ベージュやオフ白の「M-65」が永遠の定番服になった理由

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1152936) ["id"]=> int(1152936) ["title"]=> string(28) "fashion_0512_nakamura_m65_02" ["filename"]=> string(32) "fashion_0512_nakamura_m65_02.jpg" ["filesize"]=> int(153179) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_02.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1152948/fashion_0512_nakamura_m65_02" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "27" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "fashion_0512_nakamura_m65_02" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1152948) ["date"]=> string(19) "2020-05-12 02:28:29" ["modified"]=> string(19) "2020-05-12 02:45:15" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1000) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_02-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_02-225x300.jpg" ["medium-width"]=> int(225) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_02.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1000) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_02.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(1000) } } ["entry_gallery_description"]=> string(260) "

ベージュやオフホワイトなどのカラーものは軍に納入していたメーカーが民生品(ファッションアイテム)として作っていたもので、当時はワインレッドやネイビーやブラックもあった。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1152937) ["id"]=> int(1152937) ["title"]=> string(28) "fashion_0512_nakamura_m65_03" ["filename"]=> string(32) "fashion_0512_nakamura_m65_03.jpg" ["filesize"]=> int(133498) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_03.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1152948/fashion_0512_nakamura_m65_03" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "27" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "fashion_0512_nakamura_m65_03" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1152948) ["date"]=> string(19) "2020-05-12 02:28:29" ["modified"]=> string(19) "2020-05-12 02:45:15" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1000) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_03-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_03-225x300.jpg" ["medium-width"]=> int(225) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_03.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1000) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_03.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(1000) } } ["entry_gallery_description"]=> string(311) "

当時ウェストのドローコードを絞って着るのがBEAMSスタイルだった。民生品と言っても本物と同じく、ミルスペックと言われるタグには様々な情報がコード化されプリントされている。ちなみにコレは1981年に製造されたもの。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1152938) ["id"]=> int(1152938) ["title"]=> string(28) "fashion_0512_nakamura_m65_04" ["filename"]=> string(32) "fashion_0512_nakamura_m65_04.jpg" ["filesize"]=> int(217974) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_04.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1152948/fashion_0512_nakamura_m65_04" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "27" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "fashion_0512_nakamura_m65_04" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1152948) ["date"]=> string(19) "2020-05-12 02:28:30" ["modified"]=> string(19) "2020-05-12 02:45:15" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1000) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_04-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_04-225x300.jpg" ["medium-width"]=> int(225) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_04.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1000) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/fashion_0512_nakamura_m65_04.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(1000) } } ["entry_gallery_description"]=> string(216) "

取り外しのライナーもある。ちなみに、これは1972年に製造されたもの。「最近はこれをキルティングベストとして着る人も良く見かけます」(中村さん)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
M65サムネイル

ビームスのクリエイティブディレクター、中村達也さんが所有する貴重なお宝服の中から、ウンチク満載なアイテムを連載形式で紹介する新連載「中村アーカイブ」がスタート! 「ベーシックな服もアップデートされていくので、何十年も着続けられる服は意外と少ない」という中村さんだが、自身のファッション史の中で思い出深く、捨てられずに保管してあるアイテムも結構あるのだとか。そんなお宝服の第4弾は……?

中村アーカイブ細バナー

【中村アーカイブ】 vol.4 / M⁻65ジャケット

M65メインカット

アルバイトとして入社した1985年頃、すでにBEAMSのスタッフの間でマストアイテムだったのが、ベージュやオフホワイトの「M⁻65」でした。ご存知の方も多いと思いますが、M⁻65は1965年から米軍で採用されたフィールドジャケット(戦闘服)です。

オリーブグリーンのM65は70年代には既に放出品や古着がたくさん流通していて、当時は長髪でベルボトムのジーンズを穿いているような人たちが着ているイメージだったので、個人的にはお洒落に無頓着な人が着るものというイメージでした(長髪にベルボトムは当時のトレンドではありますが……)。

なので、最初にベージュやオフホワイトのM⁻65を見たときは、そのオリーブグリーンのM⁻65と同じものだとは思えませんでした。新人の私には全く知識がなかったので、先輩たちに聞いたところ、ベージュやオフホワイトのM⁻65はパリのフレンチアイビーの人たちの定番で、俳優のイブ モンタンから、ブームに火がついたことを知りました。

当時のBEAMSでは、フレンチアイビーテイストの人たちだけでなく、アメカジ系の人もアルマーニのようなイタリアンデザイナー系のスーツを着ていた人たちも、みんなM⁻65を着ていました。いわばカジュアルでもジャケットでもスーツでも、なんにでもM⁻65を合わせていたほどマストアイテムでした。

当然私もベージュやオフホワイトのM⁻65が欲しくて探すのですが、オリーブグリーンはすぐに見つかるのものの、ベージュやオフホワイトはなかなか見つからず、ベージュをやっと手に入れられたのが1980年代後半になってから。その後’90年代に入りオフホワイトを見つけ、’90年代中頃まで着ていました。

その後、2000年代に入りイタリアでアスペジのM⁻65が大流行し、”M⁻65=イタリア”というイメージを持つ人が多くなったと思いますが、’80年代のフレンチアイビーを知る私によっては、「イタリア人もM⁻65を着るんだ」というイメージの方が強かったです。

このベージュやオフホワイトのM⁻65は、言わば ”BEAMSのスタッフになったら持っていなくてはならない” という洗礼を受けたアイテムであり、私にとっては今も永遠の定番アイテムなのです。

<p>ベージュやオフホワイトなどのカラーものは軍に納入していたメーカーが民生品(ファッションアイテム)として作っていたもので、当時はワインレッドやネイビーやブラックもあった。</p>

ベージュやオフホワイトなどのカラーものは軍に納入していたメーカーが民生品(ファッションアイテム)として作っていたもので、当時はワインレッドやネイビーやブラックもあった。

<p>当時ウェストのドローコードを絞って着るのがBEAMSスタイルだった。民生品と言っても本物と同じく、ミルスペックと言われるタグには様々な情報がコード化されプリントされている。ちなみにコレは1981年に製造されたもの。</p>

当時ウェストのドローコードを絞って着るのがBEAMSスタイルだった。民生品と言っても本物と同じく、ミルスペックと言われるタグには様々な情報がコード化されプリントされている。ちなみにコレは1981年に製造されたもの。

<p>取り外しのライナーもある。ちなみに、これは1972年に製造されたもの。「最近はこれをキルティングベストとして着る人も良く見かけます」(中村さん)</p>

取り外しのライナーもある。ちなみに、これは1972年に製造されたもの。「最近はこれをキルティングベストとして着る人も良く見かけます」(中村さん)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Sep. VOL.325

9

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop