スコッチウイスキーの歴史をたどる「ザ・グレンリベット 12年 ライセンスド・ドラム」の魅力とは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
スコッチウイスキーの歴史をたどる「ザ・グレンリベット 12年 ライセンスド・ドラム」の魅力とは?

“はじまりのシングルモルト”と称される、シングルモルトスコッチウイスキーの「ザ・グレンリベット」。スコットランドのスペイサイド地方にあるリベット渓谷で創設され、1824年に英国政府公認蒸留所の第1号となった。

蒸留所を創業したのはジョージ・スミス。当時、ウイスキー造りは公に認められておらず、ほとんどが、いわゆる密造酒であった。したがって当時、ウイスキー造りは仕事というよりも、代々、家族に受け継がれる営みの一つであり、人々の日常に深く根差した習慣でもあった。

創業者のジョージ・スミス
創業者のジョージ・スミス。ライセンス取得当時は他の密造者から妨害を受けるなど、幾多の困難を乗り越え、現代へと続くシングルモルトウイスキーの基礎を築いた。

何世紀にもわたるそうしたウイスキー造りの伝統を覆し、リベット渓谷で最初に合法的にウイスキー造りのライセンスを取得したのが、スミスだった。密造酒から合法酒へ、「ザ・グレンリベット」の歴史はスコッチウイスキーの歴史そのものでもあり、現在まで受け継がれているシングルモルトスコッチウイスキーの基礎を築いてきた蒸留所でもあるのだ。

18世紀後半のザ・グレンリベット蒸留所の様子。「ザ・グレンリベット」ははじまりのウイスキーと称される。

昨年から「ザ・グレンリベット」のそうした歴史やDNAを伝える限定ボトル「ザ・グレンリベット オリジナルストーリーズ」がリリースされている。昨年発売されたのが、19世紀初頭の密造酒時代のウイスキーにオマージュをささげた「ザ・グレンリベット 12年 イリシット・スティル」だ。

そして、今年の3月にはそれに続く第2弾として、「ザ・グレンリベット 12年 ライセンスド・ドラム」が発売となった。これは、1824年にジョージ・スミスがリベット渓谷で最初のウイスキー製造免許(ファースト・ライセンス)を取得したことに由来するボトル。

ザ・グレンリベット 12年

バーボン樽とシェリー樽をそれぞれファーストフィル(バーボンやシェリーなどの熟成に1度だけ使った後、ウイスキー熟成に使用する樽)で使用し、「ザ・グレンリベット 12年」が本来持っている華やかでフルーティーなスタイルを表現している。

アルコール度数は、オリジナルの12年と同じ48度になっており、これは現行の12年よりも高い度数だ。さらに、ボトルの形状も現存する最古のザ・グレンリベットのボトルから着想しており、ラベルにはリミテッドエディションおよびファーストフィルの記載があるのもユニークな点だ。

蒸留所に現存する最古のボトル
蒸留所に現存する最古のボトル
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop