週始めの月曜日。堅すぎないタイドアップで! 週始めの月曜日。堅すぎないタイドアップで!

男の格を上げる財布は、4大メゾンの「あの柄」に限る!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
いろいろ経験した結果の原点回帰

いろいろ経験した結果の原点回帰

ブランドを主張するアイコン性の高い革小物は敬遠してきた人も多いかもしれない。しかし、今の装いはクラシック回帰の一途。それと同時に、ロゴなどのアイコン性がトレンドになっている。毎日使う財布のような革小物ぐらいは、あえて一流メゾンの原点ともいえる”華”を加えてみよう。ちょっとした意外性と格上のステイタス性が、男としての奥行きもぐっと深めてくれるはずだ。

<span style=font-size:1.1em;><strong>LOUIS VUITTON</strong></span><br /><strong>ルイ・ ヴィトンのモノグラム・ キャンバス</strong><br /><br /><strong>'モノグラム'の絶対王者はキャラ立ちしてもクール</strong><br />'ダミエ'や'エピ'も人気だが、ルイ・ヴィトンを象徴するモチーフといえば、1896年に商標登録された、イニシャルと花と星を掛け合わせた'モノグラム'に尽きる。当時のモダニズムを反映した世界一有名なアイコンに怯む人もいるかもしれないが、普段は鞄などにしまい会計時のみ取り出す財布なら、このくらいキャラ立ちしていたほうがかえってセンスよく見える。しかもルイ・ヴィトンを代表するこのモノグラム・キャンバスは、軽量ながら非常に堅牢。いつまでもキリッと端正な形を維持する点も一流の男の持ち物に相応しい。<br /><span style='font-size:0.8em;'>左:二つ折り財布。縦9×横11.5cm。5万1000円 右:長財布。縦19×横10cm。6万5000円(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)</span>

LOUIS VUITTON
ルイ・ ヴィトンのモノグラム・ キャンバス

'モノグラム'の絶対王者はキャラ立ちしてもクール
'ダミエ'や'エピ'も人気だが、ルイ・ヴィトンを象徴するモチーフといえば、1896年に商標登録された、イニシャルと花と星を掛け合わせた'モノグラム'に尽きる。当時のモダニズムを反映した世界一有名なアイコンに怯む人もいるかもしれないが、普段は鞄などにしまい会計時のみ取り出す財布なら、このくらいキャラ立ちしていたほうがかえってセンスよく見える。しかもルイ・ヴィトンを代表するこのモノグラム・キャンバスは、軽量ながら非常に堅牢。いつまでもキリッと端正な形を維持する点も一流の男の持ち物に相応しい。
左:二つ折り財布。縦9×横11.5cm。5万1000円 右:長財布。縦19×横10cm。6万5000円(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

<span style=font-size:1.1em;><strong>HERMES</strong></span><br /><strong>エルメスのベアン</strong><br /><br /><strong>静かに、されどしたたかにHバックルが所有者を輝かせる</strong><br />ヨーロッパの貴族階級の寵愛を受けた高級馬具工房を出自とするだけに、エルメスのレザーは昔から別格。こだわり抜いた素材を卓越した職人の技で仕上げており、これが語らずして最上質の革を扱うメゾンであることを主張するポイントになっている。ご覧の財布も上着の内ポケットに入るスリムかつシンプルなデザインながら、'ヴォー・エプソン'と呼ばれる繊細な型押し革の美しさは歴然。柔らかいのにしっかりハリをたたえ、ドレッシーな格調を高めている。そこにシルバーのH金具をさりげなくあしらい、チャーミングなアクセントとしたセンスも心憎い。縦9×横17.5cm。<br /><span style='font-size:0.8em;'>30万8000円(エルメスジャポン)</span>

HERMES
エルメスのベアン

静かに、されどしたたかにHバックルが所有者を輝かせる
ヨーロッパの貴族階級の寵愛を受けた高級馬具工房を出自とするだけに、エルメスのレザーは昔から別格。こだわり抜いた素材を卓越した職人の技で仕上げており、これが語らずして最上質の革を扱うメゾンであることを主張するポイントになっている。ご覧の財布も上着の内ポケットに入るスリムかつシンプルなデザインながら、'ヴォー・エプソン'と呼ばれる繊細な型押し革の美しさは歴然。柔らかいのにしっかりハリをたたえ、ドレッシーな格調を高めている。そこにシルバーのH金具をさりげなくあしらい、チャーミングなアクセントとしたセンスも心憎い。縦9×横17.5cm。
30万8000円(エルメスジャポン)

<span style=font-size:1.1em;><strong>GUCCI</strong></span><br /><strong>グッチのウェブGGスプリームキャンバス</strong><br /><br /><strong>3点攻めの濃い口が思わぬ'ツキ'を呼ぶ</strong><br />創設者のイニシャルであるGGパターンを配したコーティングキャンバスに、1950年代から続くアイコン、グリーン・レッド・グリーンのウェブストライプをあしらい、さらに1970年代の同社製品によく見られたビー(蜂)のゴールド刺繍もあり。と、アイコニックなモチーフを3つも取り入れた、ある意味とても欲張りなジップアラウンドウォレットだ。ここまで'盛って'いながら、ベースカラーの優しいベージュや軽快なキャンバス素材により、過剰な押し出し感は薄く、むしろノーブルさを漂わせる仕上がりなのがさすが。ちなみに蜂はヨーロッパでは幸運の象徴。周囲の視線とともに'ツキ'までキャッチしたい人におすすめである。縦10×横19×マチ2.5cm。<br /><span style='font-size:0.8em;'>7万8000円(グッチ ジャパン)</span>

GUCCI
グッチのウェブGGスプリームキャンバス

3点攻めの濃い口が思わぬ'ツキ'を呼ぶ
創設者のイニシャルであるGGパターンを配したコーティングキャンバスに、1950年代から続くアイコン、グリーン・レッド・グリーンのウェブストライプをあしらい、さらに1970年代の同社製品によく見られたビー(蜂)のゴールド刺繍もあり。と、アイコニックなモチーフを3つも取り入れた、ある意味とても欲張りなジップアラウンドウォレットだ。ここまで'盛って'いながら、ベースカラーの優しいベージュや軽快なキャンバス素材により、過剰な押し出し感は薄く、むしろノーブルさを漂わせる仕上がりなのがさすが。ちなみに蜂はヨーロッパでは幸運の象徴。周囲の視線とともに'ツキ'までキャッチしたい人におすすめである。縦10×横19×マチ2.5cm。
7万8000円(グッチ ジャパン)

<span style=font-size:1.1em;><strong>BOTTEGA VENETA</strong></span><br /><strong>ボッテガ・ヴェネタのイントレチャート</strong><br /><br /><strong>クオリティを物語るのはロゴではなく技術力</strong><br />ロゴを一切使わないのに、ブランドを雄弁に物語る。それがボッテガ・ヴェネタの十八番とするイントレチャートの革小物だ。こちらはカーフレザーに短冊状に切れ込みを入れ、1本1本適切なテンションを保ちながら編み込んだもの。そこには門外不出の技術も潜んでおり、継承のため同社は職人養成の学校も備えるほど。その妥協を許さない姿勢は、しっとり滑らかなタッチや、独特のラグジュアリーな風格に表れている。職人を大事にするイタリアの精神風土すら感じさせる逸品だ。<br /><span style='font-size:0.8em;'>左:ラウンドジップ財布。縦10×横19cm。8万7000円 右:二つ折り財布。縦9.5×横11cm。5万1000円(以上ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)</span>

BOTTEGA VENETA
ボッテガ・ヴェネタのイントレチャート

クオリティを物語るのはロゴではなく技術力
ロゴを一切使わないのに、ブランドを雄弁に物語る。それがボッテガ・ヴェネタの十八番とするイントレチャートの革小物だ。こちらはカーフレザーに短冊状に切れ込みを入れ、1本1本適切なテンションを保ちながら編み込んだもの。そこには門外不出の技術も潜んでおり、継承のため同社は職人養成の学校も備えるほど。その妥協を許さない姿勢は、しっとり滑らかなタッチや、独特のラグジュアリーな風格に表れている。職人を大事にするイタリアの精神風土すら感じさせる逸品だ。
左:ラウンドジップ財布。縦10×横19cm。8万7000円 右:二つ折り財布。縦9.5×横11cm。5万1000円(以上ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Nov. VOL.316

11

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop