ビームス渾身のナポリ発「ティト アレグレットのモヘアシルクスーツ」どう着こなす?

array(5) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1142231) ["id"]=> int(1142231) ["title"]=> string(27) "fashion_200305_beams_152270" ["filename"]=> string(31) "fashion_200305_beams_152270.jpg" ["filesize"]=> int(81831) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152270.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1139153/fashion_200305_beams_152270" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "12" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "fashion_200305_beams_152270" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1139153) ["date"]=> string(19) "2020-03-05 14:14:23" ["modified"]=> string(19) "2020-03-05 14:14:23" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1125) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152270-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152270-200x300.jpg" ["medium-width"]=> int(200) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152270.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1125) ["large"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152270-683x1024.jpg" ["large-width"]=> int(683) ["large-height"]=> int(1024) } } ["entry_gallery_description"]=> string(621) "

タブカラーシャツにパネルタイという洒落感を意識したVゾーン。シャツのストライプのピッチが狭いのに対して、太幅のパネルタイを合わせたことで、胸元にメリハリと立体感が生まれている。ブラウンと相性の良いネイビー×ボルドーでなじませて。足元はローファーで適度に抜け感を作る。
シャツ2万9000円/バルバ、タイ1万5000円/ジエレ、チーフ2800円/ビームスF、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1142232) ["id"]=> int(1142232) ["title"]=> string(27) "fashion_200305_beams_152281" ["filename"]=> string(31) "fashion_200305_beams_152281.jpg" ["filesize"]=> int(75994) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152281.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1139153/fashion_200305_beams_152281" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "12" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "fashion_200305_beams_152281" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1139153) ["date"]=> string(19) "2020-03-05 14:14:23" ["modified"]=> string(19) "2020-03-05 14:14:23" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1125) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152281-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152281-200x300.jpg" ["medium-width"]=> int(200) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152281.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1125) ["large"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152281-683x1024.jpg" ["large-width"]=> int(683) ["large-height"]=> int(1024) } } ["entry_gallery_description"]=> string(702) "

オレンジ、ブラウン基調の暖色系で統一感を。近年、このような幾何学柄をあしらったタイも多く展開されるが、ともするとタイの柄が主張しすぎるため、トーンを揃えたり、柄入りのシャツを合わせたりすることで、タイの主張を適度に和らげている。足元に濃いブラウンを持ってくることで全体を引き締めている。
シャツ2万6000円/マリア サンタンジェロ、タイ1万6000円/ホリデー&ブラウン、チーフ7000円/スパッカ ネアポリス、靴12万5000円/エンツォ ボナフェ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1142233) ["id"]=> int(1142233) ["title"]=> string(27) "fashion_200305_beams_152285" ["filename"]=> string(31) "fashion_200305_beams_152285.jpg" ["filesize"]=> int(70703) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152285.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1139153/fashion_200305_beams_152285" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "12" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "fashion_200305_beams_152285" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1139153) ["date"]=> string(19) "2020-03-05 14:14:24" ["modified"]=> string(19) "2020-03-05 14:14:24" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1125) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152285-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152285-200x300.jpg" ["medium-width"]=> int(200) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152285.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1125) ["large"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152285-683x1024.jpg" ["large-width"]=> int(683) ["large-height"]=> int(1024) } } ["entry_gallery_description"]=> string(721) "

黒×ブラウンは近年のトレンド。シンプルな色合わせだが、モードな印象も醸し出せる。首元が寂しい場合にはスカーフを一捻りして巻くと効果的。スーツとニットが無地なだけに、首元にさりげなく柄を持ってくることで、アクセントとなり、全体に洒落感が増す。スーツはモヘア混でシャリ感のある生地だが、ハイゲージのニットを合わせることで、全体に上品さが加わる。
ニット2万8000円/ジョン スメドレー、スカーフ1万8000円/ジエレ、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1142234) ["id"]=> int(1142234) ["title"]=> string(27) "fashion_200305_beams_152290" ["filename"]=> string(31) "fashion_200305_beams_152290.jpg" ["filesize"]=> int(82207) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152290.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1139153/fashion_200305_beams_152290" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "12" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "fashion_200305_beams_152290" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1139153) ["date"]=> string(19) "2020-03-05 14:14:25" ["modified"]=> string(19) "2020-03-05 14:14:25" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1125) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152290-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152290-200x300.jpg" ["medium-width"]=> int(200) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152290.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1125) ["large"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152290-683x1024.jpg" ["large-width"]=> int(683) ["large-height"]=> int(1024) } } ["entry_gallery_description"]=> string(596) "

インナーのオレンジが効いている暖色系のコーデ。カジュアルなスタイルゆえ、足元もビットローファーで抜け感を。最近は、春夏でもスエード素材を合わせることが一般的に。このポロシャツのように襟が大きく台襟がない場合は、襟をあえてジャケットの外に出して、イタリア的クラシックなムードを漂わすのも手だ。
ポロシャツ2万6000円/グランサッソ、靴3万4000円/イルモカシーノ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1142230) ["id"]=> int(1142230) ["title"]=> string(27) "fashion_200305_beams_152296" ["filename"]=> string(31) "fashion_200305_beams_152296.jpg" ["filesize"]=> int(76898) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152296.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1139153/fashion_200305_beams_152296" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "12" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "fashion_200305_beams_152296" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1139153) ["date"]=> string(19) "2020-03-05 14:14:22" ["modified"]=> string(19) "2020-03-05 14:14:22" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1125) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152296-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152296-200x300.jpg" ["medium-width"]=> int(200) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152296.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1125) ["large"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/fashion_200305_beams_152296-683x1024.jpg" ["large-width"]=> int(683) ["large-height"]=> int(1024) } } ["entry_gallery_description"]=> string(681) "

こちらも、黒×ブラウンの色合わせでストイックでモードな印象を醸し出している。ボーダーニットを合わせることで、よりカジュアルに、さらにフレンチアイビーの雰囲気も漂わせる。ざらっとした質感の生地のスーツゆえに、こうしたカジュアルな着こなしにも違和感なく合わせることができる。ボーダーのピッチが狭ければ、無地感覚で着られるので、エントリーにはオススメ。
ニット1万5000円/ルトロワ、靴7万6000円/ボードイン アンド ランジ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

sponsored

Beams Presents 紳士の逸品 vol.2

さあさ、皆様お立会い。ここに取り上げたるは、ビームス自慢の紳士の逸品。その裏側のヨモヤマ話をバイヤーがたっぷり語ります。さあ、ゆっくり聞いてっとくれ。

今回の逸品:ティト アレグレットのモヘアシルクスーツ

ティト アレグレットの モヘアシルクスーツ
スーツ14万3000円 (ビームス 六本木ヒルズ)

今回の逸品は、ビームス初展開となるナポリブランド「ティト アレグレット」。ビームスが約3年もの歳月をかけて修正を重ね、完成させた力作だ。

「ルビナッチ、イザイア、アットリーニなどナポリのトップブランドを渡り歩いてきたアレグレット氏が自らの名を冠して始動させたブランドです。マニカカミーチャやダブルステッチ、裾まで伸びた身頃のダーツなど、ナポリ仕立ての伝統的な作りを踏襲しつつ、若若しさも感じさせる現代的なセンスを備えているのが素晴らしかったですね。そのうえコストパフォーマンスも優秀。しかし、日本人に最適なフィットを実現するにはチューニングが必要な箇所もありました。それを徹底的に改善して、ようやく完成にこぎつけたのがこちらの一着です。目新しさだけで話題を作るならもっと早く発売できたのですが、ビームス・クオリティに達するまで世に出さないのが我々の信念。結果3年もかかってしまいましたが、彼も我慢強くリクエストに応えてくれて、渾身の出来に仕上がりました。腕の動かしやすさなど、優れた着心地を体感いただけます。ナポリスーツの新傑作として太鼓判を押せる一着ですね」。(ブリッラ ペル イル グスト ディレクター 無藤和彦さん)

<p>タブカラーシャツにパネルタイという洒落感を意識したVゾーン。シャツのストライプのピッチが狭いのに対して、太幅のパネルタイを合わせたことで、胸元にメリハリと立体感が生まれている。ブラウンと相性の良いネイビー×ボルドーでなじませて。足元はローファーで適度に抜け感を作る。<br />
<small>シャツ2万9000円/バルバ、タイ1万5000円/ジエレ、チーフ2800円/ビームスF、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ)</small></p>

タブカラーシャツにパネルタイという洒落感を意識したVゾーン。シャツのストライプのピッチが狭いのに対して、太幅のパネルタイを合わせたことで、胸元にメリハリと立体感が生まれている。ブラウンと相性の良いネイビー×ボルドーでなじませて。足元はローファーで適度に抜け感を作る。
シャツ2万9000円/バルバ、タイ1万5000円/ジエレ、チーフ2800円/ビームスF、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

<p>オレンジ、ブラウン基調の暖色系で統一感を。近年、このような幾何学柄をあしらったタイも多く展開されるが、ともするとタイの柄が主張しすぎるため、トーンを揃えたり、柄入りのシャツを合わせたりすることで、タイの主張を適度に和らげている。足元に濃いブラウンを持ってくることで全体を引き締めている。<br />
<small>シャツ2万6000円/マリア サンタンジェロ、タイ1万6000円/ホリデー&ブラウン、チーフ7000円/スパッカ ネアポリス、靴12万5000円/エンツォ ボナフェ(以上ビームス 六本木ヒルズ)</small></p>

オレンジ、ブラウン基調の暖色系で統一感を。近年、このような幾何学柄をあしらったタイも多く展開されるが、ともするとタイの柄が主張しすぎるため、トーンを揃えたり、柄入りのシャツを合わせたりすることで、タイの主張を適度に和らげている。足元に濃いブラウンを持ってくることで全体を引き締めている。
シャツ2万6000円/マリア サンタンジェロ、タイ1万6000円/ホリデー&ブラウン、チーフ7000円/スパッカ ネアポリス、靴12万5000円/エンツォ ボナフェ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

<p>黒×ブラウンは近年のトレンド。シンプルな色合わせだが、モードな印象も醸し出せる。首元が寂しい場合にはスカーフを一捻りして巻くと効果的。スーツとニットが無地なだけに、首元にさりげなく柄を持ってくることで、アクセントとなり、全体に洒落感が増す。スーツはモヘア混でシャリ感のある生地だが、ハイゲージのニットを合わせることで、全体に上品さが加わる。<br />
<small>ニット2万8000円/ジョン スメドレー、スカーフ1万8000円/ジエレ、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ)</small></p>

黒×ブラウンは近年のトレンド。シンプルな色合わせだが、モードな印象も醸し出せる。首元が寂しい場合にはスカーフを一捻りして巻くと効果的。スーツとニットが無地なだけに、首元にさりげなく柄を持ってくることで、アクセントとなり、全体に洒落感が増す。スーツはモヘア混でシャリ感のある生地だが、ハイゲージのニットを合わせることで、全体に上品さが加わる。
ニット2万8000円/ジョン スメドレー、スカーフ1万8000円/ジエレ、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

<p>インナーのオレンジが効いている暖色系のコーデ。カジュアルなスタイルゆえ、足元もビットローファーで抜け感を。最近は、春夏でもスエード素材を合わせることが一般的に。このポロシャツのように襟が大きく台襟がない場合は、襟をあえてジャケットの外に出して、イタリア的クラシックなムードを漂わすのも手だ。<br />
<small>ポロシャツ2万6000円/グランサッソ、靴3万4000円/イルモカシーノ(以上ビームス 六本木ヒルズ)</small></p>

インナーのオレンジが効いている暖色系のコーデ。カジュアルなスタイルゆえ、足元もビットローファーで抜け感を。最近は、春夏でもスエード素材を合わせることが一般的に。このポロシャツのように襟が大きく台襟がない場合は、襟をあえてジャケットの外に出して、イタリア的クラシックなムードを漂わすのも手だ。
ポロシャツ2万6000円/グランサッソ、靴3万4000円/イルモカシーノ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

<p>こちらも、黒×ブラウンの色合わせでストイックでモードな印象を醸し出している。ボーダーニットを合わせることで、よりカジュアルに、さらにフレンチアイビーの雰囲気も漂わせる。ざらっとした質感の生地のスーツゆえに、こうしたカジュアルな着こなしにも違和感なく合わせることができる。ボーダーのピッチが狭ければ、無地感覚で着られるので、エントリーにはオススメ。<br />
<small>ニット1万5000円/ルトロワ、靴7万6000円/ボードイン アンド ランジ(以上ビームス 六本木ヒルズ)</small></p>

こちらも、黒×ブラウンの色合わせでストイックでモードな印象を醸し出している。ボーダーニットを合わせることで、よりカジュアルに、さらにフレンチアイビーの雰囲気も漂わせる。ざらっとした質感の生地のスーツゆえに、こうしたカジュアルな着こなしにも違和感なく合わせることができる。ボーダーのピッチが狭ければ、無地感覚で着られるので、エントリーにはオススメ。
ニット1万5000円/ルトロワ、靴7万6000円/ボードイン アンド ランジ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Aug. VOL.313

8

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop