンジンだけじゃない。そのパワーを路面に伝えるための電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフや軽量素材を使ったシャシー、変わったところでは4輪操舵システムも採用している(GT 63 Sに標準装備)。これは100km/h以下のスピードではリアホイールをフロントホイールと同じ方向に操舵させるというもので、走行安定性やステアリング操作のレスポンスも大きく向上するという。

美しいボディライン
ボディラインは美しさと同時に高い空力性能も突き詰められている。フロントエプロンの下には1秒で開閉するルーバーを備えてあり、気流のコントロールなどを行う。エンジンを冷却する必要がある時には空気を取り込む設計だ。

そして快適性。大人が座っても十分なスペースが確保された後席、通常時で461ℓ、シート格納時には1324ℓまで拡大される荷室、高級素材使った内装の仕立てなど、実用性の高さはさすがメルセデス・ベンツと唸らされる水準。さらに運転支援システムや世界最高水準と評価されるいくつもの最新安全デバイスが用意されると至れり尽くせりだ。

ワイドモニターを使った2つのディスプレイ
最近のメルセデス・ベンツのラインナップが採用するワイドモニターを使った2つのディスプレイで、様々な情報を表示。操作も直感的に行える最新世代のコマンドシステムを採用し、快適性の向上にも余念がない。

さらに極めつけが乗り心地を含めて複数の走行モードを選べる「AMG ダイナミクス」だ。GT 43とGT 53は5つ、GT 63 Sは6つのモードがセレクトでき、本気で走りたい時にはスポーツカーのようなレスポンス、ゆったり走りたい時にはサルーンのような乗り心地と、自由に設定できる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Jun. VOL.302月号

2019

Jun. VOL.302

6

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop