休日服は「生地にこだわってオーダー」するのが究極の贅沢!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

ジャストフィットが命のスーツならいざしらず、くつろぎの休日に着る服をオーダーで誂えるなんて贅沢すぎる?いや、既製にない生地を選べるオーダーなればこその絶対価値が、そこにはあるのだ。



\ 革でもオーダーが可能 /

THE CLOAKROOM
ザ・クロークルームのクラシックボンバーJK

ザ・クロークルームのクラシックボンバーJK
左14万円、右28万円〈以上オーダー参考価格〉

高級服地でブルゾンを誂える

ミリタリーウェアの上品アレンジは昨今ファッションにおける王道のアプローチだが、「ザ・クロークルーム」のクラシックボンバーJKは、極めつきの存在といえる。何せ素材は、スーツに用いられる最高級の服地やレザーから選ぶことが可能。写真左側の一着はドーメル社「エクセル」のウールストレッチを使用したもので、ご覧の通り、一目で上質とわかるラグジュアリーな光沢感に満ちているのだ。右のラムスエードの一着に漂う高級感もやはり、既製品とは格が違う。オーダースーツを扱うテーラーの一着ゆえ、ジャストフィットも言うに及ばずだ。オーダー価格は10万円〜、納期1〜1ヶ月半。

ドーメルエクセル

スーツやジャケット用の生地で仕立てられる

ドーメルエクセルを使用。写真右の一着に用いたのは、紺と青の2色の糸からなる発色美しいウール地。ドレス用の多彩な生地を選択可能だ。


仮縫いにも対応

仮縫いにも対応!

ビスポークスーツを扱う同店らしく、仮縫いサービスも。右の写真がその仮縫いボディ。一度製作したサンプルを元に細かな修正を図るため、より理想的なフィットが実現する。仮縫い付きは、納期+半月ほど。


キルティングJKもオーダーできる

キルティングJKもオーダーできる

冬場活躍するキルティングJKをオーダーできる、これまた贅沢なサービスも展開。写真はしっとりした艶感の羊革で仕立てたもの。シンプルにして圧倒的なオーラを放つ。価格は33万円〜、納期約2ヶ月。写真の一着は33万円〈オーダー参考価格〉



THE CLOAKROOM TOKYO
代表取締役 島田雅史さん

島田雅史さん

スーツの生地は実用性が高いんです

「やっぱりスーツの生地っていいですよね。高級感はもとより耐久性も意外に高いので、ボンバーJKでも使いました。これぞ品と実用性を備えた大人の休日着です」


THE CLOAKROOM TOKYO

住所:東京都中央区銀座7-10-5 ランディック第3銀座ビル5階
TEL:03-6263-9976
営業時間:12時30分〜19時
定休日:月曜日
※完全予約制 https://thecloakroom.jp/

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop