アルマーニ アルマーニ

ブリオーニのスーツが、「最高の仕立て」といわれる理由【どうしても欲しいスーツ】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

勲章スーツ名鑑
ファッション賢者を魅了する男前ラペル vol.2


クラシックびいきの紳士に愛される、メゾンがある。たとえばブリオーニとトム フォード。クラフツマンシップ溢れる両者のスーツは、ラペルの表情も実に男前だ。象徴的な2モデルの魅力に迫ろう。

\ 高度な手仕事が冴える麗しのラペルロール /


BRIONI
ブリオーニの「ラヴェッロ」

ブリオーニの「ラヴェッロ」
昔ながらの手作業による、無数のハ差しで芯地を据えた8cm幅ラペル。極めてしなやかかつ、エレガントな表情のロールを描く。

生地の繊細さをものともしない最高峰の仕立て技術

BRIONI
スーツ64万6000円、シャツ6万1000円、タイ2万8000円、チーフ1万8000円/以上ブリオーニ(ブリオーニ ジャパン)

こちらは8cmの幅広ラペルと短めレングスを特徴とするシルエット「ラヴェッロ」をベースにした、軽やかにして貫禄溢れるスーツ。クラシックトレンドの昨今、幅の広いラペルは時代の気分を表すものともいえるが、何よりその堂々たる風格は成熟した紳士にこそ似合う。最高峰の職人の手仕事が活きるブリオーニのそれとなれば、なおさらである。

ラペルの表地と芯地がずれることのないよう、ハの字型に無数のステッチを入れることを”ハ差し”というが、ブリオーニはこれをすべて手作業で入れている。このスーツの生地はスーパー150’S原毛を用いた極めて繊細なウールシルク地だが、その悠揚たるラペルロールを見れば仕立て技術の高さも一目瞭然。まさしく勲章として身に纏うに相応しい、最高の仕立てのスーツがここにある。



ファッションエディター
矢部克已さん

「私にとってのブリオーニの貫禄」

「ブリオーニのスーツに袖を通すことは、エグゼクティブの最高峰のスタイルを意味すると思います。極上の服地を使用し、手縫いで仕立てられたそのスーツには、自ずと紳士の貫禄が表れる美しいシルエットと風格が宿るのです」




[MEN’S EX2018年03月号の記事を再構成]
撮影/谷田政史(CaNN)〈人物〉、若林武志〈静物、取材〉、上仲正寿〈取材〉、長尾真志〈取材〉、武蔵俊介〈静物〉、久保田彩子〈静物〉 スタイリング/武内雅英 ヘアメイク/MASAYUK(I The VOICE) 構成・文/伊澤一臣 文/池田保行(04)、秦大輔、間中美希子、吉田 巌(十万馬力) 撮影協力/バックグラウンズ ファクトリー

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop