実は相手に見られやすい時計の装い方Q&A【ビジネスの装いルール完全BOOK】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

ビジネスの装いとは、その人の第⼀印象を決めるコミュニケーションツールの⼀つ。

MEN’S EX編集部がまとめた新刊『ビジネスの装いルール完全BOOK』は、そんな「きちんと感」の装い方をスーツ、ビジネスカジュアル、冠婚葬祭などのフォーマルまで網羅しています。ここでは、その中から一部をピックアップしてご紹介!

実は相手に見られやすい場所
時計の装い方Q&A

時計は名刺交換や会議など、ビジネスの場で人の目につきやすい箇所。時計の基本的な装い方をおさらいして、手元のスタイリングを極めよう。

時計のQ&A

3つの〇〇すぎに注意! オススメは薄手の3針

時計はビジネスシーンにおいて男性唯一の装飾品ともいえるもので、相手に見られやすく人となりを判断されやすいアイテムだ。どんなにしっかりスーツで装っても、時計が「〇〇すぎる」と、その印象だけが残る可能性がある。

まずはギラギラした「派手すぎる」時計や見るからに「高すぎる」時計は、悪目立ちしてしまい、きちんと感が台無しに。また「カジュアルすぎる」時計は仕事服に対してちぐはぐに映り、わきまえていないという印象に。

ビジネスの基本として安心してつけられるのは、薄手の3針時計であることを念頭に、自分の立場や見られたい姿をイメージして選ぼう。

腕時計のベルト素材は?

スタンダードはクロコ。だがカーフにする手も。

 
ベルト

本格時計のレザーストラップは、アリゲーターやカイマンなどのワニ革がマッチする。さらにリザードやオーストリッチといった高級素材も手。また、あえてカーフストラップを選択し、ミニマルな印象を狙うのもありだ。組み合わせ次第ではヴィンテージ調の雰囲気になり、ツウな趣となる。

YG、RG、WGは何が違う?

格は同じだが印象が異なる。

 
印象が異なる

YG(イエローゴールド)、RG(ローズゴールド)、WG(ホワイトゴールド)は同じゴールドケースなら格は同じだ。ただし、色みが異なるため与える印象は大きく変わる。

YGはオーセンティックな印象で、正統さを表現するのに最適。RGならば華やぎや艶気を漂わせられる。さらにWGは金ならではの高級感とともにシャープで端正な佇まいとなる。

コーディネートだけでなく、肌の色みとの相性によっても印象が変わってくるので、自分に似合うゴールドの色みを吟味して選ぶように心がけたい。

革小物と時計ベルトはどう合わせる?

色は統一。ただし素材は“揃えすぎ”に注意

 
革小物と時計

靴や鞄に比べると目立たなくはあるが、ストラップと革小物の合わせも気になるところ。主流の合わせ方としては、時計ベルトが茶系であれば同じ茶系の靴・鞄・ベルトを選択するということ。

ただし素材までを統一する必要はない。むしろアリゲーターストラップにアリゲーター靴、アリゲーターベルトなどは無粋。色味は統一しつつ、素材感は微妙にずらすのが今のスタンダードである。

フォーマルにSSケースはあり?

王道は金のドレス時計

 
王道は金のドレス時計

昨今はフォーマルもカジュアル化が進み、ヒネリとしてのSSケースという選択も一概にNGではない。しかしゴールド、もしくはプラチナの薄型2針が基本ということは揺るがない。インデックスはローマ数字かバー型がフォーマル時計の王道。1本は所有しておきたい。

イラスト

ずれていると恥ずかしい、時計の格と自分の格

大企業のトップなど、上に立つ人ほど控えめな時計をしていることが多い。価格が高い高級時計は、これ見よがしになってしまう恐れがあるためだ。日本ブランドの名作時計を選び、海外の方へのアピールにする人も。

さらに詳しく知るにはコチラ!

「ビジネスの装いルール完全BOOK」

ビジネスの装いルールブック
新刊『ビジネスの装いルール完全BOOK』>> Amazon.co.jpで購入 

<⽬次>
第1章: 知的に⾒せるサイズ選びの正解
第2章: スーツの装い、基本の着⽅
第3章: 合わせ⽅の基本セオリー
第4章: ⾜元こそ装いの画⻯点睛
第5章: 上質な快適を装う
第6章: ⾮⽇常時にこそ試される教養
第7章: スーツのディテールには役割がある

本体価格:1000円+税
発行:世界文化社

[『ビジネスの装いルール完全BOOK』の記事を再構成]

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop