小樽のB級グルメをぺろり、日帰りなんてもったいない【札幌・小樽 男のひとり旅】

Facebook
Twitter

小樽名物・かまぼこ工場を見学

タッチの差で工場見学に参加できず、残念
タッチの差で工場見学に参加できず、残念

快晴の空がまぶしい。腹も満ちたことだし、運河沿いを散歩でもしようか。たしか、ブルワリーの「小樽倉庫No.1」では工場見学をやっているはず。のんびり歩いて向かった。しかし、タッチの差でまた逃してしまった。

これではサッポロビール工場の二の舞(詳しくはこちらを参照)。次のツアーまで20~30分もある。

かまぼこのかま栄へ。カフェも併設している
かまぼこの「かま栄」へ。カフェも併設している

「そうだ、『かま栄』に行こう」と再び歩き出す。こちらも小樽の名物で工場見学ができる。以前、訪れた時に見損なっていた。10分ほどのんびりと歩き、到着。

ガラス越しに製造工程を見学できる
ガラス越しに製造工程を見学できる

勝手に見る形式で、ガラス越しに次々と作られている様子がわかる。かまぼこは当初、ちくわの形をしていたとか、ガマの穂がなまってかまぼこになったとか、という知識を仕入れた。

限定の文字に弱く、2個も買ってしまった
限定の文字に弱く、2個も買ってしまった

せっかく来たのだし、ひとつ食べようか。ここで最も有名なのはすり身をパンで包んだ「パンロール」だが、ショーケースを眺めていると限定の文字を見つけた。限定の「パンドーム」は周りがパン生地というのはパンロールと同じだが、すり身に加え、タマネギ、ベーコン、マヨネーズが入っている。早速購入する。うまい。パンロールより好きかもしれない。

ソーセージロール。むっちりしたかまぼこと相性抜群だ
ソーセージロール。むっちりしたかまぼこと相性抜群だ

続いてこれまた限定の「ソーセージロール」も発見し、つい、買ってしまった。チーズ入りでこれまたいける。「ビール持ってこい!」と叫びたくなるが、無料のお茶で我慢する。

勢いづいて両方とも食べてしまったが、みっちりとつまったかまぼこを甘く見ていた。かなりのボリューム。半身揚げのあとに、この2つで動きたくなくなるほど腹いっぱい。アラフィフなのに「どうして自分の許容量がわからないのだろう」と反省したところでもはやどうしようもない。

この後、「六花亭」に行って「雪やこんこ まじりっけなし」のソフトクリームを食べたなんてとてもじゃないが言えない。

冷たい生クリームのよう。濃厚なのに口どけ優しく、スーッと消え入る。後口、爽やか。コーヒーは無料。
冷たい生クリームのよう。濃厚なのに口どけ優しく、スーッと消え入る。後口、爽やか。コーヒーは無料。
昼でもあえてカーテンを閉め、雰囲気を大切にしているそうだ

昼でもあえてカーテンを閉め、雰囲気を大切にしているそうだ

メインの階段の手すりは建築当時のものだとか

メインの階段の手すりは建築当時のものだとか

階段からの眺め。各所のインテリアが本当に美しい

階段からの眺め。各所のインテリアが本当に美しい

各部屋は居住性重視。テレビを廃し、プロジェクタにするなど機能的な造りだ

各部屋は居住性重視。テレビを廃し、プロジェクタにするなど機能的な造りだ

ロフト付の部屋もあり、家族連れも楽しく過ごせる

ロフト付の部屋もあり、家族連れも楽しく過ごせる

朝食にハイティーとはおもしろい趣向だ

朝食にハイティーとはおもしろい趣向だ

卵料理にスープ、アメリカンドッグの一段目

卵料理にスープ、アメリカンドッグの一段目

ハイティーらしさはサンドイッチに表れている

ハイティーらしさはサンドイッチに表れている

甘いものもちゃんとある。スコーンがサクサク!

甘いものもちゃんとある。スコーンがサクサク!

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop