二泊三日、旅の信条は「酒を飲む、湯に浸かる」【修善寺・男ひとり旅 最終回】

Facebook
Twitter

駿河湾に浮かぶ無人島・淡島へ

駿河湾に浮かぶ無人島・淡島
晴れていればこのような風景が広がるはずだった

修善寺から伊豆長岡の駅まで伊豆箱根鉄道で15分ほど。そこからタクシーを飛ばして、同じく15分ほどで海辺にある内浦重寺に着く。駿河湾に浮かぶ無人島・淡島にある「淡島ホテル」への船に乗るためだ。淡島は面積約5万坪、周囲は2.5km、標高137mという小さな島。世界文化遺産の富士山を眺められる絶好のロケーションを誇る。そんな雄大な景色を満喫しに、二泊目の宿を取った。

ところがである、朝方は一瞬日も差したのだが、相変わらずの曇り空。港に着いた時には、再び雨も降り出した。日頃の行いが悪いのだろうか、と嘆いていても始まらない。タイミング良く、島への船が出発するところに間に合った。

宿泊するスタンダードスイート(写真3枚)

全室スイートルームのこのホテル。館内の至るところに絵画や彫刻、ステンドグラスなどアートが設置され、豪華な雰囲気が漂う。密な商談や接待にも利用されると聞いていたが、訪れてみてその理由がわかった。昼間は「あわしまマリンパーク」を訪れる観光客もいるが、夜になると宿泊客のみになる。船でほんの数分とはいえ、無人島ならではの隔絶感が存在する。その非日常的な雰囲気は、霊峰富士とともに訪れる人に何らかの敬虔な気持ちを抱かせる。

今回泊まるスタンダードスイートはファブリック等のカラースキムが6パターンもあるという。そしてバスピローに頭を乗せ、バスタブに横たわると自然と富士山が目に入るように設計されているなど、徹底的に客がくつろげるように計算されている。リピータが多い理由だろう。

そういえば、大人の男性でもゆったり足が伸ばせるこのバスタブ、水量が豊富なのでなんと80秒でお湯がいっぱいに溜まるのだとか。急ぎの時はありがたい。しかもこの水道水は"名水百選"に選ばれた柿田川の湧水である淡島名水。東洋一の湧水量を誇り、古来から命の水と言われているそう。水道をひねるだけでうまい水が飲め、肌にもいい。ペットボトルのミネラルウォーター要らずなのだ。

小雨の中、いざ、淡島へ!

小雨の中、いざ、淡島へ!

晴れていればこのような風景が広がるはずだった

晴れていればこのような風景が広がるはずだった

落ち着いたインテリアの特別室・駿河スイート

落ち着いたインテリアの特別室・駿河スイート

スタンダードスイートのツインベッドルームでもこの広さ

スタンダードスイートのツインベッドルームでもこの広さ

晴れていれば部屋のバスルームからも富士山が見えるはずだった

晴れていれば部屋のバスルームからも富士山が見えるはずだった

淡島遊歩トンネル。ポップなイルミネーションだ

淡島遊歩トンネル。ポップなイルミネーションだ

ひっそりと佇む淡島ホテルのワインセラー

ひっそりと佇む淡島ホテルのワインセラー

ひんやりとした空気の中、お宝ワインが眠る

ひんやりとした空気の中、お宝ワインが眠る

ロマネコンティとシャトーマルゴーのセット!

ロマネコンティとシャトーマルゴーのセット!

淡島ホテルの宿泊者は外に面したところなら閉園後も見学可

淡島ホテルの宿泊者は外に面したところなら閉園後も見学可

閉園後はペンギンものんびり

閉園後はペンギンものんびり

海に面した露天風呂の開放感は格別

海に面した露天風呂の開放感は格別

大浴場からも海が一望できる

大浴場からも海が一望できる

マリネする前に鰺はオーブンで2〜3分焼いてから漬け込む

マリネする前に鰺はオーブンで2〜3分焼いてから漬け込む

輪郭のくっきりとした酸味が心地よいほうぼう

輪郭のくっきりとした酸味が心地よいほうぼう

気さくなシェフはひとり旅の強い味方。ありがたい存在

気さくなシェフはひとり旅の強い味方。ありがたい存在

生きた鮑が鉄板の上で蒸し焼きに。やや申し訳ない気持ちも

生きた鮑が鉄板の上で蒸し焼きに。やや申し訳ない気持ちも

大好物の鮑に興奮。歯触りがよく、美味である

大好物の鮑に興奮。歯触りがよく、美味である

ふっくらとした太刀魚の火入れはお見事と言うしかない

ふっくらとした太刀魚の火入れはお見事と言うしかない

シャトーブリアン見参。脂身より赤身のうまい方が好みだ

シャトーブリアン見参。脂身より赤身のうまい方が好みだ

地物の野菜とともに滋味豊かな牛肉をいただくという至福

地物の野菜とともに滋味豊かな牛肉をいただくという至福

3種のコンディメンツ。右からシェフ特性のニンニク醤油、戸田の塩、3年ものの天城わさび

3種のコンディメンツ。右からシェフ特性のニンニク醤油、戸田の塩、3年ものの天城わさび

船室をイメージしたインテリアのバー、ラ・プラージュ

船室をイメージしたインテリアのバー、ラ・プラージュ

夜、バーを訪れることがホテル滞在の楽しみのひとつでもある

夜、バーを訪れることがホテル滞在の楽しみのひとつでもある

ヨーロッパのホテルではよく見かける朝からのおもてなし泡

ヨーロッパのホテルではよく見かける朝からのおもてなし泡

栄養満点な生ジュースも色とりどり

栄養満点な生ジュースも色とりどり

地のものを中心に正統な日本の朝ご飯

地のものを中心に正統な日本の朝ご飯

待ってました。ここに来て干物を食べなくては始まらない

待ってました。ここに来て干物を食べなくては始まらない

オムレツの具材には桜エビの他にしらすや青のりも選べた

オムレツの具材には桜エビの他にしらすや青のりも選べた

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Dec. VOL.296月号

2018

Dec. VOL.296

12

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop