「旬のコーデュロイスーツ」着こなし実例をビームス中村さんが伝授!

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1128917) ["id"]=> int(1128917) ["title"]=> string(28) "c_fashion_191215_nakamura_02" ["filename"]=> string(32) "c_fashion_191215_nakamura_02.jpg" ["filesize"]=> int(88454) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_02.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1128910/c_fashion_191215_nakamura_02" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "c_fashion_191215_nakamura_02" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1128910) ["date"]=> string(19) "2019-11-22 03:30:31" ["modified"]=> string(19) "2019-11-22 03:31:21" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_02.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_02.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_02.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_02.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(522) "

Monotone Style
「黒に近い紺のコーデュロイスーツは、旬のモノトーンスタイルでまとめるとよいでしょう。ニットはグレーに近いトーンのある黒を選び、少し柔らかい印象にしています。極力ミニマルにまとめるのもコツ。」
スーツ13万6000円/ラルディーニ、ニット2万円/ビームスF、靴7万円/パラブーツ

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1128919) ["id"]=> int(1128919) ["title"]=> string(28) "c_fashion_191215_nakamura_03" ["filename"]=> string(32) "c_fashion_191215_nakamura_03.jpg" ["filesize"]=> int(95142) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_03.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1128910/c_fashion_191215_nakamura_03" ["alt"]=> string(27) "コーデュロイスーツ" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "c_fashion_191215_nakamura_03" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1128910) ["date"]=> string(19) "2019-11-22 03:33:35" ["modified"]=> string(19) "2019-11-22 03:34:12" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_03.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_03.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_03.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_03.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(537) "

Yellow Turtle Neck Style
「ニットを合わせる場合、濃色だと昔っぽく見えてしまう危険あり。イエローなど明るい色を差すのがおすすめです。ほかにはオレンジやボルドーなども◎。靴は表革よりスエード素材がベターです。」
スーツ14万7000円/ドレイクス、ニット2万5000円/グランサッソ、靴2万9000円/ポル
ペッタ

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1128920) ["id"]=> int(1128920) ["title"]=> string(28) "c_fashion_191215_nakamura_04" ["filename"]=> string(32) "c_fashion_191215_nakamura_04.jpg" ["filesize"]=> int(92704) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_04.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1128910/c_fashion_191215_nakamura_04" ["alt"]=> string(27) "コーデュロイスーツ" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "c_fashion_191215_nakamura_04" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1128910) ["date"]=> string(19) "2019-11-22 03:34:26" ["modified"]=> string(19) "2019-11-22 03:34:32" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_04.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_04.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_04.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/c_fashion_191215_nakamura_04.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(684) "

Dress Up Style
「コーデュロイスーツをタイドアップするなら今季注目のオレンジを効かせてアップデート。チーフにもオレンジを取り入れています。シャツはツイルなど素材感あるものを合わせるのがオススメです。」
スーツ27万円/スティレ ラティーノ、シャツ2万5000円/エリコ フォルミコラ、タイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ7000円/ペトロニウス、靴6万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

【BEAMS中村達也の先取り上手のリアルスタイル・前編】

“次”を知りつつ振り回されない、トレンドとの賢い付き合い方を、大人の装いのご意見番、中村氏が伝授。

《今月のテーマ》 コーデュロイスーツ

まずはじめに知っておくこと

ここ数年続く英国調トレンドの中で、コーデュロイスーツは昨年に引き続き注目株。この秋冬は仕立てやデザインのバリエーションがいっそう幅広くなっています。伝統的なアイテムだけに、いかに懐古的に見せない装いを築けるかがポイントです(中村さん)



STILE LATINO / スティレ ラティーノ

柔らかなナポリ仕立てと英国ムード濃厚なコーデュロイ素材というマッチングが新鮮な一着。チェンジポケットやサイドアジャスターパンツなどディテールも英国的。

スティレ ラティーノ
27万円(ビームス 六本木ヒルズ)


<p><span style=Monotone Style
「黒に近い紺のコーデュロイスーツは、旬のモノトーンスタイルでまとめるとよいでしょう。ニットはグレーに近いトーンのある黒を選び、少し柔らかい印象にしています。極力ミニマルにまとめるのもコツ。」
スーツ13万6000円/ラルディーニ、ニット2万円/ビームスF、靴7万円/パラブーツ

">

Monotone Style
「黒に近い紺のコーデュロイスーツは、旬のモノトーンスタイルでまとめるとよいでしょう。ニットはグレーに近いトーンのある黒を選び、少し柔らかい印象にしています。極力ミニマルにまとめるのもコツ。」
スーツ13万6000円/ラルディーニ、ニット2万円/ビームスF、靴7万円/パラブーツ

<p><span style=Yellow Turtle Neck Style
「ニットを合わせる場合、濃色だと昔っぽく見えてしまう危険あり。イエローなど明るい色を差すのがおすすめです。ほかにはオレンジやボルドーなども◎。靴は表革よりスエード素材がベターです。」
スーツ14万7000円/ドレイクス、ニット2万5000円/グランサッソ、靴2万9000円/ポル
ペッタ

">

Yellow Turtle Neck Style
「ニットを合わせる場合、濃色だと昔っぽく見えてしまう危険あり。イエローなど明るい色を差すのがおすすめです。ほかにはオレンジやボルドーなども◎。靴は表革よりスエード素材がベターです。」
スーツ14万7000円/ドレイクス、ニット2万5000円/グランサッソ、靴2万9000円/ポル
ペッタ

<p><span style=Dress Up Style
「コーデュロイスーツをタイドアップするなら今季注目のオレンジを効かせてアップデート。チーフにもオレンジを取り入れています。シャツはツイルなど素材感あるものを合わせるのがオススメです。」
スーツ27万円/スティレ ラティーノ、シャツ2万5000円/エリコ フォルミコラ、タイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ7000円/ペトロニウス、靴6万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

">

Dress Up Style
「コーデュロイスーツをタイドアップするなら今季注目のオレンジを効かせてアップデート。チーフにもオレンジを取り入れています。シャツはツイルなど素材感あるものを合わせるのがオススメです。」
スーツ27万円/スティレ ラティーノ、シャツ2万5000円/エリコ フォルミコラ、タイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ7000円/ペトロニウス、靴6万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Sep. VOL.314

9

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop