服飾のプロが注目するフランス製ドレスシャツ。その魅力は?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
アトリエ ゴティエのドレスシャツ_青と白

アトリエ ゴティエのドレスシャツ

ノーブルな装いを叶えるフランスの知られざる逸品

以前ビームスFのディレクターである西口修平さんに取材をさせていただいたときのこと。ふと西口さんが着ていたシャツが目に留まった。普通のシャツにはない存在感があり、どこか高貴な佇まいなのだ。しかも襟先がクラシックに長めで、カフスはスクエアカットときている。

一体どこのブランドのものだろう? そのシャツこそ今回紹介するこちら。アトリエ ゴティエという、フランスの老舗シャツブランドのものだ。

アトリエ ゴティエのドレスシャツ_首元アップ

「英国やイタリアのシャツとは違い、フランスのブランドらしいマイルドな雰囲気に惹かれます。英国、イタリア的な着こなしと合わせても、服の個性を程よく和らげてノーブルな印象にしてくれるんです。ものづくりの点でも運針が非常に細かく、丁寧な仕事をされています。

名だたるメゾンブランドのOEMも手掛け、その実力は折り紙つき。一般的なシャツに比べ、5ミリほど台襟が高く設定されておりドレッシーな着こなしと好相性です。」(西口氏)。襟が長めのクラシックなシャツが再注目されている昨今、まだ知られざるフランス老舗ブランドの実力をぜひ体験してほしい。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop