【シャツ戦国時代】メンズも臆せず「淡色のシャツ」を選んでみては?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

リモートでも対面でも使える
「シャツ」は今、多種戦国時代

オフィスカジュアルの定着に加え、最近はリモートワークの日も激増。仕事スタイルは急激に様変わりしてきた。それに伴い、選択できるシャツの種類もぐっと豊富に。これはお洒落を楽しむ上では喜ばしいことだろう。

ここではその中から、ドレスとカジュアルが入り混じる今日において、とくにスタイルUPに効くシャツをご紹介しよう。



タイドアップもノータイも様になる淡色シャツ

シャツは今多種戦国時代_main

[上]PAUL STUART(ポール・スチュアート)

 

いつものジャケットを一気に洒脱に見せるモカ色
ノータイの寂しさを補いたいとき色付きシャツに頼るのは1つの手。ただ上品に決めるならこういうペールトーン(淡色)がいい。こちらは紺や茶系と相性のいいモカ色。ロングポイントなレギュラー襟も今らしい。コットン100%。2万円(ポール・スチュアート 青山本店)



[中]DRAKE’S(ドレイクス)

 

ありがちな薄青シャツに差をつけるブルーグリーン
こちらもレギュラー襟のロングポイント。ややグリーン味を感じさせるペールブルーが、装いを新鮮に見せてくれそうだ。リネンを混紡した平織り生地も清涼感があり、これからの季節にもってこい。コットン70%+リネン30%。2万5000円(ビームス 六本木ヒルズ)



[下]LANVIN COLLECTION(ランバン コレクション)

 

白感覚で着られるのに確実に印象を新鮮に
ライトベージュが優しげな雰囲気に見せるホリゾンタルカラーシャツ。白シャツ感覚で合わせることができながら、さりげなく印象をアップデートする一枚だ。見るからに上質な生地は肌触りも極上。コットン100%。2万5000円(ジョイックスコーポレーション)



[MEN’S EX 2021年4月号DIGITAL Editionの記事を再構成]
※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Dec. VOL.328

12

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop