「〇〇〇〇時計ベルト」が、スーツの腕元を軽快にする!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

必要なものを最低限、その中でいかにセンスを光らせるか。首元、手首、足首こそ、実はお洒落センスが問われるスタイルの魅せ場。3つの勘所を押さえた、平成男の遊びのセンスを盗め。

平成男の最終章とは……
手首のテイストミックスがスーツ姿をリラクシングに見せる武器になった

ただ堅苦しいだけの仕事スタイルから一歩進んで、ヌケ感を楽しめるようになった現代のビジネスシーン。ネイティブ&ミリタリー要素を手首に散らすことで、程よいリラックス感が生まれる。

スーツに「ナイロン時計ベルト」で軽快さをチラッと

スーツに「ナイロン時計ベルト」で軽快さをチラッと
時計〈スタイリスト私物〉

ドレス時計でこそ生きるナイロンの軽やかさ

ブレスレットと並び、手首を飾るアクセサリーといえば時計ベルトだ。ナイロンストラップ感覚で、どんな時計でも手軽にミリタリーの雰囲気をプラスできる。

手首の演出も日替わりで

手首の演出も日替わりで
各2000円(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

ミリタリーはもちろん、トラッド風な雰囲気も加えられると人気のこちら。カラフルなストライプ柄のナイロン製時計ベルトは、ほとんどの時計に使える16mm幅。ベルト穴が9個開いているので長さの調節も簡単だ。



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2019年1月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop