世界中のバイヤーが熱視線のネクタイ「アット ヴァンヌッチ」とは?

array(4) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1139884) ["id"]=> int(1139884) ["title"]=> string(23) "c_fashion_200304_tie_02" ["filename"]=> string(27) "c_fashion_200304_tie_02.jpg" ["filesize"]=> int(109331) ["url"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_02.jpg" ["link"]=> string(63) "https://www.mens-ex.jp/archives/1139878/c_fashion_200304_tie_02" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(23) "c_fashion_200304_tie_02" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1139878) ["date"]=> string(19) "2020-02-21 02:08:39" ["modified"]=> string(19) "2020-02-21 02:08:39" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(411) ["height"]=> int(468) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_02-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_02-263x300.jpg" ["medium-width"]=> int(263) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_02.jpg" ["medium_large-width"]=> int(411) ["medium_large-height"]=> int(468) ["large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_02.jpg" ["large-width"]=> int(411) ["large-height"]=> int(468) } } ["entry_gallery_description"]=> string(428) "

世界から尊敬を集める 代表・加賀健二氏
フィレンツェにネクタイ工房「セブンフォールド」社を所有し、当地の熟練職人によるものづくりを堅守。その伝統技に自らの美意識を投影して作り上げた生地を掛け合わせ、クラシックかつ常に新鮮なコレクションを発表。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1139885) ["id"]=> int(1139885) ["title"]=> string(23) "c_fashion_200304_tie_03" ["filename"]=> string(27) "c_fashion_200304_tie_03.jpg" ["filesize"]=> int(102028) ["url"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_03.jpg" ["link"]=> string(63) "https://www.mens-ex.jp/archives/1139878/c_fashion_200304_tie_03" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(23) "c_fashion_200304_tie_03" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1139878) ["date"]=> string(19) "2020-02-21 02:08:52" ["modified"]=> string(19) "2020-02-21 02:08:52" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(411) ["height"]=> int(468) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_03-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_03-263x300.jpg" ["medium-width"]=> int(263) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_03.jpg" ["medium_large-width"]=> int(411) ["medium_large-height"]=> int(468) ["large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_03.jpg" ["large-width"]=> int(411) ["large-height"]=> int(468) } } ["entry_gallery_description"]=> string(307) "

ブランドの代名詞・セッテピエゲ
通常の約二倍の生地を贅沢に使い、芯地を使わずに仕立てるセッテピエゲ。工房の名前にもなっているとおり、ブランドを象徴する仕立てだ。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1139886) ["id"]=> int(1139886) ["title"]=> string(23) "c_fashion_200304_tie_04" ["filename"]=> string(27) "c_fashion_200304_tie_04.jpg" ["filesize"]=> int(241065) ["url"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_04.jpg" ["link"]=> string(63) "https://www.mens-ex.jp/archives/1139878/c_fashion_200304_tie_04" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(23) "c_fashion_200304_tie_04" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1139878) ["date"]=> string(19) "2020-02-21 02:09:09" ["modified"]=> string(19) "2020-02-21 02:09:09" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(411) ["height"]=> int(468) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_04-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_04-263x300.jpg" ["medium-width"]=> int(263) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_04.jpg" ["medium_large-width"]=> int(411) ["medium_large-height"]=> int(468) ["large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_04.jpg" ["large-width"]=> int(411) ["large-height"]=> int(468) } } ["entry_gallery_description"]=> string(313) "

凝りに凝った柄表現
たとえばストライプを見ても、こちらのように織り柄を複雑に切り替えて趣向を凝らしたものが多い。生地メーカーに足繁く赴いて作り上げた肝煎りの素材だ。

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1139893) ["id"]=> int(1139893) ["title"]=> string(23) "c_fashion_200304_tie_05" ["filename"]=> string(27) "c_fashion_200304_tie_05.jpg" ["filesize"]=> int(81227) ["url"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_05.jpg" ["link"]=> string(63) "https://www.mens-ex.jp/archives/1139878/c_fashion_200304_tie_05" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(23) "c_fashion_200304_tie_05" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1139878) ["date"]=> string(19) "2020-02-21 02:36:41" ["modified"]=> string(19) "2020-02-21 02:36:41" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(411) ["height"]=> int(468) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_05-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_05-263x300.jpg" ["medium-width"]=> int(263) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_05.jpg" ["medium_large-width"]=> int(411) ["medium_large-height"]=> int(468) ["large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashion_200304_tie_05.jpg" ["large-width"]=> int(411) ["large-height"]=> int(468) } } ["entry_gallery_description"]=> string(461) "

セッテピエゲ以外の人気作も
左:裏地をつけつつ、剣先の芯地を省き仕立てたユニークな一本。締め心地は非常に軽やかだ。2万7000円(レガーレ) 右:入荷しては完売を繰り返しているというニットタイ。8.5㎝と太めに設定した幅、そして柔らかな締め心地が魅力だ。1万7000円(レガーレ)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

セレクトショップ各社に“着たい服と装い方”をリサーチしていたところ、バイヤーたちの支持が集中する“今、熱い”ブランドが浮かび上がってきた。目利きたちがこぞって絶賛する理由とは何か?M.E.流に掘り下げてみた。

ATTO VANNUCCI / アット ヴァンヌッチ

アット ヴァンヌッチ
左から、タイ3万3000円/アット ヴァンヌッチ(ストラスブルゴ) スーツ15万5000円/デ ペトリロ(ビームス 六本木ヒルズ) シャツ2万1800円/サウスウィック(シップス 銀座店)中左:3万3000円/アット ヴァンヌッチ(バーニーズ ニューヨーク) 中右:3万1000円/アット ヴァンヌッチ(阪急メンズ東京) 右:3万5000円/アット ヴァンヌッチ(レガーレ)

“ブラウンにも似合う”の志が類のない美色&組織柄の秘密だった

ネクタイ離れの風潮もどこ吹く風、アット ヴァンヌッチには日本中、いや世界中のバイヤーからの注文が引きも切らない。理由はもちろん、代表・加賀健二氏の圧倒的なセンスゆえだ。フィレンツェの文化に何十年と染まってきた氏には、当地の粋人たちが皆そうであるように、四季折々の情景を味わい、そこに自らの装いを馴染ませるという最も本質的な洒落心が備わっている。「茶や緑にも合う色柄が多い」と氏は言うが、それも年に数度の旅先での美術品や自然などから想を得ているがゆえだ。氏のクリエーションには真の芸術性がある。だからアット ヴァンヌッチは唯一無二なのだ。

<p><span style=世界から尊敬を集める 代表・加賀健二氏
フィレンツェにネクタイ工房「セブンフォールド」社を所有し、当地の熟練職人によるものづくりを堅守。その伝統技に自らの美意識を投影して作り上げた生地を掛け合わせ、クラシックかつ常に新鮮なコレクションを発表。

">

世界から尊敬を集める 代表・加賀健二氏
フィレンツェにネクタイ工房「セブンフォールド」社を所有し、当地の熟練職人によるものづくりを堅守。その伝統技に自らの美意識を投影して作り上げた生地を掛け合わせ、クラシックかつ常に新鮮なコレクションを発表。

<p><span style=ブランドの代名詞・セッテピエゲ
通常の約二倍の生地を贅沢に使い、芯地を使わずに仕立てるセッテピエゲ。工房の名前にもなっているとおり、ブランドを象徴する仕立てだ。

">

ブランドの代名詞・セッテピエゲ
通常の約二倍の生地を贅沢に使い、芯地を使わずに仕立てるセッテピエゲ。工房の名前にもなっているとおり、ブランドを象徴する仕立てだ。

<p><span style=凝りに凝った柄表現
たとえばストライプを見ても、こちらのように織り柄を複雑に切り替えて趣向を凝らしたものが多い。生地メーカーに足繁く赴いて作り上げた肝煎りの素材だ。

">

凝りに凝った柄表現
たとえばストライプを見ても、こちらのように織り柄を複雑に切り替えて趣向を凝らしたものが多い。生地メーカーに足繁く赴いて作り上げた肝煎りの素材だ。

<p><span style=セッテピエゲ以外の人気作も
左:裏地をつけつつ、剣先の芯地を省き仕立てたユニークな一本。締め心地は非常に軽やかだ。2万7000円(レガーレ) 右:入荷しては完売を繰り返しているというニットタイ。8.5㎝と太めに設定した幅、そして柔らかな締め心地が魅力だ。1万7000円(レガーレ)

">

セッテピエゲ以外の人気作も
左:裏地をつけつつ、剣先の芯地を省き仕立てたユニークな一本。締め心地は非常に軽やかだ。2万7000円(レガーレ) 右:入荷しては完売を繰り返しているというニットタイ。8.5㎝と太めに設定した幅、そして柔らかな締め心地が魅力だ。1万7000円(レガーレ)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Sep. VOL.325

9

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop