トヨタ・スープラとの共同開発の影響は? リアルスポーツカーを目指した新型BMW Z4は買いか?

Facebook
Twitter

ポルトガルにて試乗!

BMW Z4 M40i
今回試乗したのは最上級グレードのM40i。日本ではすでに最初に導入される「ファーストエディション」の情報が公開されているが、このM40iも日本への導入が期待できるモデル。出力は340ps。

最高出力340ps、最大トルク500Nm、0→100km/h加速4.5秒の実力を試すべく、ポルトガルで開催された国際試乗会に参加した。試乗車は最上級グレード「Z4 M40i」である。

試乗車のボディカラーはすべてマットグレー。足元にはオプションの19インチタイヤ&ホイールを履いていた。アダプティブMスポーツサスペンションやMスポーツデファレンシャル、Mスポーツブレーキといった、Mモデルかと見まがう走りのアイテムも標準で装備する。なるほど見映えからしてエレガントさとは無縁の存在で、むしろスパルタンと言いたくなるほどの雰囲気をまとう。

BMW Z4のインテリア
インテリアデザインは現行ラインナップの流れを組みながらも各所にZ4ならではの部分を採用。2座ながらシートの後ろに荷物を積むスペースを確保するなど、利便性も一定以上確保されている。

巨大なモニターを中央に配したコクピットは新世代のBMWインテリアスタイルで、伝統に則ってドライバーオリエンテッドな傾きが与えられていた。シフトノブまわりのデザインも8シリーズと同様の新しいレイアウトとし、ちょっと見づらく使いにくい点もあるが、全体的に豪華さが増している。

まずはコンフォートモードで新型Z4のお手並み拝見といこう。

全体的にかっちりとした骨組みの強さを感じるあたり、オープンカーといえどもさすがに最新のBMWというべきだろう。多少の凹凸もきれいにいなしつつ、自然でダイレクト感のあるステアフィールをキープし続けるあたりもまたBMWらしさだ。窓をめいっぱい上げて、前屈み気味のウィンドウディフレクターを立ててやれば、室内への風の巻き込みも最小限に抑えることができる。

GTカーとしても案外イケているかも、なんて思いつつ、開発陣はリアルスポーツカーを造ったと胸を張っているのだから、それを試さないわけにはいかない。モードをスポーツ+に入れてワインディングロードを目指した。

いっきにハンドルが重く引き締まった。サウンドも俄然、ワイルドに。ヌケのいいストレート6のエンジンフィールはそのままに、胸を空く加速をみせる。"なんて気持ちいいんだ!"、と思わず叫びたくなった。足元は少し硬くなるけれども全くもって不快な感じはしない。むしろ、引き締められた下半身のおかげで、路面からのショックを収める時間も短く、かえって心地良く走っているとさえ思えた。

BMW Z4のステアリング
BMW Z4のステアリング
ステアリングには各スイッチ類を用意。最近、必須になりつつある前車追従型クルーズコントロールシステムであるACCの操作もこちらで行う。

ダイレクトかつ意のまま感のあるステアリングフィールに対して、リアの滑り出しはかなりクイックでひやりとする場面もあった。ウデさえあれば簡単にドリフティングも楽しめることだろう。このあたり、スープラとの"兄弟性"の現れか。

エレガントな旧型も未だ捨て難いけれども、スポーツ性の主張にブランドとして再び力を入れ始めたBMWの最新オープンカーもまたファンなクルマだ。何なら新旧並べて持つのもアリだと思うに至ったが、そこまでBMWフリークではないので、やっぱり乗って楽しい新型オシとしておこう。



文/西川 淳 写真/BMWジャパン 編集/iconic



関連記事:爆売れクラウンとスーパースポーツ、トヨタの絶好調「コネクティッドカー」で何が変わる?

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

・・・
    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop