ラコステの定番ポロシャツをフレンチトラッドに着こなすには?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

大定番のポロシャツだけに合わせを選ばないラコステ「L.12.12」だが、その個性を理解して着こなせば、一格上の装いを築くことが可能。セオリーを押さえて、定番の名作を使いこなそう。

LACOSTE × DENIM
デニムスタイルをフレンチ風にほのかに味付け

 
LACOSTE × DENIM
ポロシャツ1万4300円/ラコステ(ラコステお客様センター) ニット2万6400円/スローン(スローン) パンツ4万2900円/トラマロッサ(三喜商事) 時計57万2000円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン) 鞄9790円/エル・エル・ビーン(エル・エル・ビーンカスタマーサービスセンター) 靴8万8000円/クロケット&ジョーンズ(グリフィンインターナショナル) その他〈スタイリスト私物〉

周りに一歩差をつける“ヒネリ”を意識すべし
「L.12.12」は極めてベーシックなアイテムだけに、どこかにヒネリを利かせて着こなしたいところ。そこでおすすめしたいのが、今季も人気沸騰中のフレンチトラッド風コーディネートだ。キーアイテムはカーディガンとホワイトデニム。ポロのボタンは上まで留めて、お坊ちゃん風に着こなすとトラッド感がアップする。ちなみに同じ白パンでも、スラックス型を合わせるとイタリアっぽさが強くなってくるため、フレンチに見せたいときにはご注意を。

Well Dresser’s SNAP

LACOSTE × DENIM 大島拓身さん<

ビームスFビジュアルマーチャンダイザー
大島拓身さん
「カジュアルな服装ですが、ポロの裾をタックインしたり革靴を合わせたりして大人らしさを意識しました。このポロシャツのようなイエローには、ミリタリーグリーンやインディゴといった色がよく合いますね。ちなみに、ジーンズはフレアシルエットが最近気になっています」




[MEN’S EX 2021年9月号DIGITAL Editionの記事を再構成]
※表示価格は税込み。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop