【企業人の証言】税理士・阿久津隆一さん「第一印象は二度とやってきません」

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

身に着けるものがシャンとしていること。とどのつまり、それは気遣いとマネジメント力とを端的に表すことになる。先達は口を揃えて言う。「靴と服のメンテナンスは、やって損はない」と。

「第一印象は二度とやってきません」

阿久津隆一さん

EY税理士法人
パートナー 税理士
阿久津隆一さん

世界四大会計事務所の1つ、EY税理士法人で最年少エグゼクティブディレクター、現在は現役最年少パートナーを務める。日系上場企業を中心に30社を超える企業の税務顧問を担当する。

印象だけでなく自分自身もマネジメントする

国際的に評価の高い税理士法人にて、パートナーを務める阿久津さん。クライアントからは真のビジネスアドバイザーとして信頼を得ているであろうことは想像に難くない。

そのため心がけているのは、「身だしなみの印象は大事にしています。とくに”第一印象”はその言葉通り、二度とやってきません。そのことに気がついてからは、靴のお手入れひとつとっても漫然とではなく、目的を意識してしっかりとメンテナンスするようになりました。よく見せるための努力は怠らないほうがいいんです」。

ちなみにこの日のスタイルはガットの靴にアントニオ パニコのスーツ、それからルイジ ボレッリのシャツ&タイ。就職祝いにもらったボレッリのシャツがクラシコ好きになるきっかけだったとか。

「せっかくいいモノを手に入れたのなら、しっかりとお手入れしないともったいないですし、モノに対しても失礼じゃないかと思うんです。手入れの行き届いたキレイな靴を履くと、他人への印象だけでなく自分の気持ちも上がります。メンテナンスをしっかりするということは、人に対しても、自分に対しても好影響を与えてくれるんです」。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop