自粛期間から現在の衛星運用・開発のお話【宇宙ベンチャー連載#004】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
自粛期間から現在の衛星運用・開発のお話【宇宙ベンチャー連載#004】
今回は、小型SAR衛星「イザナギ」が出すレーダーを地上で測定する現場にも同行しました。その結果……?
連載「宇宙ベンチャーに転職しました in QPS研究所」

まったくの異業種から宇宙ビジネスのベンチャー企業のPR担当に転職した女子の視点から語られる、知られざる宇宙の物語。今回は、人工衛星1号機の初交信の様子からスタート。(前回の記事はこちら

#004:自粛期間から現在の衛星運用・開発のお話

ビューティー業界から人工衛星を開発・運用する宇宙ベンチャーに転職してから早9ヶ月経ちました。

それまでとまったく違う未知の世界に飛び込んで、見るもの聞くものすべてに「はー!」「へー!」など「ハ行」の感動詞を活用する日々で、宇宙ビジネスの奥の深さ、幅の広さに圧倒されながらワクワクしっぱなしです。(ちなみに、現在78歳の会社の創業者は「宇宙業界に60年携わっているけど、未だに毎日ワクワクしている」と開発現場の最前線でいつも楽しそうに笑っています。)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Mar. VOL.331

3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop