「バタク」のスーツ、その貴族的な美しさの秘密とは?

bool(false)
Facebook
Twitter

スーツ好きにとってビスポークテーラーは究極の到達点だが、日本に数ある名店の個性をしっかり把握できているだろうか?あなたにとって最高に“特別な一着”を仕立てるために、各テーラーのスペシャリテ(=得意技)をおさらいしてみよう。

BATAK / バタク
全身に品格を宿したノーブルな仕立て

BATAK
【1】丸みが絶品なショルダーライン 【2】実は非常に柔らかな仕立て 掲載のスーツ42万円。ビスポーク20万円~〈納期約2ヶ月~〉(バタク日比谷)※スーツ以外のコーディネートアイテムは、すべてスタッフ私物です。

    中寺 広吉さん 【BATAK】
    中寺 広吉さん


バタクといえばブリティッシュスタイルの体現者、そう思っている方が大多数なのではないだろうか。

もちろんそれは間違いではないのだが、実際に袖を通すと、鎧のような英国スーツとは全く違う、驚くほど柔らかな仕立てに目から鱗が落ちるだろう。

そして目を奪われるのは、一分の隙もないほどに洗練された貴族的な美しさ。丸みのある肩やドレープの入るゆったりとした胸部など、端正さと穏やかさが見事に同居している。



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2020年1・2月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jun. & Jul. VOL.312

5

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

SmartNews
今月の読者プレゼント
Sustaina
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop