超ロングセラーの「スタプレ」は、カーディガンとの合わせが今の気分‼

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

スタイリスト四方章敬氏が教える
トラッド・スタンダードの楽しみ方

シーラカンスのごとく往年の姿を保ちながら、時代を超えて受け継がれてきた偉大なるトラッド名品。それらを今、どう活用するか? M.E.の看板スタイリストがご提案しよう。

LEVIS® VINTAGE CLOTHING “STA-PREST®

トラッドファンの心を掴んだ“スタプレ”

淡色トップスを合わせ独特の色を引き立てる
1964年に誕生し、クリースを入れて穿く上品な5ポケットパンツとしてトラッドファンの心を掴んだ“スタプレ”(ステイ・プレスト)。ノンデニムゆえパリッとしたクリーンさを備え、シワや型崩れに強いのも特徴だ。「ピシッとクリースが入った独特のラインに加え、色使いも個性的なのがスタプレの特徴ですね。今回選んだ一本も、カーキともグリーンともつかない絶妙な発色です。紺や黒よりは、ベージュやオフ白など淡い色みのトップスと合いますね。あまりコントラストをつけず、全身がグラデーションになるようにまとめていくのがおすすめです。それから、ジャケットのように堅いアイテムよりは、カーディガンなど力の抜けた羽織りものを合わせたほうが今っぽく見えると思いますね。ベルトは近年、服飾業界人たちの間で密かに人気のエラスティックメッシュ。フレンチ的な抜け感をプラスできるのが魅力です」(四方さん)

淡色トップスを合わせ独特の色を引き立てる
パンツ2万4200円/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン) カーディガン8万4700円/フェデリ(トレメッツォ) ニット2万3100円/スローン(スローン) ベルト1万7600円/アンダーソンズ(エスディーアイ) 靴10万3400円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)


四方章敬 Akihiro Shikata

スタイリスト 四方章敬氏

Profile
本誌をはじめ、数々のメンズファッション誌や広告で活躍する大人気スタイリスト。トラッドにも深い造詣をもつ。昨今はセレクトショップとコラボした洋服作りも精力的に行い、ヒット作を連発している。




[MEN’S EX Summer 2022の記事を再構成]
※表示価格は税込み

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop