韓国ソウル出張で泊まりたいマリオット系列の「新感覚ホテル」4選

Facebook
Twitter

モダンだがトレンディではないビジネスホテル

近年はビジネスホテルでも四角四面の堅い雰囲気のものは減ってきたが、「ビジネスが楽しみと出会う」ことをコンセプトに、ホテルならではの定番サービスやディティールに磨きをかけたのが「フォーポイントバイシェラトン・ソウル,江南」だ。まだ開業して9ヵ月ほど、ソウルでショッピングや観光の新しい中心となっている江南エリアにある。

スイートとビュッフェ
ビジネスでもレジャーでも要求度の高い顧客に応じて、スイートの機能性は高く、ビュッフェには鮑など高級食材が居並ぶ。

フォーポイントバイシェラトン・ソウルの面白いところは、「決してトレンディではなくモダンを追求」しているところだ。まず199ある客室はスタイリッシュなインテリアにまとめ上げられつつ、室内の動線の広さや絶対的なコンフォートを約束するベッド&ソファなど、実用面でも妥協がない。それでいてホテル内レストラン・ダイニングである「エヴォリューション」では、ビュッフェには季節にもよるが、普段からオイスターやアワビといった高級食材が並ぶなど、ビジネス客の高い要求を満たす内容となっている。

クラフトビール
地元のマイクロブルワリーと提携して、定期的にクラフトビールの仕入れを入れ替えており、いつ来ても新しい味が楽しめるとか。
キッチン付ペントハウス
「フォーポイントバイシェラトン・ソウル,江南」には、スイートとは別に最上階にキッチン付ペントハウスがあり、プライベートなパーティや試飲イベントが行われる。

セミナースペースやラウンジといった施設も充実しているが、ハードな仕事の後のひと時を楽しく過ごせるよう、地元のスモール・ブルワリーと連携してつねにローカルのクラフト・ビールがレストラン・バーに用意されているのも、「フォーポイントバイシェラトン・ソウル,江南」の特徴だ。加えて最上階のペントハウスは宿泊も無論可能だが、BBQなど貸し切りパーティを催すこともできるという。

voice_20181219_kankoku_11.jpg

いわば、ホテルのレストラン・バーといえば、BLTバーガ―に美味しいドラフトビール、バンケットスペースでの立食パーティはお約束だったが、これらをモダンな現在の一過性のトレンドでなくパーマネントなモダン・スタイルとして洗練かつアップデートしている。訪れてみれば、一見してビジネスホテルとは信じ難い、カジュアルでクリーンな雰囲気に驚くはずだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop