エルメネジルド ゼニア、独自開発素材の今季イチオシはこの2つ!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

様々な人生経験を積み、多くの服に袖を通してきた男が「嗜好」する服やモノとは、何だろうか。身に纏い同じ時を過ごすことで、そこに何を「思考」するのだろうか。王道の男が「シコウ」する本物に迫る。



エルメネジルド ゼニアで嗜好する本物とは—
独創される”ナチュラル”

世界屈指の名門ミルを経営する、「エルメネジルド ゼニア」。ランウェイを賑わすモードメゾンにして、クラシック好きの紳士からも愛される希有なブランドだが、その物作りの礎にあるのは、やはり天然素材だ。たとえばジャケットは、軽快な仕立てで生地のファインタッチが最大限に引き出される。自社の素材の魅力を最もよく知るのはブランド自身なのだ。

素材自体の開発にも余念がない。今季は、創業地トリヴェロの自然の色合いを天然染料のみを用いて表現した「オアジ カシミア」が登場。革を織って特許技術により布にした「ペッレ テスータ」コレクションも、充実を見せる。エルメネジルド ゼニアのワードローブ、それは素材からして独創的なクリエイションなのだ。



艶やかさとしなやかさが生む、至高のエレガンス
カシミア シルク ジャケット

カシミア シルク ジャケット
ジャケット36万4000円、ニット11万4000円、パンツ5万8000円/以上エルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス) チーフ〈スタイリスト私物〉

ほんのり起毛したその生地は、カシミアへわずかにシルクを混紡したもの。カシミアの柔らかさと銀のようなシルクの光沢が相まって生まれる、優雅な表情に引き込まれる。そしてジャケットの軽やかな仕立てが、素材の魅力を一層際立たせるのだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jun. & Jul. VOL.312

5

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop