食事会の招待状に「ビジネスアタイア」とあったら、何を着ていくのが正解?

bool(false)

ビジネスの装いとは、その人の第⼀印象を決めるコミュニケーションツールの⼀つ。

MEN’S EX編集部がまとめた新刊『ビジネスの装いルール完全BOOK』は、そんな「きちんと感」の装い方をスーツ、ビジネスカジュアル、冠婚葬祭などのフォーマルまで網羅しています。ここでは、その中から一部をピックアップしてご紹介!

特別なハレの日の「適切」を知っておこう
「ドレスコード指定」時の正解

ドレスコード指定

招待状が届き、そこにドレスコードが書かれていたら、きちんと理解して守るのが出席者のマナーだ。基本となるルールをしっかり把握し、場に合わせたファッションで出かけよう

[ビジネスアタイア]手持ちのスーツでOK
“晴れ”のアレンジを加えよう

ビジネスアタイア
ビジネスアタイアのフォーマル度

いつものビジネスウェアに一段上のクラス感をプラスする

「ビジネスアタイア」とは直訳で「仕事服」という意味。略礼装の中でもフォーマル度は低く、装いの自由度は高い。基本的にはビジネススーツをベースにタイドアップしておけば問題ないが、普段の仕事着に多少のアレンジを加えるのがベター。

パーティや夕食会など夜の宴席の場合は、昼間のビジネススタイルにタイバーや色柄のシルクチーフなどアクセサリーをプラスして、ドレスアップを心がけることがおすすめ。晴れの場の装いを楽しむ気持ちで臨みたい。

【ビジネスアタイア】4つのルール

[RULE 01]柄スーツもOK
ダークスーツと比べると選択肢は広がるが、ビジネスを前提とするので派手なチェック柄などは避けたい。端正に見えるストライプがもってこいだ。

[RULE 02]柄シャツも活用可
ビジネスルールに則り、端正であることが肝心。目立ちすぎる柄やBDシャツなどのカジュアルな襟は避けたいところ。青無地やストライプなどが鉄板だ。

[RULE 03]シックな柄タイが活躍
柄タイも許容されるが、色が派手すぎるものはカジュアル度が強くなるので注意。シックなジャカード柄やプリント柄もOKで、ウールやカシミアのタイもあり。

[RULE 04]ドレス靴全般が許容
ビジネスの定番のストレートチップやパンチトキャップトウといった内羽根レースアップ靴はもちろん、ダブルモンクもOK。外羽根やローファーは避けるべし。

さらに詳しく知るにはコチラ!

「ビジネスの装いルール完全BOOK」

ビジネスの装いルールブック
新刊『ビジネスの装いルール完全BOOK』>> Amazon.co.jpで購入 

<⽬次>
第1章: 知的に⾒せるサイズ選びの正解
第2章: スーツの装い、基本の着⽅
第3章: 合わせ⽅の基本セオリー
第4章: ⾜元こそ装いの画⻯点睛
第5章: 上質な快適を装う
第6章: ⾮⽇常時にこそ試される教養
第7章: スーツのディテールには役割がある

本体価格:1000円+税
発行:世界文化社

[『ビジネスの装いルール完全BOOK』の記事を再構成]

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop