寛ぎつつセンス◎な「休日トップス」は?

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

上司と部下のコンサバ 二人舞台 —「今」な王道スタイル1週間—

コンサバ手帖「上司と部下のコンサバ 二人舞台」シリーズ



ボーダートップスを着た上司

着慣れたボーダー、来慣れた空間、のはずが

何枚ボーダー持ってるのと妻に冷やかされるが、それでも欲しくなるから不思議だ。このアナトミカは、素朴な肌触りの米国綿とサイドシームのない丸胴仕様がすこぶる快適。今夜は妻が出張で不在。ふらりと入ったバーで一杯やっていたら、あの部下が入ってきた! 普段ならそそくさと出るところだが、酔いに任せて一緒に飲む流れに。じっくり話すとなかなか気のいいやつだ。思いのほか盛り上がり、つい深酒。後半の記憶が曖昧だ……。

上司:Tシャツ1万1000円/アナトミカ(アナトミカ 東京) ジャケット5万5000円/ブライスランズ(ブライスランズ&コー) スカーフ9000円/アット ヴァンヌッチ(レガーレ) 時計49万円/ IWC(IWC) 
スエードアウターを着た部下

マイ定番のスエードで一人飲み、のはずが

ソフトで高級感もあるスエードアウターは休日のマイ定番なのだが、今年はさらに一着買い足した。エンメティのトラッカージャケットはしっとりと柔らかなゴートスエードが着心地抜群で、寛ぎたいときに絶好だ。では気分よく馴染みのバーへ……と店に入ったら、上司とバッタリ! 折角なのでと隣へ座ると、いつになく饒舌。酒が入ると面白い人だな。生え抜き社員ならではの昔話も面白く、気付けば深夜に。ちょっと飲みすぎたなぁ。

部下:ブルゾン12万5000円/エンメティ(インテレプレ) ニット12万1000円/ガブリエレパジーニ(ストラスブルゴ) Tシャツ1万5000円/サンスペル(サンスペル 表参道店)

関連記事:
「〇〇〇〇」シャツが、休日スタイルの格上げ新戦力に!【Pitti 95 レポート ♯06】



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2019年3月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop