仕事にも休日にも活用!「大きめレザートート」5選

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
トラベル大トート

休日鞄は、小さい方が軽快で洒落て見えるし、ミニバッグがトレンドなのは分かるけれど……、それでも荷物が多い日はある! というわけで、収納便利で実用性のある大きめ鞄を探しているM.E.読者諸兄のために、大人の休日にふさわしい大振りのレザートートバッグを厳選した。

ガサッと荷物を詰めて、休日のジム通いや一泊旅行にもぴったりな、気軽に持ち歩いてもサマになる一流ブランドのレザートート。ビジネスなら風格と品位を、休日カジュアルであれば洒落感を楽しむ。そんな使い分けのできる逸品揃いだ。

コノリー

コノリー
縦33×横47×マチ18㎝。25万円(コノリー銀座)

1878年に創業した英国王室御用達のレザーブランド。かつては、ベントレー、アストンマーティンなど、数々の高級車にレザーシートを提供するブランドとして知られていた。高級ヌバックの一枚革をぜいたくに使ったトートバッグは、ラグジュアリーな雰囲気を存分に感じさせてくれる。内側にはサイドポケットが一つ備わるシンプルな構造。肩掛け可能なハンドルも利便性を向上させている。

J&Mデヴィッドソン

J&Mデヴィッドソン
縦32×横35×マチ18㎝。14万円(J&M デヴィッドソン 青山店)

A4書類からPCまで、オフィスワークの必需品がしっかり収まる収納性抜群のトートバッグ。外側にはカードケースや携帯電話が収まる小さなポケットに加えて、内側の2つのスリットポケットなど、小回りの利いた機能性も嬉しい。ブランドのルーツであるベルトに着想を得た天口のパイピングはハンドルとしても使え、肩掛け、手持ちの2WAY仕様になる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop