串かつ、鮨、馬刺し! 熊本B級グルメ案内【熊本復興応援ツーリングレポ】

Facebook
Twitter
熊本復興応援ツーリングレポ
ファッションディレクター 青柳光則さんによる、熊本復興応援ツーリングレポート

熊本の夜はB級グルメで爆発だ!!

筆者が初めて熊本市を訪れたのは1982~3年の時分。その当時はファッション誌の編集部に勤務していたのだが、この街の男たちはファッションや音楽に敏感で、当時新しいといわれたものが東京と同じ様なスピートで動くということで取材に行くことになった。その辺りについては後々詳しく書くとして、今回はこの街の「食」について記して参りたい。

右も左も分からない筆者が初めて足を踏み入れたのは下通りのアーケードだったと記憶している。西日本随一という長いアーケードで、賑やかなところだが、当時はちょっと裏通りに入ると露店で熊本産のデカーイ長なすや、見たことが無い惣菜や菓子などが売られていた。

真白にコーティングされた円形のお菓子が気になったので、店主に「これは一体何が入っているのですか?」と尋ねた。「からいもが入っととですよ」と。早口でバーッと言われたから「辛い物が入ってるんですか??」と訊き返すと、「辛いもんじゃなくて唐芋!!が入っとっと!!」 なるほど(大笑)、どうやらサツマイモが包まれているらしい。

熊本B級グルメ案内

「いきなり団子」という名称のそれは、以来、筆者の好物のひとつだが、全てが万事という訳ではないが、熊本には豊富な郷土料理があり、見た目もユニークなのが特徴だ。

しかし、そのすべてが食べてみると納得!! それぞれに美味しいのである。そんな訳で熊本はグルメが大きな楽しみになるが、味わってほしいと思うのは庶民の味。値段もそこそこで、気取りのないB級グルメを是非味わって頂きたいと思う。

地元の弁当店の創作メニューから一躍名物といわれる様になったのがこちらの”ちくわサラダ”。

地元の弁当店の創作メニューから一躍名物といわれる様になったのがこちらの”ちくわサラダ”。

地元の弁当店の創作メニューから一躍名物といわれる様になったのがこちらの”ちくわサラダ”。

地元の弁当店の創作メニューから一躍名物といわれる様になったのがこちらの”ちくわサラダ”。

地元の弁当店の創作メニューから一躍名物といわれる様になったのがこちらの”ちくわサラダ”。

地元の弁当店の創作メニューから一躍名物といわれる様になったのがこちらの”ちくわサラダ”。

そんな訳で熊本の初日一軒目はここと決めていたのだ。

そんな訳で熊本の初日一軒目はここと決めていたのだ。

甘い醤油が串かつによく合う。

甘い醤油が串かつによく合う。

瓢箪の様な形の串が長なすだ。

瓢箪の様な形の串が長なすだ。

締めの握り。

締めの握り。

どれも安くて、ウマイ!

どれも安くて、ウマイ!

玉子。

玉子。

相撲寿司の入口。

相撲寿司の入口。

まずはカウンターの景色にニヤリ!! いい感じの長茄子があるじゃないか!!

まずはカウンターの景色にニヤリ!! いい感じの長茄子があるじゃないか!!

地元白岳の米焼酎をロックで。

地元白岳の米焼酎をロックで。

酒の種類も実に豊富でいい。

酒の種類も実に豊富でいい。

桂花本店。

桂花本店。

桂花本店。

桂花本店。

オーダーはこちらのミニセット650円。

オーダーはこちらのミニセット650円。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop