ボーダーTシャツを大人っぽく着るには?

array(4) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1201698) ["id"]=> int(1201698) ["title"]=> string(35) "fashion_20210600_mr.david-3week_09s" ["filename"]=> string(39) "fashion_20210600_mr.david-3week_09s.jpg" ["filesize"]=> int(396086) ["url"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_09s.jpg" ["link"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/archives/1201690/fashion_20210600_mr-david-3week_09s-3" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(37) "fashion_20210600_mr-david-3week_09s-3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1201690) ["date"]=> string(19) "2021-06-08 03:02:25" ["modified"]=> string(19) "2021-06-08 03:02:25" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(100) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_09s-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(100) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_09s-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_09s.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_09s.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(440) "

9.ルミノアのボーダーTシャツ
バスクシャツの代表的ブランドと言えるルミノア。ボートネックでフレンチブランドらしい上品な佇まいだ。 生地も滑らかで、カジュアルすぎずに大人らしく着られる。ゆったりめなシルエットでオフの寛いだ装いに◎。1万5400円(ビームス 六本木ヒルズ TEL 03-5775-1623)

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1201699) ["id"]=> int(1201699) ["title"]=> string(34) "fashion_20210600_mr.david-3week_10" ["filename"]=> string(38) "fashion_20210600_mr.david-3week_10.jpg" ["filesize"]=> int(335144) ["url"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_10.jpg" ["link"]=> string(76) "https://www.mens-ex.jp/archives/1201690/fashion_20210600_mr-david-3week_10-3" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(36) "fashion_20210600_mr-david-3week_10-3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1201690) ["date"]=> string(19) "2021-06-08 03:02:32" ["modified"]=> string(19) "2021-06-08 03:02:32" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(99) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_10-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(99) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_10-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_10.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_10.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(427) "

10.ギ ローバーのミリタリーシャツ
アームのポケットや猫目のボタンなど、本格ミリタリーシャツの佇まい。だが、イタリアのシャツブランドの名手らしく、ワイドスプレッドの襟型や滑らかな生地を採用し、都会的に着られるバランス感が絶妙。2万7500円(バインド ピーアール TEL 03-6416-0441)

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1201700) ["id"]=> int(1201700) ["title"]=> string(34) "fashion_20210600_mr.david-3week_20" ["filename"]=> string(38) "fashion_20210600_mr.david-3week_20.jpg" ["filesize"]=> int(192536) ["url"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_20.jpg" ["link"]=> string(76) "https://www.mens-ex.jp/archives/1201690/fashion_20210600_mr-david-3week_20-2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(36) "fashion_20210600_mr-david-3week_20-2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1201690) ["date"]=> string(19) "2021-06-08 03:03:12" ["modified"]=> string(19) "2021-06-08 03:03:12" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(99) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_20-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(99) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_20-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_20.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_20.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(427) "

20.ピーティー トリノのホワイトパンツ
イタリア屈指のパンツブランドらしい、やや浅めの股上とテーパードしたシルエットが美脚効果をもたらしてくれる。コットンの生地感も楽しめ、下着も透けない、適度に薄すぎない生地も穿きやすさを後押ししてくれる。4万700円(PT JAPAN TEL 03-5485-0058)

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1201701) ["id"]=> int(1201701) ["title"]=> string(34) "fashion_20210600_mr.david-3week_24" ["filename"]=> string(40) "fashion_20210600_mr.david-3week_24-2.jpg" ["filesize"]=> int(242319) ["url"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_24-2.jpg" ["link"]=> string(76) "https://www.mens-ex.jp/archives/1201690/fashion_20210600_mr-david-3week_24-4" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(36) "fashion_20210600_mr-david-3week_24-4" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1201690) ["date"]=> string(19) "2021-06-08 03:03:20" ["modified"]=> string(19) "2021-06-08 03:03:20" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(101) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_24-2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(101) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_24-2-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_24-2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/fashion_20210600_mr.david-3week_24-2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(480) "

24.ポール・スチュアートのブラックスエードローファー
ライニングなしで、ルームシューズのように軽やかに履くことができる。コバの張り出しもなく、ソールもオールブラックでドレッシーに仕上げられている。踵部分にはクッションを備え、歩きやすさも保たれている。5万3900円(ポール・スチュアート 青山本店 TEL 03-6384-5763)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

6月1日(火)~30日(水)までの31日間、MEN’S EX ONLINEのMr.David Diaryでもお馴染みのモデル、Mr.Davidが「着回し1ヶ月チャレンジ」に挑戦!

まずは1日(火)~23日(水)までの期間で、全29アイテムのワードローブを活用し、時流やトレンドに沿った着こなし実例3週間分をご紹介。クールビズ・休日・雨の日など多彩なスタイリングを実現する術をモデルのMr.Davidが実演する!

さらに24日(木)からの最後の1週間は「夏休み編」の着回しをご紹介。人込みを避けて都心から離れた施設で、リゾート気分も味わいつつゆっくりと英気を養いたい。そんなちょっと早めの夏休みにぴったりなスタイル実例にも注目を!
どうぞお楽しみに!(使用する全29アイテムは、こちらを参照

【Mr.Davidの着回し3週間チャレンジ!_6月13日】
ボーダーTシャツは“大人っぽく”がミドルエイジの鉄則

時計92万4000円/ゼニス((LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス TEL 03-3575-5861)

サーフィンをやっている友人から久しぶりに会わないかという連絡があった。彼と会うのは決まって鎌倉の近くのダイニングバーと決まっている。お店の目の前に海が広がるロケーションは、ベタだがやっぱりボーダーが着たくなる。

ボーダーTシャツは一枚だと少し幼い印象になってしまいがち。だが今日みたいに上からミリタリーシャツを羽織って、男らしさを少し加えれば、歳相応の渋さもある着こなしが完成する。

彼はそろそろ海から上がってくるかな、先に一杯やっておくか。

<p><strong>9.ルミノアのボーダーTシャツ</strong><br />
バスクシャツの代表的ブランドと言えるルミノア。ボートネックでフレンチブランドらしい上品な佇まいだ。 生地も滑らかで、カジュアルすぎずに大人らしく着られる。ゆったりめなシルエットでオフの寛いだ装いに◎。1万5400円(ビームス 六本木ヒルズ TEL 03-5775-1623)</p>

9.ルミノアのボーダーTシャツ
バスクシャツの代表的ブランドと言えるルミノア。ボートネックでフレンチブランドらしい上品な佇まいだ。 生地も滑らかで、カジュアルすぎずに大人らしく着られる。ゆったりめなシルエットでオフの寛いだ装いに◎。1万5400円(ビームス 六本木ヒルズ TEL 03-5775-1623)

<p><strong>10.ギ ローバーのミリタリーシャツ</strong><br />
アームのポケットや猫目のボタンなど、本格ミリタリーシャツの佇まい。だが、イタリアのシャツブランドの名手らしく、ワイドスプレッドの襟型や滑らかな生地を採用し、都会的に着られるバランス感が絶妙。2万7500円(バインド ピーアール TEL 03-6416-0441)</p>

10.ギ ローバーのミリタリーシャツ
アームのポケットや猫目のボタンなど、本格ミリタリーシャツの佇まい。だが、イタリアのシャツブランドの名手らしく、ワイドスプレッドの襟型や滑らかな生地を採用し、都会的に着られるバランス感が絶妙。2万7500円(バインド ピーアール TEL 03-6416-0441)

<p><strong>20.ピーティー トリノのホワイトパンツ</strong><br />
イタリア屈指のパンツブランドらしい、やや浅めの股上とテーパードしたシルエットが美脚効果をもたらしてくれる。コットンの生地感も楽しめ、下着も透けない、適度に薄すぎない生地も穿きやすさを後押ししてくれる。4万700円(PT JAPAN TEL 03-5485-0058)</p>

20.ピーティー トリノのホワイトパンツ
イタリア屈指のパンツブランドらしい、やや浅めの股上とテーパードしたシルエットが美脚効果をもたらしてくれる。コットンの生地感も楽しめ、下着も透けない、適度に薄すぎない生地も穿きやすさを後押ししてくれる。4万700円(PT JAPAN TEL 03-5485-0058)

<p><strong>24.ポール・スチュアートのブラックスエードローファー</strong><br />
ライニングなしで、ルームシューズのように軽やかに履くことができる。コバの張り出しもなく、ソールもオールブラックでドレッシーに仕上げられている。踵部分にはクッションを備え、歩きやすさも保たれている。5万3900円(ポール・スチュアート 青山本店 TEL 03-6384-5763)</p>

24.ポール・スチュアートのブラックスエードローファー
ライニングなしで、ルームシューズのように軽やかに履くことができる。コバの張り出しもなく、ソールもオールブラックでドレッシーに仕上げられている。踵部分にはクッションを備え、歩きやすさも保たれている。5万3900円(ポール・スチュアート 青山本店 TEL 03-6384-5763)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Sep. VOL.325

9

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop