オトコのロマン「飛行機」をスバルで巡る旅 VOL.2【エアーパーク 航空自衛隊 浜松広報館編】

Facebook
Twitter

で、到着した。浜松市西区にあるそのミュージアムの名は「エアーパーク」。より正確に言うならば「エアーパーク 航空自衛隊 浜松広報館」である。その名のとおり、ミュージアムは航空自衛隊浜松基地の敷地内に存在している。

重要な国家機密ならびに防衛機密を擁しているだろう同基地ではあるが、その外れにあるにすぎない同ミュージアムには、個人であれば予約不要でごく気軽に入館することができる。入館料も無料だ。ただし定期休館日やその他臨時休館日もあるので、詳しくは公式サイトでご確認いただきたい。

エアーパークは向かって左手の「展示資料館」と右手の「展示格納庫」に分かれているのだが、実機を間近で見たい欲望を少々抑え、まずは左手の展示資料館から順を追って見ていくこととする。

資料館に入館すると、いきなりXF-2のモックアップが出迎えてくれる。XF-2とは、現在の航空自衛隊の主力戦闘機のひとつであり「平成の零戦」との異名も取るF-2戦闘機の試作機だ。

voice_20181202_subaru_b.jpg
F-2戦闘機に搭載される弾薬群。いちばん手前の「AIM-7F」というミサイルは「スパロー(Sparrow)」と呼ばれるセミアクティブ・レーダー・ホーミング式ミサイル。近年はアクティブ・レーダー・ホーミング式への更新が進みつつある。

XF-2およびはF-2はSUBARU製ではなく三菱重工業が米国と共同開発したヒコーキだが、戦前はかの零式艦上戦闘機を開発した三菱が手がける戦闘機であることを考えると、平和志向の自分も思わずグッとくるものがある。

F-1支援戦闘機のジェットエンジン
F-1支援戦闘機のジェットエンジン。ロールスロイス/チュルボメカ アドーア RT.172 Mk102というターボファンエンジンの日本国内ライセンス生産品だ

そして現在は退役しているF-1支援戦闘機のカットモデルなどを間近で見ながら、展示資料館の2階へと足を進めよう。

2階では全天周シアターが楽しめるほか、対空機関砲VADSやラインメタル対空20ミリ2連砲といった対空兵器、あるいは地上機器などをまじまじと眺めることができる。

防空指令所(DC)などに設置される航空現況表示用コンソール(ASD)
防空指令所(DC)などに設置される航空現況表示用コンソール(ASD)。......どことなく「特撮感」がある?

余談ではあるが、「地上基地内にある機器が見られる」といっても公開されているのはおそらく現在は使用されていない旧世代のもの。それゆえ、どことなく1960年代から70年代あたりの特撮モノにおける「地球防衛軍の本部基地内」を間近で見るような感慨を覚える。その意味で、この旧世代の地上機器もここでは必見であろう。

話がそれた。連絡通路を進み、いよいよ実機が並ぶ「展示格納庫」へと行ってみようではないか。

「展示格納庫」の中空に展示されている零式艦上戦闘機(俗にいうゼロ戦)の五十二型43-188号機。昭和38年にグアム島で発見され、日本へ返還されたのちに復元された機体だ。

「展示格納庫」の中空に展示されている零式艦上戦闘機(俗にいうゼロ戦)の五十二型43-188号機。昭和38年にグアム島で発見され、日本へ返還されたのちに復元された機体だ。

こちらは航自パイロットが実際に装着している飛行服やサバイバルジャケット、背負型落下傘など。

こちらは航自パイロットが実際に装着している飛行服やサバイバルジャケット、背負型落下傘など。

展示格納庫では往年のジェット戦闘機だけでなく大型輸送機や各種ヘリコプターなども展示されている。

展示格納庫では往年のジェット戦闘機だけでなく大型輸送機や各種ヘリコプターなども展示されている。

今回の旅のお供をしてくれた新型スバル フォレスターX-BREAK。

今回の旅のお供をしてくれた新型スバル フォレスターX-BREAK。

スバルいわく「冒険心をかきたてるデザインとアイテムを備え、アクティブさをより際立たせたモデル」とのことだが、確かにオレンジの差し色などが非常に効果的かつ嫌味がなく、長時間・長距離のドライブであっても心身ともにまったく疲れなかった。2.5Lの直噴水平対向4気筒エンジンのトルク感も素晴らしいものがある。

スバルいわく「冒険心をかきたてるデザインとアイテムを備え、アクティブさをより際立たせたモデル」とのことだが、確かにオレンジの差し色などが非常に効果的かつ嫌味がなく、長時間・長距離のドライブであっても心身ともにまったく疲れなかった。2.5Lの直噴水平対向4気筒エンジンのトルク感も素晴らしいものがある。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

・・・
    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop