さりげなくお洒落にストールを巻くコツは「ずらす・ねじる・ひねる」だった!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

“ずらす” “ねじる” “ひねる”でストール姿が洒脱に!

昨今はあまり凝った巻き方よりも、シンプルに巻くのが主流になっているストール。とはいえ、お洒落な人は細部にさりげなく趣向を凝らしている。ここでは、基本のループ巻きを洒脱にこなすポイントを解説しよう。



ストール_ずらす

左右の長さを“ずらし”て……

 

ストールもネクタイやチーフと同様、“計算された無造作感”が洒脱さを演出する秘訣。そのためには、巻く前に左右の長さを少しずらしておくのが第一のポイントとなる。ここでは3分の1ほどずらしているが、ストールのサイズによってちょうどいいずらし幅が異なるので、色々と試して最適な幅を見つけてみよう。



ストール_ねじる

巻く前に“ねじる”

 

ストールを巻く前に、もうひとつ重要な下準備が。端側を片手で押さえながらループ側にもう一方の手を通し、クルクルと2〜3回ねじっておく。こうすることで、巻いた際に首周りのボリュームを調節できる。あまりキツくねじりすぎても不恰好なので、あくまで“ふんわり感”を損なわない程度に留めておこう。



ストール_ひねる

仕上げに“ひねる”!

 

ねじったストールを崩さないように首に巻き、端をループに通したら、鏡でチェックしながらループ付近をひねってニュアンスをつけてみよう。全体のボリューム感を確認しつつ、無造作な雰囲気に仕上げていくのがコツだ。ちなみに、今回は薄手のシルクストールで行っているが、マフラーを巻く場合も同様。



Before

ループ巻き_ビフォー

ただのループ巻きではどこかモッサリした印象
何も考えずに巻くとこんな感じ。首周りはボリュームがありすぎてモッサリしているし、胸元の表情も垢抜けない印象だ。これがストールではなくマフラーだったら、いかにも“学生さん”といった風情。これはいただけない。



After

ループ巻き_アフター

メリハリが利いた大人の首元に!
同じループ巻きでも、“ずらす”、“ねじる”、“ひねる”の3点に気をつけるだけで、ここまで印象をチェンジできる。首周りはスッキリと、胸元はふんわりとしたエレガントな表情になっているのがおわかりだろう。コツさえ掴めば実践は簡単だ。



[MEN’S EX 2021年4月号DIGITAL Editionの記事を再構成]

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop