家族構成別にオススメ! 400万~700万円で見つける「自慢できる」国産車・輸入車は?

Facebook
Twitter
純粋に走りが楽しめるクルマといえば?

家族構成別にオススメの1台、そして今、注目のクルマをセレクト。今回は、予算上限をアンダー700万円までぐっとアップして、それでも買う価値のある国産車&輸入車全12台をご紹介する。自身のライフスタイルと相談しながら、充実のカーライフを送ってほしい。

for family

select-point 1.家族で使える車内の広さ
2.多用途で使えるユーティリティ
3.家族を守る安全性能

<b>ランドローバー レンジローバー ヴェラール<br>
699万円~1005万円</b><br>
本格オフロード性能を武器にするランドローバーで、快適性、高級感を武器にするレンジローバーシリーズの最新モデル。特に車内の豪華さ、特別感は格別で同乗する友人も必ず驚くこと請け合い。

ランドローバー レンジローバー ヴェラール
699万円~1005万円

本格オフロード性能を武器にするランドローバーで、快適性、高級感を武器にするレンジローバーシリーズの最新モデル。特に車内の豪華さ、特別感は格別で同乗する友人も必ず驚くこと請け合い。

<b>ボルボ V90<br>
679万円~964万円</b><br>
「四角くて安全」のイメージから「洗練されていて安全」に変わりつつあるボルボ。その最も濃いエッセンスが散りばめられているワゴンがこのV90。「我が家のクルマは最新ボルボワゴン」が殺し文句。

ボルボ V90
679万円~964万円

「四角くて安全」のイメージから「洗練されていて安全」に変わりつつあるボルボ。その最も濃いエッセンスが散りばめられているワゴンがこのV90。「我が家のクルマは最新ボルボワゴン」が殺し文句。

<b>ジープ ラングラー アンリミテッド<br>
432万6000円~467万2000円</b><br>
4ドアモデルを追加したことで一気に人気SUVに躍り出たラングラー。今や数少ないスクエアデザイン、オトコっぽいイメージと、他では味わえない武器を持つ。汚れさえもオシャレに見える不思議なクルマだ。

ジープ ラングラー アンリミテッド
432万6000円~467万2000円

4ドアモデルを追加したことで一気に人気SUVに躍り出たラングラー。今や数少ないスクエアデザイン、オトコっぽいイメージと、他では味わえない武器を持つ。汚れさえもオシャレに見える不思議なクルマだ。

<b>アルファロメオ ジュリア<br>
446万円~1132万円</b><br>
名モデルの名前を復活させて発売された色っぽさがウリのイタリアンサルーン。美しさもさることながら、ミラノ市の紋章と蛇が描かれたエンブレムの存在感も健在。つい人に見せたくなる1台。

アルファロメオ ジュリア
446万円~1132万円

名モデルの名前を復活させて発売された色っぽさがウリのイタリアンサルーン。美しさもさることながら、ミラノ市の紋章と蛇が描かれたエンブレムの存在感も健在。つい人に見せたくなる1台。

<b>BMW i3<br>
538万円~644万円</b><br>
未来的なデザインやリサイクル素材を使ったインテリアなど、個性際立つ見た目のEVモデル、i3。電気の力だけで約390kmも走れ、実用性も高い。家に急速充電設備を設置すれば自慢度はさらにアップ。

BMW i3
538万円~644万円

未来的なデザインやリサイクル素材を使ったインテリアなど、個性際立つ見た目のEVモデル、i3。電気の力だけで約390kmも走れ、実用性も高い。家に急速充電設備を設置すれば自慢度はさらにアップ。

<b>アウディ TTロードスター<br>
607万円</b><br>
名前で自慢できるブランドと言えばアウディ。美しいスポーツクーペであり、荷物を置く感覚で使える後席もあり、2人ならサイズ感もジャスト。街中メインで使う洒落たアウディなら贅沢にこちらを選びたい。

アウディ TTロードスター
607万円

名前で自慢できるブランドと言えばアウディ。美しいスポーツクーペであり、荷物を置く感覚で使える後席もあり、2人ならサイズ感もジャスト。街中メインで使う洒落たアウディなら贅沢にこちらを選びたい。

<b>メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ<br>
564万円</b><br>
安全性能を筆頭にクルマの基本性能の高さで常に高い評価を得る「鉄板モデル」であるCクラス。2人乗りがメインなら美しいクーペを選んでおきたい。実は後席の快適性も悪くないため実用度も高い。

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ
564万円

安全性能を筆頭にクルマの基本性能の高さで常に高い評価を得る「鉄板モデル」であるCクラス。2人乗りがメインなら美しいクーペを選んでおきたい。実は後席の快適性も悪くないため実用度も高い。

<b>フォルクスワーゲン アルテオン<br>
549万円~599万円</b><br>
フォルクスワーゲンの高い技術が詰まったフラッグシップモデル。長年このポジションのクルマは発売されていなかったが、2017年から発売開始。同社の高水準の技術がすべて詰め込まれた贅沢な1台だ。

フォルクスワーゲン アルテオン
549万円~599万円

フォルクスワーゲンの高い技術が詰まったフラッグシップモデル。長年このポジションのクルマは発売されていなかったが、2017年から発売開始。同社の高水準の技術がすべて詰め込まれた贅沢な1台だ。

<b>トヨタ ランドクルーザー<br>
515万1600円~684万7200円</b><br>
世界に誇るメイドインジャパンのオフローダー。その耐久性、高い悪路走破性は世界中から指示される超本格派。遊びで山、川、海と場所を選ばず走る人には最高のパートナーとなってくれる。

トヨタ ランドクルーザー
515万1600円~684万7200円

世界に誇るメイドインジャパンのオフローダー。その耐久性、高い悪路走破性は世界中から指示される超本格派。遊びで山、川、海と場所を選ばず走る人には最高のパートナーとなってくれる。

<b>レクサス RC<br>
530万円~608万6000円</b><br>
デザインと性能でライバルの多い輸入車勢と真っ向勝負を繰り広げるラグジュアリークーペ。快適度や安全性を高める電子デバイスの数々は間違いなく世界トップ。デザインも洗練され、目立ち度、自慢度も高い。

レクサス RC
530万円~608万6000円

デザインと性能でライバルの多い輸入車勢と真っ向勝負を繰り広げるラグジュアリークーペ。快適度や安全性を高める電子デバイスの数々は間違いなく世界トップ。デザインも洗練され、目立ち度、自慢度も高い。

<b>ポルシェ 718ケイマン<br>
673万円</b><br>
RR駆動の911シリーズよりもピュアな走りが楽しめると、高い評価を受けるMRレイアウトのケイマン。911の約1/2の価格でポルシェの真骨頂が味わえ、毎日のドライブを楽しい時間へと変えてくれる。

ポルシェ 718ケイマン
673万円

RR駆動の911シリーズよりもピュアな走りが楽しめると、高い評価を受けるMRレイアウトのケイマン。911の約1/2の価格でポルシェの真骨頂が味わえ、毎日のドライブを楽しい時間へと変えてくれる。

<b>ロータス エリーゼ<br>
550万8000円~745万2000円</b><br>
オトコのスポーツカーといえばこちら。快適装備を捨て去り、ひたすら軽量化して得た走行性能、フィーリングはロータスブランドだけの特権である。エリーゼを乗りこなすことは運転の巧さの証明でもある。

ロータス エリーゼ
550万8000円~745万2000円

オトコのスポーツカーといえばこちら。快適装備を捨て去り、ひたすら軽量化して得た走行性能、フィーリングはロータスブランドだけの特権である。エリーゼを乗りこなすことは運転の巧さの証明でもある。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop