ランボルギーニが世界初のスーパーSUV、 ウルスをジャパンプレミアで公開

Facebook
Twitter
ランボルギーニ・ウルス

販売台数2倍を目指すランボルギーニの切り札

スーパーカーブランドとして名高いランボルギーニ。同ブランドが販売するアヴェンタドールやウラカンのように、いかにもスーパーカー然としたスタイルの新型SUV、ウルスが登場した。

ウルスが発表されたのは2017年12月のこと。イタリア、サンターガタ・ボロニェーゼのランボルギーニ本社で行われたワールドプレミアには、イタリア首相のパオロ・ジェンティローニ氏も参加するなど盛大なものだった。その2カ月後の2月6日。遂に日本への上陸を果たした。

ランボルギーニ本社の主要メンバーたち
ランボルギーニ本社の主要メンバーをはじめ、アジア太平洋地区代表のアンドレア・バルディ氏(左から3人目)や日本および韓国のカントリーマネージャーを勤めるフランチェスコ・クレシ氏(左から2人目)も集結。

東京・六本木の泉ガーデンギャラリーで行われたジャパン プレミア。ステファノ・ドメニカリCEOや研究・開発部門のトップであるマウリツィオ・レッジャーニ氏といったランボルギーニの主要メンバーが姿を揃え、日本市場への期待の高さがうかがえるものだった。

「世界第2のマーケットに成長した日本での成功は、我々に誇りをもたらすとともに、スーパー・スポーツカーを製造する責任感を与えてくれます。私たちは常にお客様のことを考えており、ウルスの導入により、日本でかつてない成功を収めることができると期待しています」

ステファノ・ドメニカリCEOが語るように、日本市場はランボルギーニにとって世界で2番目に売れているマーケット(第1位はアメリカ)。今後2年間で世界販売台数を2倍にすることを表明したランボルギーニにとって欠かせない存在なのだ。

さらに、SUVは今もっともセールスが期待できるカテゴリーだ。たとえばスポーツカーの代表格である911を擁するポルシェですら、主力モデルはSUVのカイエンとマカン。スーパーカーブランドであるランボルギーニでも、SUVであるウルスにかける期待は大きいといえる。

搭載するエンジンは4リッターV8ツインターボ。最高出力は650馬力、最大トルクは850Nm。乾燥重量2.2トン以下のボディとの組み合わせで驚異的な性能を発揮する。

搭載するエンジンは4リッターV8ツインターボ。最高出力は650馬力、最大トルクは850Nm。乾燥重量2.2トン以下のボディとの組み合わせで驚異的な性能を発揮する。

ラゲッジルーム容量は616〜1596リッター。ゴルフバッグや旅行鞄なども容易に詰める、実用性に優れたランボルギーニだ。

ラゲッジルーム容量は616〜1596リッター。ゴルフバッグや旅行鞄なども容易に詰める、実用性に優れたランボルギーニだ。

ラグジュアリーなテイストたっぷりなインテリア。天然レザーやアルカンターラなど、さまざま素材がチョイスできるのもウルスの特徴。歴代ランボルギーニの中でももっともオプションの種類が多いという。

ラグジュアリーなテイストたっぷりなインテリア。天然レザーやアルカンターラなど、さまざま素材がチョイスできるのもウルスの特徴。歴代ランボルギーニの中でももっともオプションの種類が多いという。

これまでのランボルギーニ製スーパーカーのテイストを踏襲するインパネデザインはイタリアのラグジュアリー的職人芸と最新の技術が融合。3台のTFTスクリーンを採用してドライバー重視にもしている。

これまでのランボルギーニ製スーパーカーのテイストを踏襲するインパネデザインはイタリアのラグジュアリー的職人芸と最新の技術が融合。3台のTFTスクリーンを採用してドライバー重視にもしている。

標準仕様の後席は3人掛けとなるが、ラグジュアリーモデルらしく、2座タイプのシートもオプションで用意される。

標準仕様の後席は3人掛けとなるが、ラグジュアリーモデルらしく、2座タイプのシートもオプションで用意される。

本国イタリアから来日してウルスの魅力を語るのは、2014年11月からランボルギーニCEOとなったステファノ・ドメニカリ氏。前職はスクーデリア・フェラーリF1のチーム代表。

本国イタリアから来日してウルスの魅力を語るのは、2014年11月からランボルギーニCEOとなったステファノ・ドメニカリ氏。前職はスクーデリア・フェラーリF1のチーム代表。

現代ランボルギーニの礎を築いたといえるのが、研究・開発部門のトップであるマウリツィオ・レッジャーニ氏。ジャパンプレミアのためにイタリア本国から来日。

現代ランボルギーニの礎を築いたといえるのが、研究・開発部門のトップであるマウリツィオ・レッジャーニ氏。ジャパンプレミアのためにイタリア本国から来日。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop