モスコットのメガネは何故100年以上も愛されるのか?【人気メガネフレーム7選】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

本格眼鏡とは? なぜ本格眼鏡が必要なのか? どんなブランドがあるのか? を一冊で網羅する『本格眼鏡大全』が発売に。1000本ものフレームが掲載された本書から、ここでは国内外の本格眼鏡ブランドをピックアップしてご紹介する。

MOSCOT(モスコット)

MOSCOTの注目フレーム_品番 LEMTOSH JPN LTD Ⅸ
品番 LEMTOSH JPN LTD Ⅸ(詳しくは下記にて)

眼鏡史に残る名作を数多く創出する100年ブランド

傑作フレームを数多く創出し、幾人もの偉人たちを魅了してきた、米国の名門モスコット。その創業は1915年。ニューヨークのロウアー・マンハッタンに開業した眼鏡店をルーツとする。当時から地域密着型のショップとして、洒脱なニューヨーカーたちに親しまれ、’30年代からはオリジナルフレームの製作をスタート。すると、’40年代にはボストンシェイプの「MILTZEN」、’50年代にはウェリントンの「LEMTOSH」、’60年代にはサーモントの「YUKEL」と、今日まで定番として親しまれている、3つの傑作フレームを相次いで発表する。これらの3モデルは、かのアレン・ギンズバーグをはじめとする文化人や、バディ・ホリーといった一流アーティストがこぞって愛用したことで、全米にその名を轟かす契機となった。

現在、モスコットは四代目を受け継いだハーヴェイ氏が舵を取り、往年の名モデルを踏襲した「モスコットオリジナル」、現代の空気感を投影してリメイクした「モスコットスピリッツ」等の定番シリーズのほか、サングラスも数多く展開。ただし、決して懐古趣味に陥ることなく、時代に即した進化を続けていることも、今日までファンが絶えない理由だろう。

その証拠に、「LEMTOSH」などのレジェンドモデルも、単に復刻するだけではなく、往時の雰囲気を残したまま、最新技術を駆使してより掛けやすい仕様に改良。今なお歩みを止めない姿勢こそが、モスコットをアメリカンクラシックの原点たらしめているのだ。

MOSCOT(モスコット)

 BRAND INFO 
創業年/1915年
創業者/ハイマン・モスコット
現在地/アメリカ・ニューヨーク
問い合わせ先/モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

MOSCOTの注目フレーム_デザイナー:ザック・モスコット(左)、オーナー:ハーヴェイ・モスコット(右)

デザイナー:ザック・モスコット(左)、オーナー:ハーヴェイ・モスコット(右)

四代目のハーヴェイ氏は、モスコット家としては初めて眼科医となった才人。クラシックに現代的な解釈を取り入れる術に長けた息子のザック氏とともに、世界的ブランドへと飛躍させた。


今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop