「仕事だから、とりあえずスーツ」という人がお洒落になれない理由

array(2) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1160275) ["id"]=> int(1160275) ["title"]=> string(24) "fashion_20200624_suits_a" ["filename"]=> string(28) "fashion_20200624_suits_a.jpg" ["filesize"]=> int(156305) ["url"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_20200624_suits_a.jpg" ["link"]=> string(64) "https://www.mens-ex.jp/archives/1160271/fashion_20200624_suits_a" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(24) "fashion_20200624_suits_a" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1160271) ["date"]=> string(19) "2020-06-20 05:52:48" ["modified"]=> string(19) "2020-06-20 05:52:48" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1000) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_20200624_suits_a-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_20200624_suits_a-225x300.jpg" ["medium-width"]=> int(225) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_20200624_suits_a.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1000) ["large"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_20200624_suits_a.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(1000) } } ["entry_gallery_description"]=> string(547) "

初夏に似合う軽やかなグレーベージュの色味とウインドウペン柄を特徴とするスーツ。格子柄の色もナチュラルで、爽やかな印象を演出できる。生地はメリノウール100%ながら、軽さのほか、ストレッチ性、撥水性もあり。
スーツ<オーダー価格>13万9000円、シャツ1万2000円、ネクタイ1万6000円、チーフ6800円(すべてストーリー アンド ザ スタディー/ストーリー アンド ザ スタディー 銀座本店)

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1160276) ["id"]=> int(1160276) ["title"]=> string(24) "fashion_20200624_suits_b" ["filename"]=> string(28) "fashion_20200624_suits_b.jpg" ["filesize"]=> int(137275) ["url"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_20200624_suits_b.jpg" ["link"]=> string(64) "https://www.mens-ex.jp/archives/1160271/fashion_20200624_suits_b" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(24) "fashion_20200624_suits_b" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1160271) ["date"]=> string(19) "2020-06-20 05:52:55" ["modified"]=> string(19) "2020-06-20 05:52:55" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1015) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_20200624_suits_b-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_20200624_suits_b-222x300.jpg" ["medium-width"]=> int(222) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_20200624_suits_b.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1015) ["large"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_20200624_suits_b.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(1015) } } ["entry_gallery_description"]=> string(624) "

V.B.カノニコの4プライ生地(ウール100%)を使用したダブルブレステッドスーツ。生地にハリとコシがありつつ、織り目の隙間が空いているので風通しも良い。クラシックなストライプが、ダブルブレステッド仕様とあいまって、着る人を格調高く見せてくれる。
スーツ<オーダー価格>14万9000円、シャツ<オーダー価格>1万6500円、ネクタイ1万6000円、チーフ7500円(すべてストーリー アンド ザ スタディー/ストーリー アンド ザ スタディー 銀座本店)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
「仕事だから、とりあえずスーツ」という人がお洒落になれない理由

あなたはなんのためにスーツを着ているのか?

ビジネスファッションのカジュアル化が進んでも、「とりあえずスーツ」なおじさんは少なくない。しかし、この「とりあえず」が少々問題。なんのためにスーツを着るの?を理解できていないと、スーツの装いを簡略化してしまったり、楽な着方ばかりを選んだりしてしまって、着こなしがお洒落とは程遠い方向へ進んでしまう。

仕事上のお洒落とは、自分の上品な雰囲気や誠実さを伝えるためのもの。スーツを着る目的を、改めて理解するために、その意味や心構え、最新事情をプロに聞いてみた。

関連記事: スーツの着こなし「アウト」と「セーフ」の境界線は?

お話を聞いた方
ストーリー アンド ザ スタディー 銀座本店 店長 永瀬太一さん

ストーリー アンド ザ スタディー 銀座本店 店長
永瀬太一さん

1978年、東京生まれ。カジュアルからドレスまで幅広くメンズウェアに携わって17年のベテラン。2019年秋、オーダーメイドのブランド「ストーリー アンド ザ スタディー」のスタートとともに銀座本店で店長を務める。


現在は「とりあえず、スーツ」という方がいる一方で、気持ちの切り替えや、自分のスタイルを表現するために、あえてスーツを着る人も増えているそうだ。日々、さまざまなお客様に接しているストーリー アンド ザ スタディー 銀座本店の店長・永瀬太一さんへの取材からスーツを着る意味が見えてきた。

<p>初夏に似合う軽やかなグレーベージュの色味とウインドウペン柄を特徴とするスーツ。格子柄の色もナチュラルで、爽やかな印象を演出できる。生地はメリノウール100%ながら、軽さのほか、ストレッチ性、撥水性もあり。<br />
スーツ<オーダー価格>13万9000円、シャツ1万2000円、ネクタイ1万6000円、チーフ6800円(すべてストーリー アンド ザ スタディー/ストーリー アンド ザ スタディー 銀座本店)</p>

初夏に似合う軽やかなグレーベージュの色味とウインドウペン柄を特徴とするスーツ。格子柄の色もナチュラルで、爽やかな印象を演出できる。生地はメリノウール100%ながら、軽さのほか、ストレッチ性、撥水性もあり。
スーツ<オーダー価格>13万9000円、シャツ1万2000円、ネクタイ1万6000円、チーフ6800円(すべてストーリー アンド ザ スタディー/ストーリー アンド ザ スタディー 銀座本店)

<p>V.B.カノニコの4プライ生地(ウール100%)を使用したダブルブレステッドスーツ。生地にハリとコシがありつつ、織り目の隙間が空いているので風通しも良い。クラシックなストライプが、ダブルブレステッド仕様とあいまって、着る人を格調高く見せてくれる。<br />
スーツ<オーダー価格>14万9000円、シャツ<オーダー価格>1万6500円、ネクタイ1万6000円、チーフ7500円(すべてストーリー アンド ザ スタディー/ストーリー アンド ザ スタディー 銀座本店)</p>

V.B.カノニコの4プライ生地(ウール100%)を使用したダブルブレステッドスーツ。生地にハリとコシがありつつ、織り目の隙間が空いているので風通しも良い。クラシックなストライプが、ダブルブレステッド仕様とあいまって、着る人を格調高く見せてくれる。
スーツ<オーダー価格>14万9000円、シャツ<オーダー価格>1万6500円、ネクタイ1万6000円、チーフ7500円(すべてストーリー アンド ザ スタディー/ストーリー アンド ザ スタディー 銀座本店)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop