ジャケットだけじゃない!「スティレ ラティーノ」のニットが映える秘密

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1198395) ["id"]=> int(1198395) ["title"]=> string(31) "fashion_20210504_stile-latino_1" ["filename"]=> string(35) "fashion_20210504_stile-latino_1.jpg" ["filesize"]=> int(205131) ["url"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_1.jpg" ["link"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/archives/1198391/fashion_20210504_stile-latino_1" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(31) "fashion_20210504_stile-latino_1" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1198391) ["date"]=> string(19) "2021-04-30 07:30:29" ["modified"]=> string(19) "2021-04-30 07:30:29" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(950) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(96) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(96) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_1-237x300.jpg" ["medium-width"]=> int(237) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(950) ["large"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(950) } } ["entry_gallery_description"]=> string(470) "

グレーのジャカード柄ニットポロは。一見派手なので無地ジャケットがよいか? と思いきや、ここに大柄チェックジャケットをON! ジャケットのベースにグレーがあることと、ニットの柄の細かさに対してジャケットが大柄なので意外に柄が喧嘩せずしっくりマッチする。ジャケットの裏地が凝っているのもスティレ ラティーノならでは。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1198396) ["id"]=> int(1198396) ["title"]=> string(31) "fashion_20210504_stile-latino_2" ["filename"]=> string(35) "fashion_20210504_stile-latino_2.jpg" ["filesize"]=> int(219930) ["url"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_2.jpg" ["link"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/archives/1198391/fashion_20210504_stile-latino_2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(31) "fashion_20210504_stile-latino_2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1198391) ["date"]=> string(19) "2021-04-30 07:30:36" ["modified"]=> string(19) "2021-04-30 07:30:36" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(968) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(96) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(96) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_2-232x300.jpg" ["medium-width"]=> int(232) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(968) ["large"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(968) } } ["entry_gallery_description"]=> string(326) "

ネイビージャケットには、これくらいパンチのあるニットシャツを合わせても◎。イエローの色が微妙にくすんでいるのでシックにまとまる。ダブルの前はあえて開けてカーディガン感覚で羽織り、中のニットシャツを見せるイメージ。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1198397) ["id"]=> int(1198397) ["title"]=> string(31) "fashion_20210504_stile-latino_3" ["filename"]=> string(35) "fashion_20210504_stile-latino_3.jpg" ["filesize"]=> int(125938) ["url"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_3.jpg" ["link"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/archives/1198391/fashion_20210504_stile-latino_3" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(31) "fashion_20210504_stile-latino_3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1198391) ["date"]=> string(19) "2021-04-30 07:30:41" ["modified"]=> string(19) "2021-04-30 07:30:41" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(500) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(96) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(96) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_3-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(500) ["large"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_20210504_stile-latino_3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(500) } } ["entry_gallery_description"]=> string(230) "

ネイビー基調の柄ニットには、白にネイビーペーンの入ったジャケットで色をリンク。こちらも、柄のピッチをニットとジャケットでばらしているのがポイントだ。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
ジャケットだけじゃない!「スティレ ラティーノ」のニットがJK下に「映える」秘密

色柄マジックの達人、ヴィンチェンツォ・アットリーニがニットを手掛けると……?

スティレ ラティーノのニット
ミラノのショールームにて。ジャケット同様「ありそうで他にはない」色柄のニットがずらりと並ぶ。

「スティレ ラティーノのニット」と聞いて、ピンと来る人は多くないかもしれない。 スーツやジャケットはセレクトショップや百貨店で大人気なことは周知の事実だが、実はラティーノが「ニットも作っている」ということは、意外にまだ認知されていない。

「ニットのコレクションも素晴らしいものが出来上がったから、是非ショールームに見に来てよ!」とデザイナーでありオーナーでもあるヴィンチェンツォ・アットリーニに言われてミラノのショールームを訪れたのは2019年の夏のこと。実際に見てみると、ジャケット同様になんとも華やかで他に類を見ない、個性的な色柄のニットがずらりと並んでいて目を奪われた。

個性的でありながら実はコーディネートしやすく、メンズの装いをそれ1着でぐっと引き立ててくれるスティレ ラティーノの生地選びのセンスは、日本のバイヤー陣たちからも高く評価され、その魅力の虜になる買い手も多い。それらのスーツやジャケットをさらに引き立てるインナーを、自分たちで作ってしまおう! ということで出来上がったのがこれらのニットコレクションなのだ。

ヴィンチェンツォ氏

「ニットのラインを自社生産するために、ニット専用の工場も作ったんだ。それによって自分たちが本当に着たい色や生地感のニットを自由自在に作れるようになった」と語るヴィンチェンツォ氏。

ウール、コットン、シルク、リネン、カシミア……アイテムによって最良の色や雰囲気が出るように素材をブレンドし、一見無地のニットにも微妙な凹凸や織り、ネップが入って非常に表情豊かに仕上がっている。

先に登場したこれらのニット、「柄が個性的なものはどうやって合わせるのがいい?」と質問してみたら、「ちょっと見てごらん、こうやって合わせれば簡単だよ!」と息子のエミリアーノに「あのジャケットを持ってこい、こっちにはこのジャケットだな」と次々指示を出し、ものの5分であっという間にコーディネートを作ってくれた! 

スティレ ラティーノのニットやジャケット

ヴィンチェンツォ・アットリーニ直伝! スティレ ラティーノのニットのコーディネートテクニック(画像3枚)

<p>グレーのジャカード柄ニットポロは。一見派手なので無地ジャケットがよいか? と思いきや、ここに大柄チェックジャケットをON! ジャケットのベースにグレーがあることと、ニットの柄の細かさに対してジャケットが大柄なので意外に柄が喧嘩せずしっくりマッチする。ジャケットの裏地が凝っているのもスティレ ラティーノならでは。</p>

グレーのジャカード柄ニットポロは。一見派手なので無地ジャケットがよいか? と思いきや、ここに大柄チェックジャケットをON! ジャケットのベースにグレーがあることと、ニットの柄の細かさに対してジャケットが大柄なので意外に柄が喧嘩せずしっくりマッチする。ジャケットの裏地が凝っているのもスティレ ラティーノならでは。

<p>ネイビージャケットには、これくらいパンチのあるニットシャツを合わせても◎。イエローの色が微妙にくすんでいるのでシックにまとまる。ダブルの前はあえて開けてカーディガン感覚で羽織り、中のニットシャツを見せるイメージ。</p>

ネイビージャケットには、これくらいパンチのあるニットシャツを合わせても◎。イエローの色が微妙にくすんでいるのでシックにまとまる。ダブルの前はあえて開けてカーディガン感覚で羽織り、中のニットシャツを見せるイメージ。

<p>ネイビー基調の柄ニットには、白にネイビーペーンの入ったジャケットで色をリンク。こちらも、柄のピッチをニットとジャケットでばらしているのがポイントだ。</p>

ネイビー基調の柄ニットには、白にネイビーペーンの入ったジャケットで色をリンク。こちらも、柄のピッチをニットとジャケットでばらしているのがポイントだ。

<p>グレーのジャカード柄ニットポロは。一見派手なので無地ジャケットがよいか? と思いきや、ここに大柄チェックジャケットをON! ジャケットのベースにグレーがあることと、ニットの柄の細かさに対してジャケットが大柄なので意外に柄が喧嘩せずしっくりマッチする。ジャケットの裏地が凝っているのもスティレ ラティーノならでは。</p>

グレーのジャカード柄ニットポロは。一見派手なので無地ジャケットがよいか? と思いきや、ここに大柄チェックジャケットをON! ジャケットのベースにグレーがあることと、ニットの柄の細かさに対してジャケットが大柄なので意外に柄が喧嘩せずしっくりマッチする。ジャケットの裏地が凝っているのもスティレ ラティーノならでは。

<p>ネイビージャケットには、これくらいパンチのあるニットシャツを合わせても◎。イエローの色が微妙にくすんでいるのでシックにまとまる。ダブルの前はあえて開けてカーディガン感覚で羽織り、中のニットシャツを見せるイメージ。</p>

ネイビージャケットには、これくらいパンチのあるニットシャツを合わせても◎。イエローの色が微妙にくすんでいるのでシックにまとまる。ダブルの前はあえて開けてカーディガン感覚で羽織り、中のニットシャツを見せるイメージ。

<p>ネイビー基調の柄ニットには、白にネイビーペーンの入ったジャケットで色をリンク。こちらも、柄のピッチをニットとジャケットでばらしているのがポイントだ。</p>

ネイビー基調の柄ニットには、白にネイビーペーンの入ったジャケットで色をリンク。こちらも、柄のピッチをニットとジャケットでばらしているのがポイントだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Summer VOL.324

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop