マシンメイドシャツの最高峰「きちんとジャージーシャツ」の実力は?【meSTORE】

array(4) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1202235) ["id"]=> int(1202235) ["title"]=> string(10) "cs_L7A8324" ["filename"]=> string(14) "cs_L7A8324.png" ["filesize"]=> int(1212816) ["url"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8324.png" ["link"]=> string(50) "https://www.mens-ex.jp/archives/1202248/cs_l7a8324" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "41" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(10) "cs_l7a8324" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1202248) ["date"]=> string(19) "2021-06-11 02:12:50" ["modified"]=> string(19) "2021-06-11 02:25:25" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(9) "image/png" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(3) "png" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8324-150x150.png" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8324-264x300.png" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8324.png" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8324.png" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(783) "

ノータイ時にもキマるディテールのバランス
前ページでのタイドアップは勿論、ノータイ時にも決まるのがソンリーサの強み。その訳は、ワイドに設定された襟型と素材にある。本作は、インディゴ染めのコットン100%。さらに、表前立てとあって一見カジュアルなディテールだが、イタリアンドレスシャツを知り尽くした職人が作る本作は、きちんと見えが実現。シャツ3万3000円/ソンリーサ
>>meSTOREで見る

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1202233) ["id"]=> int(1202233) ["title"]=> string(10) "cs_L7A8299" ["filename"]=> string(14) "cs_L7A8299.png" ["filesize"]=> int(840632) ["url"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8299.png" ["link"]=> string(50) "https://www.mens-ex.jp/archives/1202248/cs_l7a8299" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "41" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(10) "cs_l7a8299" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1202248) ["date"]=> string(19) "2021-06-11 02:12:47" ["modified"]=> string(19) "2021-06-11 02:25:25" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(9) "image/png" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(3) "png" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1125) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8299-150x150.png" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8299-200x300.png" ["medium-width"]=> int(200) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8299.png" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1125) ["large"]=> string(76) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8299-683x1024.png" ["large-width"]=> int(683) ["large-height"]=> int(1024) } } ["entry_gallery_description"]=> string(546) "

アイロンもしやすくクリーニング不要!
どんなに着心地が良くても、毎日の洗濯やケアが面倒では、着用頻度も減ってしまって最終的には「買わなきゃよかった」に繋がりかねない。が、本作は本当にイージー!肌ざわりのいい綿100%だから、素人アイロンでも簡単に綺麗になる(=写真は編 集部員がアイロン)。極端なダーツもないので、アイロンによるミスもほとんど起きないだろう。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1202234) ["id"]=> int(1202234) ["title"]=> string(10) "cs_L7A8314" ["filename"]=> string(14) "cs_L7A8314.png" ["filesize"]=> int(2153167) ["url"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8314.png" ["link"]=> string(50) "https://www.mens-ex.jp/archives/1202248/cs_l7a8314" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "41" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(10) "cs_l7a8314" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1202248) ["date"]=> string(19) "2021-06-11 02:12:48" ["modified"]=> string(19) "2021-06-11 02:25:25" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(9) "image/png" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(3) "png" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1125) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8314-150x150.png" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8314-200x300.png" ["medium-width"]=> int(200) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8314.png" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1125) ["large"]=> string(76) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8314-683x1024.png" ["large-width"]=> int(683) ["large-height"]=> int(1024) } } ["entry_gallery_description"]=> string(581) "

細部に宿る本格仕様が長く着用できる理由
一流シャツブランドにみられる「ガゼット」。元来裂けやすい部位に、補強のためにつけたのがはじまりだが、いまでは「いいシャツの証」という見分けのポイントにもなっている。他の一流シャツブランドの多くは、白色&ブランド名が記されたガゼットが多いが、本作はタックアウトした着用シーンでも目立たないように、共地でできている点も見逃せない。

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1202236) ["id"]=> int(1202236) ["title"]=> string(10) "cs_L7A8326" ["filename"]=> string(14) "cs_L7A8326.png" ["filesize"]=> int(1135445) ["url"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8326.png" ["link"]=> string(50) "https://www.mens-ex.jp/archives/1202248/cs_l7a8326" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "41" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(10) "cs_l7a8326" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1202248) ["date"]=> string(19) "2021-06-11 02:12:50" ["modified"]=> string(19) "2021-06-11 02:25:25" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(9) "image/png" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(3) "png" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8326-150x150.png" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8326-264x300.png" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8326.png" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/cs_L7A8326.png" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(557) "

背ダーツなし!だけど立体的で身体にフィット
イタリアンブランドに多い細身のシャツとは一線を画すモダンクラシックのサイジング。背ダーツを排しながらも、熟練職人のカッティングで立体的に縫製されるから、肩の収まりがとことんいい。着丈は73cm(サイズ39)とやや短めながら、問題なくタックイン可能だ。その他、高級白蝶貝ボタンを鳥足掛けでつけるなど、本格仕様となっている。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

特別な一着!
ソンリーサのきちんとジャージーシャツ

アイデアと実用性を詰め込んで進化し続ける “絶対に使える”逸品を厳選。 編集部員のリアルボイスとともに紹介する。



SONRISA(ソンリーサ)

 
ソンリーサのきちんとジャージーシャツ

イタリア製の生地のなかでもトップクラスのファブリックのみを厳選し、熟練職人が生産を担う。ジャージー製のシャツといえば、カットソー工場で縫うのが一般的である中で、高い技術を駆使して自社工場にて生産を手掛けているところも見どころ。北イタリアならではの凛々しい雰囲気を備え、マシンメイドシャツの最高峰として名高い。プリント技術を駆使した色柄バリエが豊富なところも魅力だ。
左:3万5200円、中:3万6300円、右:2万6400円
>>meSTOREで見る


買いの理由:
クラシック見えなのに伸びるから快適

対談_田上 田上 いわゆる既存のジャージーシャツとは一線を画す、このモダンな雰囲気とフィッティングは、さすがイタリアのシャツ専業メーカーと思わせる美しさ。


対談_橋本 橋本 だから、数あるジャージーシャツの中でもこれに目を付けたわけですね。


対談_田上 田上 そう。実は、生地が面白くて、定番の無地を筆頭に、ストライプやチェックなど、プリント柄が充実しているんだ。これなら、ジャージー感に抵抗があった人にも洒落感があるから刺さるはず。


対談_橋本 橋本 なるほど。確かに柄モノはリラックス感もありますし、一枚で羽織るこれからの季節にも存在感が際立ちますからね。まさに、玄人向けのお洒落な一着。


対談_田上 田上 しかも、コットンベースによる滑らかで心地よい肌触り。折角、ジャケットが伸びる素材でも、シャツがそれに応えてくれなければ快適さは半減。


対談_橋本 橋本 まさに、エグゼクティブも安心できる、一格上のジャージーシャツとしてこの今季、間違いのない選択ですね!


    話したのはこの2人


    対談_田上田上雅人(時計・車・美容担当)
    身体にフィットした快適な着心地のジャージーシャツは、個人的にも多数保有!柄モノは今春の一押しとして注目。


    対談_橋本橋本慎司(ファッション担当)
    クラシック派ゆえ、この手のシャツにはやや苦手意識が。安心のイタリアンブランド、上品な素材感による今作は入手確定。


ソンリーサのジャージーシャツ【コーデ解説】

ソンリーサのきちんとジャージーシャツ
シャツ3万6300円/ソンリーサ(>>meSTOREで見る)

マシンメイドの最高峰が作るシャツは、ジャージーでもこんなにスーツを引き立てる。その理由とは?
綺麗なブラウンのウールスーツにニットタイの合わせ、よくあるコーディネートもソンリーサのシャツなら、程よくモダンに。珍しいブラウンのストライプ柄は、ワンカラーコーディネートを上手くまとめグッと洒脱に演出してくれる。


<p><strong>ノータイ時にもキマるディテールのバランス</strong><br />
前ページでのタイドアップは勿論、ノータイ時にも決まるのがソンリーサの強み。その訳は、ワイドに設定された襟型と素材にある。本作は、インディゴ染めのコットン100%。さらに、表前立てとあって一見カジュアルなディテールだが、イタリアンドレスシャツを知り尽くした職人が作る本作は、きちんと見えが実現。シャツ3万3000円/ソンリーサ<br /><a class=>>meSTOREで見る

">

ノータイ時にもキマるディテールのバランス
前ページでのタイドアップは勿論、ノータイ時にも決まるのがソンリーサの強み。その訳は、ワイドに設定された襟型と素材にある。本作は、インディゴ染めのコットン100%。さらに、表前立てとあって一見カジュアルなディテールだが、イタリアンドレスシャツを知り尽くした職人が作る本作は、きちんと見えが実現。シャツ3万3000円/ソンリーサ
>>meSTOREで見る

<p><strong>アイロンもしやすくクリーニング不要!</strong><br />
どんなに着心地が良くても、毎日の洗濯やケアが面倒では、着用頻度も減ってしまって最終的には「買わなきゃよかった」に繋がりかねない。が、本作は本当にイージー!肌ざわりのいい綿100%だから、素人アイロンでも簡単に綺麗になる(=写真は編 集部員がアイロン)。極端なダーツもないので、アイロンによるミスもほとんど起きないだろう。</p>

アイロンもしやすくクリーニング不要!
どんなに着心地が良くても、毎日の洗濯やケアが面倒では、着用頻度も減ってしまって最終的には「買わなきゃよかった」に繋がりかねない。が、本作は本当にイージー!肌ざわりのいい綿100%だから、素人アイロンでも簡単に綺麗になる(=写真は編 集部員がアイロン)。極端なダーツもないので、アイロンによるミスもほとんど起きないだろう。

<p><strong>細部に宿る本格仕様が長く着用できる理由</strong><br />
一流シャツブランドにみられる「ガゼット」。元来裂けやすい部位に、補強のためにつけたのがはじまりだが、いまでは「いいシャツの証」という見分けのポイントにもなっている。他の一流シャツブランドの多くは、白色&ブランド名が記されたガゼットが多いが、本作はタックアウトした着用シーンでも目立たないように、共地でできている点も見逃せない。</p>

細部に宿る本格仕様が長く着用できる理由
一流シャツブランドにみられる「ガゼット」。元来裂けやすい部位に、補強のためにつけたのがはじまりだが、いまでは「いいシャツの証」という見分けのポイントにもなっている。他の一流シャツブランドの多くは、白色&ブランド名が記されたガゼットが多いが、本作はタックアウトした着用シーンでも目立たないように、共地でできている点も見逃せない。

<p><strong>背ダーツなし!だけど立体的で身体にフィット</strong><br />
イタリアンブランドに多い細身のシャツとは一線を画すモダンクラシックのサイジング。背ダーツを排しながらも、熟練職人のカッティングで立体的に縫製されるから、肩の収まりがとことんいい。着丈は73cm(サイズ39)とやや短めながら、問題なくタックイン可能だ。その他、高級白蝶貝ボタンを鳥足掛けでつけるなど、本格仕様となっている。</p>

背ダーツなし!だけど立体的で身体にフィット
イタリアンブランドに多い細身のシャツとは一線を画すモダンクラシックのサイジング。背ダーツを排しながらも、熟練職人のカッティングで立体的に縫製されるから、肩の収まりがとことんいい。着丈は73cm(サイズ39)とやや短めながら、問題なくタックイン可能だ。その他、高級白蝶貝ボタンを鳥足掛けでつけるなど、本格仕様となっている。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Sep. VOL.325

9

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop