「ニットの上にカーディガン」。それだけで驚くほどお洒落に見えるという事実

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

きちんと見せたいカジュアルシーンの救世主
ジャケット代わりに「アンサンブル」

ジャケットスタイルよりも寛ぎたいけれど、羽織り物がないとどうも格好がつかない。そんなお悩みに効くのが、ニットonニットのアンサンブル。カーディガンをジャケット感覚で使うのがミソだ。

ジャケット代わりにアンサンブル_メイン


モダンさ漂うモックネックアンサンブル
色数を絞ったフレンチスタイルが旬

JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)

ジャケット代わりにアンサンブル_1
パンツ3万9000円/トラマロッサ(伊勢丹新宿店) メガネ10万9000円/ザ・スペクタクル(グローブスペックス エージェント) 靴9万8000円/ボードイン アンド ランジ(コロネット)

同素材ゆえのミニマルさがきちんと感を高める
同素材のニットを重ねた着こなしをアンサンブルと呼ぶ。カーディガンがジャケット的役割を果たしつつ、同素材ゆえのミニマルさも手伝って、ニットスタイルながらきちんと感が高いのが特徴だ。インナーをモックネックにすればより上品な印象に。カーディガン2万6000円、半袖モックネックニット3万3000円(以上リーミルズ エージェンシー)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop