「カジュアルパンツの裾」仕上げ方で印象はどう変わる?

Facebook
Twitter
「カジュアルパンツの裾」仕上げ方で印象はどう変わる?

誰でも簡単にお洒落になれるテクを実践!【Style UP Trial #10】
休日パンツの「裾仕上げ」は何が正解?

スーツやウールパンツの裾仕上げといえば、裾が二重になった「ダブル」にするのがお約束。しかし、カジュアルパンツの場合はどう仕上げるのが正解なのだろうか? 大別してパンツの裾仕上げには「シングル」「タタキ」「ダブル」の3種類があり、お洒落な人はパンツの素材やシルエットに合った仕上げを使い分けている。では、その基準とは? 今季トレンドのコーデュロイパンツ3本を例にとって、比較しながら試してみよう。

パンツの裾上げ
<p><b>ドレス感の高い「シングル」</b><br />最もシンプルな裾仕上げが「シングル」。フォーマルウェアのパンツにも使用されるだけあり、3種類中で最もドレス感の高い見た目となる。通常、コットンパンツにはあまり用いない仕上げだが、生地が厚いコーデュロイの場合、裾をすっきりと見せるためにシングルを用いることも。プリーツとセンタークリースがしっかり入った細身のパンツなど、テーラードな仕立てのものと好相性だ。コーデュロイスーツの組下にも◎。</p>

ドレス感の高い「シングル」
最もシンプルな裾仕上げが「シングル」。フォーマルウェアのパンツにも使用されるだけあり、3種類中で最もドレス感の高い見た目となる。通常、コットンパンツにはあまり用いない仕上げだが、生地が厚いコーデュロイの場合、裾をすっきりと見せるためにシングルを用いることも。プリーツとセンタークリースがしっかり入った細身のパンツなど、テーラードな仕立てのものと好相性だ。コーデュロイスーツの組下にも◎。

<p><b>カジュアルな雰囲気の「タタキ」</b><br />5ポケットパンツやチノパンの仕上げとしてお馴染みなのがこちら。シングルと似ているが、こちらはステッチが入るぶんカジュアルな印象に見えるのがポイント。コーデュロイの場合も、最も無難な仕上げといえる。お洒落にこだわりのある人は、タタキの幅(裾から何センチのところにステッチを入れるか)を細かく指定する場合も。標準的なタタキ幅は2.5cm程度だが、これを広くするとややカジュアルな見た目となる。</p>

カジュアルな雰囲気の「タタキ」
5ポケットパンツやチノパンの仕上げとしてお馴染みなのがこちら。シングルと似ているが、こちらはステッチが入るぶんカジュアルな印象に見えるのがポイント。コーデュロイの場合も、最も無難な仕上げといえる。お洒落にこだわりのある人は、タタキの幅(裾から何センチのところにステッチを入れるか)を細かく指定する場合も。標準的なタタキ幅は2.5cm程度だが、これを広くするとややカジュアルな見た目となる。

<p><b>きちんと感が上がる「ダブル」</b><br />スーツやウールパンツにおいてはスタンダードな「ダブル」。歴史的にはシングルに比べるとスポーティな仕上げとされるが、現代の目線で見ると“きちんと感”の高い印象となる。生地に厚みのあるコーデュロイパンツの場合、裾がボッテリ見えるとして昔はNGといわれていた。しかし昨今はアクセントとしてダブルをあえて選択するケースも増えてきている。ダブルの幅はドレスパンツと同様、3.5~4.5cmが標準。</p>

きちんと感が上がる「ダブル」
スーツやウールパンツにおいてはスタンダードな「ダブル」。歴史的にはシングルに比べるとスポーティな仕上げとされるが、現代の目線で見ると“きちんと感”の高い印象となる。生地に厚みのあるコーデュロイパンツの場合、裾がボッテリ見えるとして昔はNGといわれていた。しかし昨今はアクセントとしてダブルをあえて選択するケースも増えてきている。ダブルの幅はドレスパンツと同様、3.5~4.5cmが標準。

<p><b>シングルは足元がすっきり見える</b><br />ドレス感の高いシングル仕上げは、着用時の雰囲気もすっきりとミニマルに。こちらのような細身のパンツと好相性だ。1点注意としては、パンツ丈とのバランス。シングルで丈が長すぎると、ややだらしない印象に見えてしまう危険がある。ソックスが覗くくらいの短め丈に設定するといいバランスだ。</p>

シングルは足元がすっきり見える
ドレス感の高いシングル仕上げは、着用時の雰囲気もすっきりとミニマルに。こちらのような細身のパンツと好相性だ。1点注意としては、パンツ丈とのバランス。シングルで丈が長すぎると、ややだらしない印象に見えてしまう危険がある。ソックスが覗くくらいの短め丈に設定するといいバランスだ。

<p><b>タタキ仕上げはベーシックな印象</b><br />最もスタンダードなタタキ仕上げの場合、着用時の印象もベーシックに。写真のようなワイドパンツにも合うし、もちろん細身のパンツにもOKだ。個性的ではないが、どの仕上げにするか迷ったらタタキを選んでおけば間違いないだろう。</p>

タタキ仕上げはベーシックな印象
最もスタンダードなタタキ仕上げの場合、着用時の印象もベーシックに。写真のようなワイドパンツにも合うし、もちろん細身のパンツにもOKだ。個性的ではないが、どの仕上げにするか迷ったらタタキを選んでおけば間違いないだろう。

<p><b>ダブルにすると裾のボリューム感がアップ</b><br />裾部分が二重になるダブル仕上げは、やはり裾がボリューミーに見える。そのぶん目を引く印象だが、ボテっと見えないよう注意が必要。裾幅の太いパンツを選び、裾をやや短めにしたりするとメリハリがついてバランスがよい。</p>

ダブルにすると裾のボリューム感がアップ
裾部分が二重になるダブル仕上げは、やはり裾がボリューミーに見える。そのぶん目を引く印象だが、ボテっと見えないよう注意が必要。裾幅の太いパンツを選び、裾をやや短めにしたりするとメリハリがついてバランスがよい。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Mar. VOL.309

3

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop