「特等席はやはりドライバーズシート」ベントレーのSUVで英国を巡る

Facebook
Twitter

ベントレー所縁の地を巡るベンテイガショートトリップ

モータージャーナリスト・島下泰久氏によるベントレー ベンテイガの英国での現地試乗レポート。

ベントレー所縁の地を巡るベンテイガショートトリップ

SUVであると同時にドライバーズカーでもあるベンテイガ

ベントレーのクルー工場を見学するという貴重な体験をした翌日、ベントレー ベンテイガV8を駆ってショートトリップへと出掛けた。スタート地点は、宿泊していたクルーホール。起源を12世紀にまで遡り、1837年に今の姿に修復されたという邸宅を改装したホテルである。クルーの地名は、17世紀以来ここを住まいとしてきたクルー卿の名から来ている。初日は、ここから観光地として人気のコッツォルズへと向かう。

Crewe Hall Hotel
こちらは旅の出発点となったCrewe Hall Hotel。食事や宿泊施設が上品で豪華なことは言うまでも無いが、スパやプールなども用意されている。

日本にもすでに上陸しているベンテイガV8は、その心臓としてV型8気筒4.0ℓツインターボエンジンを搭載する。最高出力は550ps、最大トルクは750Nm。先に登場したW12の6ℓツインターボエンジンが発生する最高出力608ps、最大トルク900Nmにこそ及ばないとは言え、十二分のスペックであることは言うまでもない。

様々なバリエーションのベンテイガが用意された今回のショートトリップ。

様々なバリエーションのベンテイガが用意された今回のショートトリップ。

試乗したのはV8モデルで日本での価格は1994万8000円となる。W12モデルは2739万円。

試乗したのはV8モデルで日本での価格は1994万8000円となる。W12モデルは2739万円。

最高のSUVでありながら、GTマシンと同等以上のドライバーズマシンでもあるベンテイガ。

最高のSUVでありながら、GTマシンと同等以上のドライバーズマシンでもあるベンテイガ。

先日の工場見学で作られる工程を見ているだけに、その装備の豪華な作りにひたすら舌鼓を打つ。

先日の工場見学で作られる工程を見ているだけに、その装備の豪華な作りにひたすら舌鼓を打つ。

コッツウォルズという田園地帯にあるEllenborough Park Hotel。日本ではなかなか楽しめないクロッケーなどをして優雅な時間を過ごした。

コッツウォルズという田園地帯にあるEllenborough Park Hotel。日本ではなかなか楽しめないクロッケーなどをして優雅な時間を過ごした。

こちらは英国に受け継がれているクラシックシェービングが受けられるPankhurstというグルーミングハウス。ベントレーとの関係も深く、椅子にはベントレーのエンブレムが。

こちらは英国に受け継がれているクラシックシェービングが受けられるPankhurstというグルーミングハウス。ベントレーとの関係も深く、椅子にはベントレーのエンブレムが。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop