難しいベージュジャケットも、こんなシャツタイなら簡単【スーツの着回し1週間チャレンジ!/ラ ガゼッタ 1987編♯3】

Facebook
Twitter

限られたワードローブで、最大限効率的な着回しを考えるシリーズ企画第5弾。今回はラ ガゼッタ 1987のプレス佐々木皓哉さんが、こちらでピックアップした全23アイテムを駆使して平日&休日の一週間コーディネートを披露。11月26日(月)~12月2日(日)の期間、毎日更新する着回し実践例をチェックしよう。(使用する全23アイテムは、こちらを参照

ベージュジャケット×パンツコーデ

トーン・オン・トーンでまとめれば簡単にまとまる

ビジネススタイルは控えめに装うのが基本だが、時には自分を印象付けて"顔を売る"ことが重要な場面もある。そんなときには服装でも個性を演出したいところ。あくまで品よく、かつ没個性にならない装いはどのように築くのが正解だろうか?

「紺、グレーに次ぐ第三の定番色といわれる、ブラウン系のジャケットを活用しましょう。ダブルブレストのブラウンジャケットは一見着こなすのが難しそうなアイテムですが、トーン・オン・トーンを意識すれば意外なほどすんなりまとまります。シャツは柄ものですが、マイクロ柄であることと色みを揃えたことで派手な印象を回避しました。ホワイトパンツは紡毛ウール素材なので、軽快感を演出しつつ秋冬らしい温かみも出せるのがポイント。差し色として合わせたイエローのホーズは、実はタイのイエローストライプとリンクさせています」(ラ ガゼッタ 1987 プレス 佐々木皓哉さん)

下の23アイテムの中から......

アイテムリスト


今回使用したアイテムはこちら(写真6枚)



掲載商品のお問合せ

ラ ガゼッタ 1987 青山店 TEL:03-5468-5330
ラ ガゼッタ 1987 オンラインストア

関連記事一覧: スーツの着回し1週間チャレンジ_ラ ガゼッタ 1987編

撮影/若林武志 スタイリング/宮崎 司 文/小曽根広光

<b>2.サンタニエッロのダブルジャケット</b><br />南伊サレルノの工房で作られる本格仕立て「サルトリアーレ」シリーズのウールジャケット。キャメルカラーの美しい発色と、凹凸のはっきりした畝が並ぶ生地感が特徴的だ。カーブした胸ポケットや肩口にギャザーを寄せた雨降らし袖など南イタリア的な仕立てを基調としつつ、狭めのボタン間隔や小ぶりなラペルなどクリーンな表情も併せ持っている。7万9000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

2.サンタニエッロのダブルジャケット
南伊サレルノの工房で作られる本格仕立て「サルトリアーレ」シリーズのウールジャケット。キャメルカラーの美しい発色と、凹凸のはっきりした畝が並ぶ生地感が特徴的だ。カーブした胸ポケットや肩口にギャザーを寄せた雨降らし袖など南イタリア的な仕立てを基調としつつ、狭めのボタン間隔や小ぶりなラペルなどクリーンな表情も併せ持っている。7万9000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>9.サルヴァトーレ ピッコロのプリント柄シャツ</b><br />コットンポプリンに細かなジオメトリック柄をプリントした、レトロ調な表情がユニークな一枚。仕立てはドレスだが、あえて胸ポケットを付けることでカジュアルな雰囲気をプラスしている。タイドアップしてもノータイでも使いやすいアイテムだ。ベージュがかったボタンもレトロな印象。3万2000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

9.サルヴァトーレ ピッコロのプリント柄シャツ
コットンポプリンに細かなジオメトリック柄をプリントした、レトロ調な表情がユニークな一枚。仕立てはドレスだが、あえて胸ポケットを付けることでカジュアルな雰囲気をプラスしている。タイドアップしてもノータイでも使いやすいアイテムだ。ベージュがかったボタンもレトロな印象。3万2000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>11.サルヴァトーレ ピッコロのストライプタイ</b><br />ウール・シルク・コットン三者混素材によるストライプタイ。ブラウン、オレンジ、イエローといった暖色を用いた柄はヴィンテージ調な趣。渋さのあるVゾーンを作りたいときにうってつけだ。大剣幅は7.5㎝と細めで、裏地なしの仕立て。軽快感のある雰囲気も魅力だ。1万6000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

11.サルヴァトーレ ピッコロのストライプタイ
ウール・シルク・コットン三者混素材によるストライプタイ。ブラウン、オレンジ、イエローといった暖色を用いた柄はヴィンテージ調な趣。渋さのあるVゾーンを作りたいときにうってつけだ。大剣幅は7.5㎝と細めで、裏地なしの仕立て。軽快感のある雰囲気も魅力だ。1万6000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>16.サンタニエッロのホワイトパンツ</b><br />イタリアで350年以上の歴史を誇るヴィターレ・バルベリス・カノニコ社の紡毛ウールを使用。こちらは2インプリーツ&ベルトレスで、英国トラッドな趣の色濃い一本だ。クラシックスポーツを思わせるホワイトウールパンツは、温かみがありつつ気品にあふれた印象。股上浅め、裾幅細めのシルエットで、懐古的に見えないのもいい。3万1000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

16.サンタニエッロのホワイトパンツ
イタリアで350年以上の歴史を誇るヴィターレ・バルベリス・カノニコ社の紡毛ウールを使用。こちらは2インプリーツ&ベルトレスで、英国トラッドな趣の色濃い一本だ。クラシックスポーツを思わせるホワイトウールパンツは、温かみがありつつ気品にあふれた印象。股上浅め、裾幅細めのシルエットで、懐古的に見えないのもいい。3万1000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>19アルトのイエローホーズ</b><br />一見難しそうなビビッドイエローの靴下だが、ブラウン系の淡い色と非常に相性がよく、ボンヤリしがちな茶系コーデをピリッと引き締めてくれる。足元のスパイスとして持っておくと、意外と重宝するアイテムだ。2300円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

19アルトのイエローホーズ
一見難しそうなビビッドイエローの靴下だが、ブラウン系の淡い色と非常に相性がよく、ボンヤリしがちな茶系コーデをピリッと引き締めてくれる。足元のスパイスとして持っておくと、意外と重宝するアイテムだ。2300円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>23.フラテッリ ジャコメッティのタッセルローファー</b><br />プレーントウにつまみ縫いを施してU字のモカを象ったアッパーや、ヒールの継ぎ目を拝み縫いにした縫製など、独創的なデザインが光る一足。もはや通年定番と化したタッセルローファーだが、こんな一足なら周りと差をつけられる。ライニングを袋状に縫い合わせるボロネーゼ製法を採用しており、足を包み込むような履き心地も特徴だ。9万円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

23.フラテッリ ジャコメッティのタッセルローファー
プレーントウにつまみ縫いを施してU字のモカを象ったアッパーや、ヒールの継ぎ目を拝み縫いにした縫製など、独創的なデザインが光る一足。もはや通年定番と化したタッセルローファーだが、こんな一足なら周りと差をつけられる。ライニングを袋状に縫い合わせるボロネーゼ製法を採用しており、足を包み込むような履き心地も特徴だ。9万円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop