社長の鞄とその中身を拝見!(トーヨーキッチンスタイル 渡辺孝雄さん)

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

鞄は大切なビジネスパートナー。成功者のバッグは例外なくスタイリッシュだ。エグゼクティブたちの愛用品を拝見。どんなタイプを選び、そこに何を入れているのか。ビジネスに取り組むスタンスが窺える、持ち物選びのこだわりを聞いてみた。

ビジネスで一流を極める人たちの秘密道具、選びの基準とは?

渡辺孝雄さん

トーヨーキッチンスタイル
代表取締役会長 渡辺孝雄さん

2001年に日本で初めてアイランドキッチンを発表し、キッチンから始まるライフスタイルを提案している。70歳を迎える2018年度より代表取締役会長に就任。

エルメス

愛用鞄はエルメス

本社を構える名古屋と東京を往来し、精力的に活躍する渡辺さんの鞄は、上質な素材感と機能性で選ばれたエルメス。「出張が多いのでiPadが入るサイズ感、仕切りが2つあること、傷がつきにくいシボ仕上げなど、実用面を重視しています」。小物も革が中心。クロムハーツ、ブルガリなどデザインのテイストは異なるが、使うほどに増す円熟味は通底している。キッチン以外に一流の家具も扱う会社のオーナーとしても、確かな審美眼と若々しさを併せ持つ持ち主にふさわしい。

<strong>【TOOL1】</strong><br /><br /><span style=font-size:1.1em;><strong>ブランドより使い勝手を優先</strong></span><br />本社は名古屋にあるが、東京や大阪支社、店舗を訪れることも多いため、新幹線用パスケースは常に鞄の中に。「片手で開いてサッとタッチできる便利さが気に入って、香港出張時にふらっと入った雑貨店で購入」

【TOOL1】

ブランドより使い勝手を優先
本社は名古屋にあるが、東京や大阪支社、店舗を訪れることも多いため、新幹線用パスケースは常に鞄の中に。「片手で開いてサッとタッチできる便利さが気に入って、香港出張時にふらっと入った雑貨店で購入」

<strong>【TOOL2】</strong><br /><br /><span style=font-size:1.1em;><strong>ソフトな手触りのクロコ製</strong></span><br />仕事に必携の名刺入れだからこそ、斑が揃った上質なクロコ製で品やクラス感を。「ブルガリで15年前に購入。使い始めはマットな質感でしたが、今では上品な光沢が。時が経つほど、質の良さが伝わり愛着が増します」

【TOOL2】

ソフトな手触りのクロコ製
仕事に必携の名刺入れだからこそ、斑が揃った上質なクロコ製で品やクラス感を。「ブルガリで15年前に購入。使い始めはマットな質感でしたが、今では上品な光沢が。時が経つほど、質の良さが伝わり愛着が増します」

<strong>【TOOL3】</strong><br /><br /><span style=font-size:1.1em;><strong>硬くて丈夫な革のクロムハーツ</strong></span><br />エルメスの鞄から出てきたカードケースは意外にも硬派なクロムハーツ。「レザーとシルバーの組み合わせが気に入っていて、20年以上愛用。革が硬くてタフなので、カード類が折れる心配が少なくて安心なんです」

【TOOL3】

硬くて丈夫な革のクロムハーツ
エルメスの鞄から出てきたカードケースは意外にも硬派なクロムハーツ。「レザーとシルバーの組み合わせが気に入っていて、20年以上愛用。革が硬くてタフなので、カード類が折れる心配が少なくて安心なんです」

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop