こんなジャケットなら、旬の「フレンチシック」な気分を纏える【名作予報】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

“これは絶対名作になる!”というヒット確実な名作の”たまご”たちを編集部員が徹底討論。

オルビウムのアトリエジャケット

芸術家の佇まいを纏う

オルビウムのアトリエジャケット


肩肘張らずに羽織れて即今らしいムードに

樗澤広樹 樗澤 ボク、こういうテーラードとワークの中間的なジャケットが大好物なんです。この2着はとくに独特の雰囲気があっていいな。


伊澤一臣 伊澤 ヨーロッパの芸術家たちがかつてアトリエ作業時に着ていた上着をイメージソースにしているらしいよ。実際パターンは’50~’60年代のワークやガーデナージャケットなどを参考にするそう。


樗澤広樹 樗澤 なるほど。確かに昔のフランスの画家などの写真をみるとこんな形の上着をなにげなく羽織ってますね。おっ!着心地もいい。


伊澤一臣 伊澤 芯材を使わないアンコン仕立てだからね。あと生地の風合いもいいんだよ。ともに二重織素材で適度な厚みをもちながら、肌ざわりがとてもソフト。


樗澤広樹 樗澤 ますます欲しくなりました。ボクなら軍パンやデニムを合わせて着たいです。それだけで旬のフレンチシックな気分を纏えそう。


伊澤一臣 伊澤 細身のニットタイでタイドアップしても似合うんじゃない?いずれにしろ新鮮なJKスタイルを模索中の人にはおすすめだね。



今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Winter VOL.329

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop