【中井貴一の好貴心】vol.1《Paris-前編-》

Facebook
Twitter

パリ全体を見渡したいと思って、モンマルトルのサクレ・クール寺院まで足を運んでみました。
眼下に広がるパリの街は、まだ肌寒い早朝の空気にけぶって、物憂げ。
今号から、私の連載企画「好貴心」をお届けすることになりました。
雑誌で連載をもつのは、初めてのことなので、緊張しながらもワクワクしています。
私、中井貴一が等身大の自分自身として感じていること、興味を惹かれていること、不満や嘆きたいこと、などなどを取り上げ、読者の皆さんと、何かを共有できたなら、これ以上の喜びはありません。
この企画は、まずパリからスタートさせたいと思いました。
なぜならパリは、私の多感な頃の好奇心を多いに刺激し、本当にたくさんのことを教えてくれた街だからです。
(中井貴一)

中井貴一さん
冬の日が昇り始めたパリの街を見下ろしながら、モンマルトルのサクレ・クール寺院前にて。Dスクエアードのニットアウターにエルメスのマフラー、PT01のデニムというコーディネートで。すべて中井さん私物。

そいつのカッコよさに、僕はムカツキながら目が離せなかった。

初めてパリを訪れたのは、もう30年近く前、大学を卒業し、学生俳優から職業俳優へと決意した時だった。確かブルターニュ地方のベル・イルという島だったと記憶しているが、クルマのCM撮影をそこで行なう際に、パリにも滞在した。当時、僕にはパリに来たら絶対に買いたいものがあった。高級革製スニーカー(笑)。学生時代、テニスに明け暮れた僕は、いわゆる高級ブランドに対する知識も関心も全くと言っていいほど持ち合わせていなかった。1万円以上もする(!)、高級運動靴が流行し始めたその頃、金銭的理由から日本では買えず、あこがれの象徴だった。

それを手に入れた満足感を胸に、島での撮影に臨んだとき、一人のフランス人のことが、妙に気になり始めた。ロケ車のドライバーの男性だった。ローゲージのニットに赤いマフラーをキュッと巻き、くわえタバコでマニュアル車をぶっきら棒に運転する。手には、日本では目にしたことのない移動時に使うプラスチック製コーヒーカップ。当時はそれさえも、もの珍しかった。「なんだろう、こいつのこのカッコよさは......?」僕は半ばムカツキながら、彼の一挙一動から目が離せなくなってしまった。

島からパリに戻ると、僕はシャンゼリゼの老舗カフェ「フーケ」で行き交うパリジャン、パリジェンヌたちをじっくり観察した。冬のパリを歩く人々は、デニムにドレッシーなコートを羽織ったりしていて、またしても僕を驚かせた。あの頃は、日本でそんな着こなしをしている人なんて誰もいなかったのだ。「ここには、こう着なきゃいけないというタブーなんてないんだ、そして生活の中にファッションがある」。僕なりにそんな結論を導き出し、すぐさまレ・アールの古着屋で、さっき見たようなコートをごく安価で入手した。パリが僕の中のファッションへの関心を目覚めさせた瞬間だった。

「コンフィダント・絆」という舞台で点描の画家、スーラを演じて以来、当時の画家たちへのシンパシーを強くしました。
6区「リブレリー・フランソワーズ・ドゥ・ノベル」にて

サンジェルマン・デ・プレのアートブック・ストア
よく散歩をしながら通りかかるという、サンジェルマン・デ・プレのアートブック・ストア。同じ通りにはボザール(国立美術学校)があり、そんな立地ならではのファイン・アートな古本が揃う。「LibrairieF.deNobele」35rueBonaparte75006
右は初めてのパリで買った、メイド・イン・フランスのアディダスのスニーカー。左は、2度目のパリで購入したコーチのレザーバッグ。どちらもかなり使い込まれているが、未だに現役で愛用中。

右は初めてのパリで買った、メイド・イン・フランスのアディダスのスニーカー。左は、2度目のパリで購入したコーチのレザーバッグ。どちらもかなり使い込まれているが、未だに現役で愛用中。

暮れなずむセーヌ河畔。パリでは、こんな風景を味わいながら、街歩きを楽しむ。25年前には、トロカデロ広場を貸し切り、エッフェル塔をバックにCM撮影をした。

暮れなずむセーヌ河畔。パリでは、こんな風景を味わいながら、街歩きを楽しむ。25年前には、トロカデロ広場を貸し切り、エッフェル塔をバックにCM撮影をした。

撮影の途中にふらりと立ち寄った帽子屋にて。街歩きの途中で、帽子や小物を、あれこれ物色するのも好きなのだとか。「CélineRobert」20ruedesTournelles75004

撮影の途中にふらりと立ち寄った帽子屋にて。街歩きの途中で、帽子や小物を、あれこれ物色するのも好きなのだとか。「CélineRobert」20ruedesTournelles75004

暖かくなると、運河沿いの場所でパリの人々が、ワイン片手に夕方までワイワイやっている姿も目にする。そんな空気感も大好きなパリの一面。

暖かくなると、運河沿いの場所でパリの人々が、ワイン片手に夕方までワイワイやっている姿も目にする。そんな空気感も大好きなパリの一面。

ロングコートが好きになったのは、カフェの前を行き交うパリの人々のコート姿を目にしてからだという。

ロングコートが好きになったのは、カフェの前を行き交うパリの人々のコート姿を目にしてからだという。

パリでは、とにかく街をよく歩く。タクシーより、メトロやバスを乗り継いでいくのも楽しみのひとつ。

パリでは、とにかく街をよく歩く。タクシーより、メトロやバスを乗り継いでいくのも楽しみのひとつ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop