芸術家によるヌード表現が伝える"愛と官能の世界"「ヌード NUDE-英国テート・コレクションより」

Facebook
Twitter

「ヌード NUDE-英国テート・コレクションより」

ヌード NUDE-英国テート・コレクションより
オーギュスト・ロダン《接吻》(部分)1901-4年 Tate:Purchased with assistance from theArt Fund and public contributions 1953, image ©Tate, London 2017

展覧会のテーマは「ヌード」。美の象徴・愛の表現として、また、すべての人間の普遍的な興味の対象として西洋の芸術家たちはヌードと向き合い、挑み、魅了されてきた。本展には、そんな崇高でセンセーショナルな絵画、彫刻、版画、写真など約130点が集結する。世界屈指の西洋近現代美術コレクションを誇る英国テートの所蔵作品を中心に、19世紀後半のヴィクトリア朝の神話画から現代までの傑作で、200年におよぶ裸体表現の歴史、その変遷をじっくりと紐解いていく。

フレデリック・ロード・レイトンが神話を題材とし、理想化した裸体。ピエール・ボナールやアンリ・マティスらの、室内の親密なヌードなど、それぞれの時代を代表する芸術家たちの作品が揃う。最大の見所は、男女の愛を永遠にした"最もエロティック"な大理石彫刻、日本初公開のオーギュスト・ロダンの《接吻》だ。大理石の滑らかで艶やかな肌感が、男女の身体の美しさを際立たせ、二人の高まる感情と愛の悦びを伝える。これまで味わったことのない甘美なる陶酔を、この機会に是非。

DATE

「ヌード NUDE-英国テート・コレクションより」
期間:3月24日~6月24日
会場:横浜美術館(神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1)
開館時間:10時~18時(5月11日、6月8日は20時30分まで。入館は閉館の30分前まで)
休館日:木曜、5月7日(5月3日は開館)
料金:一般 1600円ほか
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)



[MEN'S EX2018年03月号の記事を再構成]
文/須永貴子、神山典子 構成・文/甘利美緒

アンリ・マティス《布をまとう裸婦》<br />1936年 Tate: Purchased 1959, image ©Tate, London 2017

アンリ・マティス《布をまとう裸婦》
1936年 Tate: Purchased 1959, image ©Tate, London 2017

ピエール・ボナール《浴室》<br />1925年 Tate:Presented by Lord Ivor Spencer Churchill through the Contemporary
Art Society 1930, image ©Tate, London 2017

ピエール・ボナール《浴室》
1925年 Tate:Presented by Lord Ivor Spencer Churchill through the Contemporary Art Society 1930, image ©Tate, London 2017

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop