綿谷寛画伯のコンサバお洒落妄想旅計画「アイラ島」酒池巡礼

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

家に籠る時間が増えると、自ずと旅への想いが募るもの。訪れたい地へ想いを馳せれば、何を着ていくか、何が食べたいかと、そこでの楽しみ方が浮かんでくる。取材に遊びに、国内外のあらゆる地へ足を運んだ画伯が思い描く、とっておきの旅計画を参考に、ぜひ貴方も自身の旅の妄想を膨らませてほしい。

コンサバお洒落妄想旅計画「アイラ島」酒池巡礼

「アイラ島」酒池巡礼

生牡蠣にとくとくしたくてシングルモルトの聖地巡礼

レストランで生牡蠣の皿といっしょにダブルのシングルモルトを注文し、殻の中の牡蠣にとくとくと垂らし、そのまま口に運ぶ。うーん。いや、これがたまらなくうまい。牡蠣の潮くささと、アイラウイスキーのあの個性的な、海霧のような煙っぽさが、口の中でとろりと和合するのだ。どちらが寄るでもなく、どちらが受けるのでもなく、そう、まるで伝説のトリスタンとイゾルデのように──。

村上春樹のアイラ島旅紀行『もし僕らのことばがウイスキーであったなら』(新潮文庫)のこの一筋に、世のウイスキー好き、とりわけアイラのシングルモルト好きは口の中にいっぱい唾を溜め込んで、この島独特の牡蠣の食べ方を試してみたいと思わずにはいられないだろう。ボクもそのひとり。

ウイスキーに限らずどんな酒でも、その産地で飲むのが一番うまいという。だから「うまい酒は旅をしない」のだと。ならばうまい酒を求めて自らシングルモルトウイスキーの聖地・アイラ島を巡礼せねば。

コンサバお洒落妄想旅計画「アイラ島」酒池巡礼-メインイラスト

スコットランドの西側に位置するアイラ島は人口約3500人。面積は約600km2(日本の淡路島ほど)の小島で主な産業はモルトウイスキーの蒸留と観光である。

例年であれば5月に、ウイスキーと音楽の祭典『アイラフェスティバル』が開催され、世界中からシングルモルト好きが集まり大変な賑わいを見せるようだけど、コロナ禍によって昨年・今年と中止。残念だけど致し方ない。

アイラ島への移動手段はスコットランドのグラスゴー空港から飛行機かフェリーになるんだけど、島内での移動はバスやレンタサイクル、もしくはヒッチハイクだとか(笑)。となると旅の友は同じもの好きで、若くてフットワークが軽く物怖じしない男がいい、と周りを見回したらいたいた。当ページ担当ハシモトくんだ。

で、彼にこの話をしたら「ボクも村上春樹さんの本を読んで、いつかアイラ島に行きたいなと考えてました。生牡蠣にとくとくとシングルモルトを垂らしてズルっと。絶対うまいに決まってます」と二つ返事でOKだ。

よし。そうと決まれば2人で旅計画だ。ヒッチハイクは鉄砲玉のハシモトくん頼むね♡ そんな移動手段なら現地に溶け込む服装がよい。ヘンに英国を意識しすぎてバリバリ英国調で決めると浮きまくることをボクはよく知っている。意外と土地の人はユニクロみたいなフリースだったりする。なのでボクはバラクータG9を健さん風に。「じゃボクも」って、ペアルック⁉ 『もし僕らのことばがG9であったなら』は勘弁ね。

コンサバお洒落妄想旅計画_イラスト
絵と文・綿谷 寛

ボクは毎晩バーで酒を飲んでる風に見られがちだけど、実は10年前まではビール1杯で顔が真っ赤になるほどアルコールに弱かった。しかしある時、勇気を奮ってひとりでオーセンチックバーの扉を開け、バーテンダーにすすめられるがままハイランドモルトウイスキーの『グレンドロナック』をロックで飲んでみたんだ。そしたらこれが口当たりがよくてスーっと飲めた。それからですね。どうも僕はアルコールが弱いのではなく、醸造酒が苦手なだけで、蒸留酒はメチャ体質にあってたようだ。そんなもんなんだね。



[MEN’S EX 2021年6月号DIGITAL Editionの記事を再構成]

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop