今、このJAPANが面白い! 新世代の「編集力」[2]CANTATE(カンタータ)

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

日本はまだまだ面白い! そう感ぜずにはいられないほど、日本ブランドの現場には新しい動きが始まっている。そこには新世代と呼んでもいい新しい思考回路を持つキーパーソンの存在があり、その求心力に引き寄せられた新旧の叡智が存在する。歴史と伝統を背景にしつつ既成概念を超えた発想と編集力。これからの日本を面白くするのは彼らだと断言したい。さぁ、DISCOVER NEW JAPANの旅へ!

伝統に敬意を評しつつ、新時代のテーラリングに挑む

voice_20171013_cantate_1.jpg

CANTATE【カンタータ】/東京

ディレクターの松島 紳氏がトップブランドの企画・生産を経て2015年にハイファッションブランドとして設立。最高峰の織元、縫製工場と組み日本メイドのテーラリングを追求。ジャケット16万8000円、シャツ3万8000円、パンツ6万6000円(カルネ)

ヴィンテージを愛する松島氏の
細部へのこだわりが最大の魅力となる

細部へのこだわり。それは単にディテールの問題ではない。織元と入念な話し合いを行い、生地の段階から徹底的にこだわり、さらに裁断、縫製も全く手を抜くことなく仕立てられたテーラード。「生地は愛知、裏地は山形、縫製は埼玉といった具合に、最高峰の日本の職人と一緒に物作りをしています」。ヴィンテージに始まり素材への造詣の深さがまずは出発点。さらに着こなしへの独自の視点を盛り込んだこだわりが、一見シンプルだが、着こなすことで最上のパフォーマンスを示すテーラードを生み出しているのだ。



職人技とキーマン(写真2枚)

[MEN’S EX 2017年11月号の記事を再構成]
撮影/ケビン・チャン スタイリング/武内雅英(CODE) 文/長崎義昭、中河由起恵(PARAGRAPH)

※表示価格は税抜き

<b>職人技の集大成的な仕上がりに耽溺する</b></br>ウール100%のsuper140’sをミルド加工したトロンとした極上の素材感。南京玉縁、揉玉、松葉閂など、機械では表現できない手仕事の味わいを持つ内側の仕上げ。着込むほどに身体に馴染む軽い着心地。手間を存分にかけた仕上がりは、スタンダードの究極を表現。

職人技の集大成的な仕上がりに耽溺する
ウール100%のsuper140’sをミルド加工したトロンとした極上の素材感。南京玉縁、揉玉、松葉閂など、機械では表現できない手仕事の味わいを持つ内側の仕上げ。着込むほどに身体に馴染む軽い着心地。手間を存分にかけた仕上がりは、スタンダードの究極を表現。

<b>「他の人が80%で満足するなら、僕は200%を目指したい」(松島 紳さん)</b></br>北海道出身。ヴィンテージに影響を受けファッションの道へ。著名ブランドでの経験を経て現職に。

「他の人が80%で満足するなら、僕は200%を目指したい」(松島 紳さん)
北海道出身。ヴィンテージに影響を受けファッションの道へ。著名ブランドでの経験を経て現職に。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

VOL.318

1・2&3

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop