【話題の本】『世界のビジネスエリートが身につける教養としてのワイン』

Facebook
Twitter
教養としてのワイン

この一冊で、ワインを語れる一流のビジネスパーソンに! 最強のビジネスツール"ワイン"を学ぶ

ビジネスパーソンが身につけたい世界標準の知識として、特に欧米で重要視されているのがワインだ。「教養としてワインを身につけることは、幅広いジャンルを包括的に学ぶことになります」(「はじめに」より)と、NYクリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍した著者の渡辺氏。ワイン好きなら味やぶどうの品種などの基礎知識はあると思うが、そこから歴史や文化、芸術、ニュースのトピック、経済や投資など、多種多様な分野へと話を掘り下げていけるのがワインの奥深いところで、本書にはその豆知識が多く紹介されている。また、ワイン初心者を対象にした最低限押さえるべきポイントの解説もあり、実に実践的だ。



関連記事:【プロに聞いた】安くて美味しい日本ワイン、どんな料理に合わせるのがいい?

DATA

「ビジネスエリートが身につける教養としてのワイン」
著:渡辺順子
ダイヤモンド社
価格:1600円



※表示価格は税抜き
[MEN'S EX 2019年2月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.306月号

2019

VOL.306

11

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop