絶好調AMGを象徴する「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」なら、誰よりも速く快適に移動できる

Facebook
Twitter

まずは、やはり動力性能が凄まじい。639psの最高出力、900Nmの最大トルクのおかげで、2トンを超える車重をまるで苦にすることなく豪快な加速を見せるから堪らない。後半キツい上りとなるCOTAのメインストレートでの走りは、まるで離陸しそうなほどだった。しかもこのエンジン、新たにボールベアリングタービンを採用することによって全域でレスポンスが向上し、吹け上がりも緻密さ、滑らかさが増しているなど、情感に訴える要素にも磨きがかけられている。

そして何より歓喜させるのがフットワークである。ステアリングフィールは饒舌で反応も正確。ターンインでは狙ったラインにぴたりと乗せることができる。ひと回り軽く、小さいクルマを操っているのかと錯覚するような切れ味だ。

とは言え、実際にはそれなりに長さも重さもあるだけに、テールはやや滑り出しが早め。しかしながら決してだらしなくスライドが止まらないなんてことはなく、COTA前半区間のコーナーの連続する区間で、ステアリングとアクセルの操作でアングルを維持するのも、横ではなく前にクルマを進ませるのも自在にコントロールできたのだから驚き、そして夢中になってしまった。

これだけの走りが可能となっているのは、基本骨格であるボディの入念な補強に拠るところが大きい。モノコックこそスチール製だが、各部にアルミやCFRP製部品を多用し、また徹底的な補強が行なわれた効果で、その剛性感は市販車では過去、体験したことのないようなレベルにある。もちろん、走行状況で空力特性を変化させるアクティブエアロシステム、エアサスペンション、後輪操舵機構、電子制御LSDといったアイテムも、ダイナミクスの向上に貢献していることは間違いない。

しかも「AMG GT 4ドアクーペ」は決してスポーツ性だけのクルマではないのだ。強靭なボディは快適性にも効いていて、乗り心地は非常に上質。望むならパフュームアトマイザーによって室内をアロマの香りで満たし、リラックスしてドライブを楽しむことだってできる。スタイリッシュクーペとして見ても、仕上がりはハイレベルだ。

年々、飛躍的に販売を伸ばしている絶好調のAMGらしい、勢いが詰まった1台。日本には2019年の中盤にも上陸する模様である。

ボディカラーのバリエーション(写真3枚)



※表示価格は税抜き

文/島下泰久 写真/メルセデス・ベンツ日本 編集/iconic



関連記事:家族構成別にオススメ! 今、純粋に走りが楽しめるクルマといえば?

4ドアボディは全長5059×全幅1953×全高1455mm。圧倒的な加速性能に目を奪われがちだが、居住性の高さを合わせ持つところがGT 4ドアクーペの大きな武器となる。

4ドアボディは全長5059×全幅1953×全高1455mm。圧倒的な加速性能に目を奪われがちだが、居住性の高さを合わせ持つところがGT 4ドアクーペの大きな武器となる。

5m超えボディのお陰で前後スペースがしっかりと確保された車内。

5m超えボディのお陰で前後スペースがしっかりと確保された車内。

クーペデザイン故に頭上スペースはセダンに劣るものの、クリアラスは十分なので2名乗車の後席も快適性は高い。

クーペデザイン故に頭上スペースはセダンに劣るものの、クリアラスは十分なので2名乗車の後席も快適性は高い。

テールゲート式の荷室もかなり広めで、キャリーケース、ゴルフバッグなども十分収納可能。4人乗車でのドライブ、小旅行であればまったく問題ないはずだ。

テールゲート式の荷室もかなり広めで、キャリーケース、ゴルフバッグなども十分収納可能。4人乗車でのドライブ、小旅行であればまったく問題ないはずだ。

直噴4ℓのv8 エンジンを備える63 S 4MATIC。最高出力639hp、最大トルク91.9kgmという圧倒的な加速力を生み出す。

直噴4ℓのv8 エンジンを備える63 S 4MATIC。最高出力639hp、最大トルク91.9kgmという圧倒的な加速力を生み出す。

強力な加速力を受け止めるのは9速の「AMGスピードシフトMCT9G」。63 S は0-100km/h加速3.2秒、最高速度315km/hというスポーツモデル顔負けの数値を達成している。

強力な加速力を受け止めるのは9速の「AMGスピードシフトMCT9G」。63 S は0-100km/h加速3.2秒、最高速度315km/hというスポーツモデル顔負けの数値を達成している。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

・・・
    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop