フェラーリが誇る最高峰スーパースポーツカーが「ミッドシップ」ではない理由

array(2) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1193115) ["id"]=> int(1193115) ["title"]=> string(28) "car_20210320_ferrari812gts_4" ["filename"]=> string(32) "car_20210320_ferrari812gts_4.jpg" ["filesize"]=> int(388365) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210320_ferrari812gts_4.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1193091/car_20210320_ferrari812gts_4" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "car_20210320_ferrari812gts_4" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1193091) ["date"]=> string(19) "2021-03-18 07:29:52" ["modified"]=> string(19) "2021-03-18 07:29:52" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(501) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210320_ferrari812gts_4-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210320_ferrari812gts_4-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210320_ferrari812gts_4.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(501) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210320_ferrari812gts_4.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(501) } } ["entry_gallery_description"]=> string(251) "

フェラーリの他のモデル同様、ドライバーの視線を正面へ集中させるようにデザインされたインテリア。オプションで助手席用のインフォメントシステムを装備することも可能だ。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1193116) ["id"]=> int(1193116) ["title"]=> string(28) "car_20210320_ferrari812gts_3" ["filename"]=> string(32) "car_20210320_ferrari812gts_3.jpg" ["filesize"]=> int(310854) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210320_ferrari812gts_3.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1193091/car_20210320_ferrari812gts_3" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "car_20210320_ferrari812gts_3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1193091) ["date"]=> string(19) "2021-03-18 07:30:09" ["modified"]=> string(19) "2021-03-18 07:30:09" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(501) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210320_ferrari812gts_3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210320_ferrari812gts_3-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210320_ferrari812gts_3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(501) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210320_ferrari812gts_3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(501) } } ["entry_gallery_description"]=> string(156) "

トンネルバックスタイルのリトラクタブルハードトップ(RHT)。45km/h以下であれば走行中でも14秒で開閉可能だ。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
フェラーリ812GTS

超高級車ゆえにFRが選ばれるフェラーリのフラッグシップ

フェラーリが超高性能なスーパースポーツカーであると同時に超高級車であることはいわずもがな。ここで紹介する812GTSにも4500万円を超えるプライスタグがつけられている。だから、恐ろしいほどのパフォーマンスを備えているのはもちろんのこと、それを信じられないほど洗練されたスタイルで楽しめるのがフェラーリの真骨頂。そして“跳ね馬”のラインナップのなかでも、とりわけ贅沢さにおいてその頂点に君臨しているのが812GTSといっても過言ではない。

「スーパースポーツカーなのに、なんでフェラーリのV12モデルはどれもミッドシップじゃないの?」 そんな疑問も、フェラーリが超高級車であることを思い起こせば、すぐに氷解するはず。ミッドシップはたしかに高性能を実現するうえでは有利だが、キャビンは必然的に狭くなるうえ、エンジン音がダイレクトに室内に侵入するのを避けるのは難しい。どちらも、超高級車には許されないことだ。

フェラーリ812GTSフロントガラス
風切り音などエンジンサウンドをかき消すものは徹底して排除。フロントガラス上部のフラップで前方からの気流を渦に変換し、室内への空気の流入を抑えている。

812GTSがフロントエンジンとされたのはこのためだが、だからといってパフォーマンスがライバルに劣るようではフェラーリの沽券に関わる。そこでマラネロのエンジニアたちはコンパクトに仕上げたV12エンジンを前輪とキャビンの間に配置するフロント・ミッドシップというレイアウトを採用。ミッドシップ並みの高性能と超高級車に求められる快適性を両立させたのである。

その成果は、812GTSのステアリングを握ればたちどころにして理解できる。

優雅な曲線を描くボンネットは外から眺めると長大だが、コクピットに収まってみれば意外なほどコンパクトに映る。おかげで、フロントエンジンモデルに乗っているという感触が薄く、手足のように自在に操れるような気がする。そしてその直感は、あながち間違っていなかったことが後々判明する。

フェラーリ 812GTSのディテールを見る(画像2枚)

<p>フェラーリの他のモデル同様、ドライバーの視線を正面へ集中させるようにデザインされたインテリア。オプションで助手席用のインフォメントシステムを装備することも可能だ。</p>

フェラーリの他のモデル同様、ドライバーの視線を正面へ集中させるようにデザインされたインテリア。オプションで助手席用のインフォメントシステムを装備することも可能だ。

<p>トンネルバックスタイルのリトラクタブルハードトップ(RHT)。45km/h以下であれば走行中でも14秒で開閉可能だ。</p>

トンネルバックスタイルのリトラクタブルハードトップ(RHT)。45km/h以下であれば走行中でも14秒で開閉可能だ。

<p>フェラーリの他のモデル同様、ドライバーの視線を正面へ集中させるようにデザインされたインテリア。オプションで助手席用のインフォメントシステムを装備することも可能だ。</p>

フェラーリの他のモデル同様、ドライバーの視線を正面へ集中させるようにデザインされたインテリア。オプションで助手席用のインフォメントシステムを装備することも可能だ。

<p>トンネルバックスタイルのリトラクタブルハードトップ(RHT)。45km/h以下であれば走行中でも14秒で開閉可能だ。</p>

トンネルバックスタイルのリトラクタブルハードトップ(RHT)。45km/h以下であれば走行中でも14秒で開閉可能だ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Sep. VOL.325

9

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop