大相撲7月場所・新入幕を果たした千賀ノ浦部屋の貴源治に注目!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

>> この記事の先頭に戻る

貴景勝と貴源治の5月場所〜7月場所

■貴景勝
(5月場所)
大関デビューした貴景勝が2勝1敗で迎えた4日目の御獄海戦。直近の対戦で5連敗していた御獄海に白星をあげたものの、右ヒザを負傷してしまい翌日から休場。4日後に強行出場しましたが碧山に負け、再休場となってしまいました。

(7月場所)
カド番がかかっていましたが、休場することが決まりました。貴景勝の悔しさは計り知れませんが、相撲人生を見据えた決断をしてくれたこと、本当によかったと思います。怪我をしっかり治し、また力強い押し相撲を見せてくれる日を楽しみにしています。

■貴源治

十両・貴源治
力士の中でも長身ですが、時折あどけない表情を見せる貴源治。

(5月場所)
東十両2枚目の貴源治は初日から10連勝。幕内力士からも白星をあげ、13勝2敗で人生初の各段優勝を飾りました。そして、双子の兄で西幕下2枚目の貴ノ富士も7戦全勝で幕下優勝。非常にめずらしい、双子の同場所優勝となったのです!! 
貴源治は身長191cm、172kgと恵まれた体格。趣味はトレーニングというだけあって、引き締まったきれいな体をしています。5月場所は、以前にも増してパワーがつき、押し込まれても相手の動きをよく見て冷静に対応。取組を観ていて思わず「強い!」と言ってしまうほど成長してしいました。

(7月場所)
7月場所はいよいよ幕内に昇進! 7月場所の新入幕は貴源治ただ一人で、幕内中位とも当たる番付です。7月7日の初日、幕内デビュー戦は錦木を寄り切りで下し白星発進。とても調子が良さそうです! 

余談ですが……中学時代は双子の兄・貴ノ富士と共にバスケットボールに打ち込み、茨城県の公立中学のバスケ部で全国大会に出場し活躍していたという貴源治。先日、NBAのドラフト会議で日本人選手として初の1巡指名を受け話題となった、あの八村塁さんと対戦した経験も。さらに、八村さんから「同じ高校に行こう」と誘いも受けていたそうです。運動神経抜群なんですね!

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.335

Autumn

  1. 3
4
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop